スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

姫路市立美術館とネコ

姫路城を西側から回り東側に来た所で東屋を見つけて休憩した。

どうやら、この東屋は囲碁や将棋をする人の溜まり場になってるようで、腰掛の下には将棋版などが

綺麗に整理され置かれていた。水分補給をして、タバコに火を付けて、ふと前を見ると

2010-08-20-020.jpg

こちらを、けだるそうな顔して見てる。

人馴れしてるので、物怖じしてない。

よくみると、ちゃんと、水も置いてあった。

ここは、このネコにとっては最高のネグラなんでしょう。

物怖じしないので近づいて

2010-08-20-021.jpg

更に近づいて

2010-08-20-023.jpg

何も食べ物をくれないと解り

2010-08-20-024.jpg

興味がなくなったようでした。^^

一息ついたので、目の前にあるレンガ造りの美術館などを

2010-08-20-025.jpg
2010-08-20-029.jpg

2010-08-20-018.jpg

レンガ造りって、何かいいです。^^

2010-08-20-027.jpg

素晴らしい。あの若さで美術館通い。将来が楽しみかも。^^

2010-08-20-028.jpg

たかたんはと言いますと、もちろん入ってません。^^

ここで写真を撮って、お城の正面へと向かいました。
スポンサーサイト

テーマ : 写真日記
ジャンル : 日記

改修準備中の姫路城

姫路城の裏側に回ったのは初めてです。

そのまた昔、城トピアなるものがあった時には、このお城の裏側で開催されたようですが、城トピアには

行ってないです。

2010-08-20-012.jpg

その広大な敷地をいかして城トピア記念公園が整備されました。

2010-08-20-013.jpg

裏側から見る姫路城は初めてのたかたんです。

今は、改修用の足場を作ってます。

2010-08-20-014.jpg

「うわあ~~」って感じで見てました。

2010-08-20-015.jpg

この建物。兵庫県立歴史博物館です。

本当は、日本城郭研究センターに行きたかったのですが、とても、そこまで歩く気になれず。^^

そのままお城の西側の日陰へと

2010-08-20-016.jpg

このクレーンが鉄骨を運んでる所を見てました。

2010-08-20-017.jpg

2010-08-20-019.jpg

2010-08-20-026.jpg

2010-08-20-030.jpg

意味がないようだけど、たかたんにはなぜか面白く見ていた。

暑すぎて、木陰でぼんやりしてると、ほかに眺める物がなかったからかもです。2010-08-20-031.jpg

足場の近くに近寄って

2010-08-20-032.jpg

なんとなく、ここに登ってみたな。

そう思った。^^

テーマ : 写真日記
ジャンル : 日記

姫路城の西側を散策する

最近、妻がよく姫路に行くので、たかたんも姫路には、よく行くことがあります。

普通、姫路城観光となると、駅前の大手前の道から大手門をくぐりお城へが普通のコースですが

その日は、お城の西側から歩いてみることにした。

お城の西側には、好古園と言われる、これまた姫路城のお庭があります。たまに時代劇のロケなどに

使われてるようです。このお庭とお城の間に道があります。前から一度、歩いてみたと思ってった。

2010-08-20-001.jpg

2010-08-20-005.jpg


こんな道です。^^

と、散策前に、お堀などを

2010-08-20-002.jpg

2010-08-20-003.jpg

ここで、カメラを持った人と一緒になった。特にこれと言って会話すでもなかったけど、たかたんがカメラを

構えてると、さっと来てパシャリとシャッターを押して立ち去った。

一年ほど前のたかたんのスタイルである。

自分で、「うん。俺、一応撮る前に考えるもんね。^^」

「俺って、ちょっと上達した?」などと。思った。

この通路を歩いてると自転車に乗った女子高生が通り過ぎていく。

あっ。また来ないかなあ~~と思ってると。

2010-08-20-004.jpg

来たのである。^^

なんか、ほのぼのした感じがいいのだ。

大都会じゃ、こんな光景は見られない。

更に歩いていく。ちょっと気になる土手に上ってみる。

2010-08-20-006.jpg

お堀の上にでた。

2010-08-20-007.jpg

あっ。ここ、行ってみたい! 結局、お城をぐるりと一周回って、再度ここまで来る気力が失せてました。^^

更に歩くと

2010-08-20-008.jpg

木陰が涼しげだった。しばし、木陰に入りました。この日も、とんでもない暑さだったけど、木陰に入ると

一瞬、涼しげな感じになった。

ここでも、自転車に乗った高校生の大群に出会う。登校日かなんかだったようです。

2010-08-20-011.jpg

若いって。。。。いいな。。。

戻りたい。^^などと思いました。

2010-08-20-009.jpg

さて、どっちに行くか?

左手の石垣の間を行くことにしました。

2010-08-20-010.jpg

毎度ながら空です。

この石垣の上には、昔は何か建物があったのかな?

一瞬、そんな事を思いながら、ここを通り抜けました。

テーマ : 写真日記
ジャンル : 日記

石ヶ谷公園 ハーブ園

え~とですね。昨日は、朝の早くから呉市の大和ミュージアムに行ってました。

往復600kmを無給油での挑戦などと、帰りはドキドキハラハラでした。

また、そのうちにアップします。^^

そして、話は石ヶ谷に戻りまして。

公園の外周を歩き始めて、最後にたどり着いたのが、ハーブ園。

知らなかったとは言え、遠回りしたのです。

でも、遠回りは決して無駄ではなかったです。^^

あの北海道風の小屋、お弁当広場と収穫はありました。

お弁当、持つならもっと涼しくなってからですが。^^

2010-08-05-19.jpg

この入り口を見つけたときの感動などと、言いマスト大げさですが、クソ暑い中を黙々と歩き見つけたときは

ほっと、して日陰で休憩し水分補給などをいたしました。

それから、徐にハーウ園を探検しました。

実際、探検などとと大げさなものではなく、この入り口から一歩入って、首を左右に振れば全てが見渡せる

ほどの小さなハーブ園です。

どんなハーブが育てられてるかなど、もはや確認する気力ゼロのたかたん、適当に写真を撮って退散したい。

が、本音です。

2010-08-05-20.jpg

2010-08-05-21.jpg

こんな感じです。

開園早々だそうで、までかなり綺麗です。

2010-08-05-22.jpg

この出入り口にある看板なんかも、いい感じです。

でも、何か物足りないな。なんだろうか?

写真には、撮ってないですが所々に、スコップや抜き取った雑草、肥料の袋が散見してるのが、イマイチでした。

それと、最初の看板のすぐ上にある中国風の休憩所がミスマッチです。

この辺りの配慮は、やっぱりお役所的な感覚ですかね?

ハーブ園にするなら、もうちょっと洒落た感じにしてくれ、憩えるような造りにしてほしかったな。が感想です。

2010-08-05-23.jpg

それにしても、ここ数年。ハーブ園なるものが、あちらこちらに沢山できてます。

これも時代の流れと言う物ですかね。

そんな思いを感じながら、ここを立ち去りました。

立ち去る前に、再び空。たかたんは太陽君に「気にね。少しは遠慮したらどうですか?」の視線を送るが

太陽は「なつ~~」と元気に真夏の光と熱を放出してくれます。

2010-08-05-24.jpg

駐車場に戻り

2010-08-05-25.jpg

明石市の給水塔です。なぜだか目に付く。^^

少し前に、関西ローカルのニュース番組で自治体が水ビジネスに海外に打って出るなどとのレポートを見ました。

地方自治体法により格自治体の水道局が直接ビジネスすとはいかないようですが、日本の高度水処理技術も

また、大きな海外進出へのチャンスを持ってるような気がします。

水ビジネスではフランスが世界一だとか、高度浄水技術では世界一の日本です。

しかしながら悲しいことに日本国内でも、日本の企業が負けてフランス企業に浄水場の運営管理権を奪われる

などとの悲しい現象も起きてます。技術は世界一でもビジネスに負ける。日本の何時もの構図です。

そして、それを日本が克服するとルールを再び日本が不利なように変えられる。スポーツの世界も同じことです。

ふと、そんな事が頭によぎり、頑張れ日本などと思いました。^^

テーマ : 写真日記
ジャンル : 日記

石ヶ谷公園散策

考えてみたら8月5日のクソ暑い日に、公園散策など狂気の沙汰的である。

普通の賢明な人なら、どこかのショッピングモールかどこか冷房の効いたところで、お金を使わずに過ごすのが

普通なのだ。

しかし、何を思ったのか、たかたんはこの日に無謀的にこの初見参の石ヶ谷の公園の外周を一周することに

したのだ。いや、いやでも一周しなければいけなかったのだ。

なぜなら、この公園にハーブ園が出来たと地方紙の明石版に掲載され、それを妻が見て、「ここ、行ってきて

見てきてね。^^」などと頼まれていたからなのだ。

そして、最初に「馬だ!馬だ!」と喜んでみて、歩き出したら、ハーブ園と全く逆方向に歩いていのです。

まあ、もしかしたら。たかたんが意図的にそういったコースを選んでいたのかもですが。

はっきり言って殺人的暑さだった。

2010-08-05-09.jpg

このグランドを横切ればハーブ園は近かったのであるが、どうしても砂漠のように見えてしまい、

木陰を求めた たかたんでした。

2010-08-05-10.jpg

しかし、まだ元気なのだ。

セミの抜け殻を見て、まだこのようなことをする元気があった。^^

しかし、うらめしく空を見上げても暑さは収まらない。

2010-08-05-11.jpg

太陽の光は熱は容赦なく降り注ぐ。

たかたん、夏は好きです。 しかし限度がる。ここは日本である。熱帯地方じゃないのである。

などと思ってても、「お!」などとなると熱さも忘れる。

2010-08-05-12.jpg

なんだか北海道風じゃない。^^

などと現金なものである。

2010-08-05-13.jpg

「お!ポプラ並木風に見える」などと、しょぼいポプラ並木をいかにそれなりに撮るかなどと

暑さを忘れる。

しかし、「お!」などと思い、テコテコと歩き。「う~~ん。」ちょっと、無理かななどと空振りになると

とたんに歩みが足が重い。^^

そこで、

2010-08-05-14.jpg

ススキ風 などと遊びを入れる。^^

しばらくすると。お弁当広場などがあった。もちろん、誰も居ないです。

こんなとこで、のんびりとお弁当など食べていようものら熱中症になります。その前にお弁当が、

ダメになる事ででしょう。

しかし、それがたかたんには良かったのかも。

再び「お!!」である。

2010-08-05-16.jpg

2010-08-05-17.jpg

2010-08-05-18.jpg

気持ちだけでも、涼しげに見えます。^^

ハーブ園は、この坂を上るのか。。。。

再び、恨めしげに空を見上げる。

2010-08-05-15.jpg

暑さは変わらないから、あきらめてさっさと歩くことにした。

そしてようやく目的のハーブ園に到着した。

テーマ : 写真日記
ジャンル : 日記

石ヶ谷公園の馬場

今日は、満月です。夜に外に出てると狼男に襲われます。

などと、小さい頃に狼男の映画を見て以来、満月の日がずっと怖かったです。^^

今日は、午後7時過ぎ頃には満月が東に西には、かすかに太陽の光が残り星が輝き、久しぶりに素晴らしい

宵の内を楽しめました。

本日も、7Dの使い方の練習に北播磨に行っていおりました。

なんとなく使えそうで、まだまだ使えない状態が続きます。

夕焼けが2連発となりましたので、本日は昨日の須磨海水浴場からの夕焼けとは、行きませんのです。

まだ、ブログ用にデータ変換にも手をつけていません。^^

そんな訳で、今日は、これもまた前に行ってました。石ヶ谷公園シリーズの始まりです。^^

夕景に比べると、かなりしょぼい写真ですけど。^^

何でも、明石市にも馬が乗れるところがあるらしいのは、前々から知っていた。

明石市民として、一度は行かねばなどと、前々から思っていたのですが、なにぶん、私にも諸事都合が、

ございまして初見参が、伸びに伸びになっていましたが、ついに実現。

しかし、最近の毎度のことですが酷暑でした。

2010-08-05-08.jpg

たかたんの記憶が正しければ、駐車場に車を置き、さあ~~てと歩き出し。

いきなり、汗が噴出したような日でした。

こんな日に、こんな炎天下に居る人は、まず居なかったです。

遥か向こうに、まずの目的の馬場がありましたので、あじじ~~などと思いながら歩いていきました。

2010-08-05-01.jpg

そうすると、お花畑のような看板が。

たかたん。「あっ! 馬が居る。^^」

しかし、ここ入っていいのかな? 一瞬たじろぎましたが、まあ、いいや。注意されたら出よ。

そんな感じで、中に入りました。

2010-08-05-02.jpg

お馬さんいた! でも、なんかバテてるような感じがします。

馬場には

2010-08-05-03.jpg

先生と生徒が、なにやら今日のレッスンの話でもしてるようでしたが、馬は知らん顔みたい。

2010-08-05-04.jpg

先生の手が、「さあ!行きなさい」みたいな感じですが

生徒は、「先生。この馬、やる気おまへんで。^^」ですかね。

2010-08-05-05.jpg

こちらでは、あじいぃ~~よおぉ~~てな感じです。

2010-08-05-06.jpg

どうやら、馬もびっしょりと汗をかいてるみたです。

まるで、「にちゃん。俺、もうダメだかんね。」などと、たかたんに訴えているようにも見えました。

2010-08-05-07.jpg

きびくも、優しい愛情を注ぐの図です。

暑かったけど、きたそうそうヘへばってはいられないので、水分補給をして公園内をグルリと一周することに

しました。

カメラも少し、スイッチを入れて放置してると、アツアツになってしまうので、こまめにスイッチのオン・オフ

で熱を逃がすようにしながら、灼熱の太陽の中のお散歩開始です。

はたして、どんな風景がこの先に待ってるのか楽しみです。

テーマ : 写真日記
ジャンル : 日記

江井ヶ島の夕日

昨日の高野龍神スカイラインからの夕日が、思ってないほどの反響を呼んだので、アップしにくいといいますか

調子に乗ってとでもいいますか。^^

8月7日に撮っておいた、地元の江井ヶ島の夕日です。

この日も超、暑い日でしたような気が。もはや覚えてないですが。^^

妻が帰るのが丁度、夕日の時間帯と重なるので、たかたんはカメラを持って妻の駐車場を通り越し

浜にやってきました。目的は、夕日です。

江井ヶ島には海水浴の出来る浜を挟んで漁港があり、漁港の隣には、たかたんの住んでるマンションの下を流れる

赤根川が流れてます。赤根川から次の住吉の漁港、住吉神社まで浜になっており地元の人の

憩いの場になってます。

この辺りは、全く車を置くスペースがないので、まあ、いわば地元民だけの浜です。が、最近では遠来から

この浜をめがけて、手当たり次第に車を止めてBBQや浜遊びを楽しむ方が増えてます。

この浜は、海水浴には適していない浜で、大きな岩がゴロゴロとしてますので、浜遊びか堤防で釣りなどが

良いかと思います。この時期、夕方になると遡上するスズキを狙っての釣師などが竿を何本も仕掛けてるのを

よく見かけます。

夕方になると、涼しい浜風が心地良く夕涼みにはもってこいです。浜の道、一本を隔てて江井ヶ島酒蔵館があり

ここでは、喫茶、ランチ、和食のお店があり、トイレもあるなどが、秘かな人気の秘密かもです。^^

たかたんも、この江井ヶ島酒蔵館は、大好きでモーニング、ランチ、和食の方などもよく利用します。

また、江井ヶ島の地ビールなども美味なのです。^^

などと、地元の紹介をして。^^

この日、浜に出ると夕焼けが始まるのに丁度、いい時間でした。などと言いますが、徒歩3分ほどなので

家のベランダから確認してから出ましたが。^^

丁度、堤防に釣り人あり。(やった~~。)

いいアクセントが出来るのである。2010-08-07-01.jpg

18:28 夕焼けが始まる頃

2010-08-07-02.jpg

18:31 丁度、いい具合に船が出てきた。

2010-08-07-03.jpg

18:47 むふ。釣り人をシルエットに、思いっきり絞り込んで、ハイライトとシャドウを効かせた。

2010-08-07-04.jpg

18:49 光の道が鮮明になってきた。

2010-08-07-05.jpg

18:49 更に絞り込んでみた。ちょっと、絞りすぎた感じが。^^

2010-08-07-06.jpg

18:57 いよいよ日が落ちる。

2010-08-07-07.jpg

19:02 日が落ちた。

夕暮れの美しいショウは、これからのほんのわずかな時間だけ。

2010-08-07-08.jpg

19:04 工場地帯を望遠で。

2010-08-07-09.jpg

19:06 釣り人も、今日は終わりのようです。

2010-08-07-10.jpg

19:08 専門家達が言うように、真っ赤な夕焼けじゃないけど、たかたんは美しい夕焼けだと思って眺めた。

わずかな時間の光の芸術を楽しんだ。

一応、写真的には、釣り人が、最高のアクセントになってくれました。

もし、この写真で釣り人のシルエットがなかったら、まあ、ただの夕焼けで、ここまで絞ったりして深みのある

色彩を出そうと思ったかどうか?

まあ、結果おーらいと言いますか、自己満足の世界です。^^

この写真は、Canon Kiss x2(1200万画素) で撮りました。PLも使ってません。

昨日の高野龍神は、EOS 7D(1800万画素)です。ハイエンドモデルです。PLを使いました。

しかし、こうして見ると。。。。。

何も、7Dでなくても、いいんじゃない?などと思ったりもするのですが。

しかし、7D持ってるんだもんね。(うわぁ~い^^)的な自己満足はありますが。

実際において、たかたん的には、7Dの方が使いにくいです。

しかし、これからは7Dをメインで使っていきます。はい。(やはり、嬉しいのである。^^)

ここの所、夕日に凝ってる たかたんです。

本来なら、今日から島根県の宍道湖の夕日を取りに行く予定だったんですがね。

昨日、須磨の海水浴場で写真教室の実習がありまして、すわ。

7Dの液晶が壊れた。(泣き)などとなりまして、本日、7Dをお買い上げになったカメラのキタムラに

行ったんです。(本来なら、ネットで一番安い所を探して取り寄せるんですが、超高価な買い物なので5年保障が

欲しくて、カメラのキタムラで購入しました。)

そうしたら即、直った。と、いいますか、ハイライト警告を出してくれてたんですね。^^

たかたんが、訳も解らずに設定してんです。^^

んとに、ハイエンドモデルの機能を適当に理解して、そこそこ使いこなせるようになるのは何時の日のことか。

んじゃ、直ったんなら明日から、島根に行くのか???

いや、ちょっと事情ができまして。^^

延期します。でも、近々には行きます。

テーマ : 写真日記
ジャンル : 日記

高野龍神スカイラインからの夕焼けと家路

道の駅を出発したのは、17:30を過ぎていた。

空は、まだ明るい。

2010-08-18-24.jpg

入道雲がまだ天高く聳え立ってる。

夏の図だななどと思い撮った。

たかたんの頭には、一応であるけど今、自分の居る位置が分かてるので、果たして何時に家にたどり着くの

であろうか?などと、一瞬思わないではあったけど、まあいいかである。どうせ、暇にしてるのである。^^

再び道なりに楽しく走ってると18:00が来る。

少しずつだけど、空が夕に染まってくる様子が解る。

どこか、車を止めて写真が撮れそうなと来ないかなあ~~などと思ってると。

あった。

妻はシートを完全に倒して毛布をかぶり、お休みモードに入ってる。^^

たかたんは、車を止めて妻に「ちょっと、夕焼けを撮ってくるね。」

妻:「うん。いい写真、取れるといいね。^^」

優しいお言葉をいただき。少しルンルン気分である。

今まで、夕焼けを撮るのに偏向レンズの使用を試みたことが無かったので、偏向レンズとノーマル状態での

比較もしたかった。

2010-08-18-25.jpg

家に帰って見ると、どう見ても偏向レンズを使った方が綺麗だと解った。

でも、まあその時の天候やどんな様子を撮りたいかで変わって来るんだと思いますが。

今回は山塊に沈む夕日と暮れ行く山塊を撮りたかったので、雰囲気的には偏向レンズを使用したほうが

幽玄的な雰囲気が出たように思います。

本日は夕方から 須磨海水浴場のフラリと行くので、果たしてどうでしょうか?^^

その辺りの違いがちょっと、楽しみです。

2010-08-18-26.jpg

このまま、山すそに沈むまで粘ったんですが、沈む直前は、どうもうまく撮れなかったようです。

2010-08-18-27.jpg

2010-08-18-28.jpg

結局、アップに耐えれる写真は、これでけなんですが、たかたん的には満足な気分。


もう少し赤くなるまで待ちたい気分もあったんですが、真っ赤な空には少しポジションが悪いなあ~~

などと、思い再び移動。

夕焼けの時間は、小火~~と眺めてるだけでは、結構、かなりの時間を楽しめるんですが、いざカメラに収める

となると、無常です。アッと、言う間に終わってしまう。

少し走ると、すこ~~んと見晴らしが開けた所がありました。

妻:「赤いで!^^ ほら、たかたん。赤いで!」

挑発して喜ぶ妻。

しかし、橋の上である。 たかたん無理と心で反論。

今、思えば交通量も非常に少なく、前後一直線なので、事故の心配が非常に少ない。

などの条件を思えば、そこで撮ってたらよかった。(涙)

こんな時は、一瞬の思い切りなんですかね。

しかし、事故にあえば 「無謀カメラマン。節操ない趣味のカメラ」などとなり写真を愛する人達の品を下げる

ことにもなりかねないので、悩むとこですが、次からは迷わず。撮ります。キッパリ。はい。

少し走ると、車を止めれると場所があった。

妻:「ほら^^ ここに停めて、走って行ったら間に合うよ。^^」

たかたん:「。。。。。。」

車をスローダウン。 妻は、ニコニコしてる。シートを倒して毛布をかぶりお休みモードで。

一瞬のチャンスを逃すと戦意喪失状態になるんですね。それと家路のことが頭をよぎり、結局パスしました。

でも、今までもこうして心残りです。

夕焼けの最後の写真を撮ったのが18:20頃、時間は18:30を過ぎてる。もはやこれまで思いナビを自宅にセット

帰宅予定時間は23:59。

妻は次の日、朝一番から予約のお客様があると言いますので、急いで家路に。

多分、夕食を食べても一時間は早く家に帰れるだろうと思ってた。

お腹が空いたので、有田市に入り21:00頃、ガストを見つけて入った。世の中まだ、夏や休みの方が、結構いる

ようで、満員でした。そこでご飯を食べ、やっと高速に乗った。一安心すると。。。

御坊から渋滞25Km。。。。。。。。

ナビの指示は渋滞前のICで下りるように指示が出てた。しかし少しすると直進を指示した。ん?である。

渋滞が解消したのかと思うと、渋滞は続いてるのである。

10Kほど進むのに1時間ほどかかった。げっ。

なぜ、こうなったのか後で解った。 トンネルに入るとナビの通信が途切れ渋滞情報が受信できなくなり

ナビが、「ん?どうして、俺こんな指示してるんだろうか?」などと悩むようである。

暇なので、恨めしくじ~~とナビを見てるとトンネルに入ると支持が変わるのを発見し、ナビに強制的に

VISC(道路交通情報センター)へ通信させると渋滞回避コースを取ることがわかった。^^

ちょっと、ナビの使い方のお勉強になりました。^^

一時間ほど渋滞に巻き込まれたけどその後、みごとに渋滞を回避、無事に家に到着した時は、すでに日付が

変わってた。

二人とも、ともかくシャワーだけ浴びて、倒れるようにベットに滑り込みました。

テーマ : 写真日記
ジャンル : 日記

道の駅 龍神

護摩檀山タワーを後に、快適にドライブできた。

妻からは「前の車にプレッシャーかけすぎ!」 などと注意喚起されましたが、なんか久しぶりに若返ったと

いいますか、峠道を快適に走りました。^^

護摩壇山タワーより30分ほどで、道の駅龍神に着いた。

2010-08-18-23.jpg

2010-08-18-14.jpg

壁に竜神様である。

ここは、森林王国らしく道の駅に木族館なるものがありました。

たかたんが、カメラを用意して周りの写真を撮って振り返ると、妻はもう居なかった。。。。。

あで???と、思い中に入ると、妻は木工品を並べてある一室に居て、木の香りを楽しんでた。^^

いろいろ物色してると、どうも、どうやら店じまいの気配である。時間を確認すると17:00閉店のようだ。

たかたんが時間を確認するとすでに15分ほど、過ぎてる。

女の店員さんは、さっさと店じまいの支度を進めるし、レジはその日の出納の計算をしだすしで

「閉店間際に、すいません」などと、思わずいいました。レジの人は「いや。いいんですよ。」と言いますが

お金を数えてるし。そそくさと、しそジュースとヒノキの香り玉を買い出て行きました。

きっと、迷惑だったんでしょうね^^

でも、そんな事知らなかったんだし、到着したのが17:00だったもん仕方が無いです。

2010-08-18-15.jpg

お店の中から、外に吊橋があるのを確認してた たかたんは妻を誘い吊橋に向かった。

もちろん、渡りました。^^♪

ここまで来て、渡らずしてなるもか的な気持ちが強く働きました。

和歌山県の山間部は吊橋が多いのでも有名です。川北村などが有名です。

2010-08-18-16.jpg

2010-08-18-17.jpg

2010-08-18-18.jpg

ここに来て、はたと気が付きました。

どうも、対岸は人家のようです。こりゃ、この家のための吊橋みたいです。(吊橋の最初の2枚)

向こうまで、行ったらマズイなと思い。妻にそのことを告げ引き返しましたが、

2010-08-18-19.jpg

一応、写真は、とっとこなどと。

2010-08-18-22.jpg

こうやって、たまに遊びに来るのは、いいけど。そこにずっと住むとなると、きっと不便だろうななどと

思うのですが、このあたり平家のと落ち武者などが住んでたところなのかな?

知りませんが、そうでないとこんなに人里離れて、さらに容易に近づけない所に住むなどとは。???です。

橋から川を眺めると

2010-08-18-20.jpg

この竿、この服装。

きっと鮎釣りだと思います。

釣れる瞬間をと狙ってたんですが

2010-08-18-21.jpg

お疲れの様子でした。^^

しかし、この辺りって鮎が釣れるんでしょうかね???どとらかと言いますと、イワナ系じゃあないかな?

などと思うのですが、この竿は鮎釣り用のような気がします。

しかし、この人。どこから川に下りたんでしょうか?

鮎釣りの人や渓流釣りの人を見るたびに思う疑問なんだけど、きっと釣師しか知らない降り口があるんだろな。

いいな。たかたんも下に下りて、川に入ってパシャパシャしたい。^^

んなことをすると、魚が逃げると、釣り人から怒鳴られそうですが。^^

川遊び大好き。^^

そして、17:30ほどにここを立ち去り一路、南へ向かいました。

実は、たかたん的には山塊に沈む夕日が目的だったんですねえ~~。♪

ポイントなど、知らないけど、走ってたら適当に写真を撮れそうなとこあるだらう。^^

などと、超適当な考えでしたが。^^

テーマ : 写真日記
ジャンル : 日記

高野龍神lスカイライン~和歌山県縦断

高野山を後に一路、家路にとなると、普通は和歌山市に向かい阪和道路~湾が線が妥当な線なのですが、

たかたんには、秘かに高野龍神すかいらんを経て白浜より帰宅するとの計画を胸に秘めていた。

妻に「んじゃ、この高野龍神スカイラインを通って帰るね!^^」と、にこやかに言いました。

妻は、簡単に承諾。

高野山を出発は、15:00

後に、妻は「ねえ~~。今日中に帰れるの?」との発言になるほどの遠回りなんですが。^^

この高野龍神スカイラインは、一昔前いや二昔前までは、秘境である。車でもなかなか行けない所でありました。

まず、縦断道が長い。有料である。ガソリンスタンドがない。コナーが多い。アップダウンが激しいなどで、

燃費の悪い車や運転のヘタな人には要注意だったのですが、今では無料開放になってるし車の性能も上がり

道も綺麗に整備されルンルンです。

コナーとアップダウンが多いので眠くならず、楽しく走れます。^^

高野龍神スカイランとくれば、護摩山檀タワーがあります。ここまでは昔からよく、バイクで和歌山の林道を

走りに来たときに良く、来たのですが。ここから先に行ったことがない。たかたんはまさにルンルン。

でも、とりあえず

2010-08-18-03.jpg

ここの休憩所です。

2010-08-18-04.jpg

龍神村となると、至る所に龍のモチーフがあります。

ここで、まず駐車場より

2010-08-18-06.jpg

2010-08-18-05.jpg

山に太陽の光が差し込み明暗が綺麗でした。

写真の山肌が見えてる所は林道です。行き止まりもありますが、護摩檀山の麓からは北川村に抜ける林道が

約30kmほどあり、キャンプ道具をバイクに積んで林道ツーリングをしたのを懐かしく思います。

そん訳で、タワーに登りました。一応、有料で一人300円いります。

2010-08-18-08.jpg

2010-08-18-09.jpg

2010-08-18-10.jpg

2010-08-18-12.jpg

タワーからの眺め。たかたんは、どうも高い所=いい景色と思ってるので。

しかし、タワーは、いつもガラス張りです。。。。。

湘南しかり、島根に行ったときも、そしてここも。^^

ガラスかアクリル板かですが、反射と写り込みに注意が必要になります。

PLを使ったら簡単に問題解決なんですが、そう何時も、PLを持ち歩いてる訳ではないし、光量の問題も

あるからして。適当に撮りました。この頃には、新しいカメラの基本的な使い方も解ってきたので

高野山での二の舞はしないように注意しました。しかしですね。少し使い方が解るとですね。

19点の焦点を全焦点にしたい時は、どうするんだ??などとのまだまだ課題が山積ですけど、一応の絞り、露出

シャッター速度の使い方が、解ったら。まあ、コンデジよりは、ましな写真にはなるでしょうなどと思います。

2010-08-18-13.jpg

タワーから出て入場ゲート兼売店への道。

ここの売店で梅ジュースを飲み。

もはや、みなべ梅振興会館は時間的に不可能確実となったので、蜂蜜浸けの梅干を買いました。

梅が少し破れてるとか潰れてる二等品なので価格は、一等品の半額ほどなので、なぜだか嬉しかった。^^

時間は16:30ほどでした。

高野山へ。

暑いのである。 

お盆休みも終わり普通の人達は、お仕事でありますね。たかたんも、この時期、ぼやあぁ~~として、もっと

休みたいなあぁ~~。仕事、ヤダなあ~~などと頭で思いながら顔には出さずに電車に揺られこと一時間半、

合計で約二時間の通勤時間をかけて通勤してました。今では、懐かしい思い出です。

ここの所、忙しかったのです。何に忙しかったか?もちろん、遊びです。^^

更に、今回の無謀ドライブに輪を掛けるような、必殺道の駅で野宿中国地方一周ドライブの旅などの準備などで

怒涛のような一週間でした。

実家に帰り、お墓参り。とんぼ帰りで次の日の夕方からは、西宮の文化芸術会館でドラムラインのコンサートに

行き。更には、カメラが変わりました。^^むふ。しかし、使い方がイマイチ慣れてない。予備バッテリーに

CFカード等の予備品の安いのを探すのに日々追われていました。そうして、ようやく大体そろったのである。^^

嬉しいです。しかし、その分の出費もかなりです。^^

しかし、ですねえ~~。ハイエンドモデルとなると、やはり少し、うれしハズカシ朝帰り気分なのです。^^

でも、同じCANONなので、少し触ってたら解りました。そんな訳で、ある日の夕方です。

我が家では、関西ローカルのいつもの番組を見てました所、高野山が紹介されました。

妻は、それを見て紹介されてた麩饅頭なるものを「私、あれ食べたい。買いたい。」などとニコニコして

おっしゃりました。たかたんも、高野山に行ったことがあるような無いような、そんな感じだったので

「よし。じゃあ。次の休みは、高野山にドライブに行こうね。!」などと、高野山に行こうと決定したのです。

8月18日。水曜日。いよいよ出発しました。

朝、9時30分に家を出ました。目的地は、PCで調べ、すでにナビにセット済み。

勇躍出発したのですが、結局高野山に着いたのは午後13時過ぎとなりました。その距離、わずか113Kmでした。

この播磨や神戸地方から大阪方面を抜けるのに、いかに時間がかかるかを実証したようなもでしたが、

どうやらナビのセットが悪かったようで、たかたんは高野山と高野龍神スカイラインの所にある一の橋の

無料駐車場にセットしたのですが、わがナビ君は、その場所に一目散への道をえらんでくれたようでした。

阪神高速松原線から、どこかで降りて国道170線を走り、国道371号線に入りました。

大阪も、河内長野の辺りから、のどかな田園風景となり、少し大阪を見直した たかたんでした。

途中で、千早赤坂村、九度山など歴史に出てくる所の看板に、いちいち。喜んでると

妻は途中で「今日中に、着くの???」などと、無邪気な子供のようにルンルンで聞いてきましたが、

そう聞かれても、たかたんにも解らないのでした。しかしその時、妻を見ると目がまるで少女マンガのように

キラキラとしたような気がする。

国道371は橋本市の九度山の辺りからは、ほぼ一車線となり険しい山道となりましたが途中から綺麗な川が

道の横を流れ、たかたん好みの道となりました。ただし、対向車が来なければでしたが。^^

細い山道でもところどころに対向回避のために、拡幅されてる場所があるんです。そこで二度、対向車と

鉢合わせ。一度目は、老人の運転する。3ナンバーの乗用車です。見てると対向のたかたん夫婦の車を確認すると、

明らかに狼狽した様子でした。その時は、明らかにその乗用車が拡幅部にいたので、たかたんは止まって

その車が端に寄って通過スペースが出来るのを待ってたんですが。。。。。まともにバック出来ないようで。。。

大体、こんな道を走ってるのに対向車がないなどと思ってるんですかね~~。道のど真ん中を走ってて。。。。

こっちでなんとか、スペースを確保できるなら、してあげるんですが。車一台しか通れない所にいますもので

などと、なんとか向こうが寄ったととの意思表示でしょうか、止まったのでたかたんは横の壁にスリより

ドアミラーをたたんで、なんとか通り抜けましたが、でかい乗用車とガードレールの隙間は、軽く見ただけで50cm

以上、開いてるんですね。。。。

たかたん、心の中で「このヘタクソ」などと思いながら通過。そして次に鉢合わせしたのは、女性ドライバー

再び3ナンバーの大型乗用車。この人は凄いかった。譲る心などカケラもなく、ただひたすら前に

車を突っ込んでくる。

たかたん。今度は、自分側がスペースを作る事が出来るので、

少しバックして車を崖側の縁戚に乗り上げようとすると前に突っ込んできて道を塞ぐんですね。。。。。

向こうも、これはマズイとようやく、理解したようで止まってくれたので、たかたん、再びドアミラーをたたんで

更に崖側の縁に大きく乗りあげ、なんとか通過。

そして、ようやく目的に到着したのは13:00です。

たかたん。なんだかそれだけで満足してしまって。

お昼を、せっかく高野山の来たんだからと、駐車場付近の食堂兼お土産物屋さんで精進料理をいただきました。

2010-08-18-01.jpg

高野山、一の橋無料駐車場です。一階は満車だったけど、2回に来ると、まだかなりのスペースがありました。

2010-08-18-02.jpg

奥の院への参道入り口です。

今回は、参道に行くことは時間的に不可能となりました。

昼食を食べて少し元気になった所で、おみやげ物通りへと移動するんですが、遠いので車で移動。駐車場がなく

苦労しましたが、有料の駐車場に止めて散歩しました。

この時の写真は、新しいカメラに不慣れなせいで、露出を最大値にしてしまってたので、全てが真っ白でした。

残念。^^

でも、妻の目的は達成しました。麩饅頭はゲット! しかし、たかたんの目的のゴマ豆腐は、作ってるお店が

早々に、閉ってしまって結局、御土産物やさんでゲットしました。

妻は、「今度は一人で行っておいでね。^^私は、お家でお留守番しとくから。^^」

と申しております。^^

そして、次からは高野龍神スカイラインです。











テーマ : 写真日記
ジャンル : 日記

元気の無いひまわり畑の中で

再び佐用町のひまわり畑です。

ひわりには元気がないし、暑いの通り越してくるし。^^

しかし提出作品は撮らねばいけないのである。

一応、三重苦の中で、なんとか撮影を進めるのですが、やはりイマイチ気が乗らないのです。

それに、ひまり畑に来たからと言って、ひまりのアップだけじゃあ、芸がないし。

そんな訳で、適当に考えまして

2010-07-26-11.jpg

「おお、ワンコだ。!」 ^^

2010-07-26-12.jpg

などと、喜んでると、メンバーが群がりよって来る。

さすが、写真教室です。たかたんが見つけた!などと、喜んでると、皆さん見つけてるんですね。^^

そこで、先生がこの犬の飼い主に頼み、モデルになってもらいました。

でないと、こんなに鮮明に撮れません。^^

しかし、皆と同じはヤダと思い、畑の中を周辺をさまようのですが、なかなかです。

次第に、焦りに疲れが。^^

2010-07-26-15.jpg

しかし、まあなんとなく撮れました。

2010-07-26-14.jpg

ひまわり以外にもないかなと思い。

2010-07-26-13.jpg

今回は全て絞りが甘かったです。はい。

などと、書いてると、外からは少年自然の家の野外活動で外に出てきた子供たちが、

マンションの前の川にいる、亀とコイに感激してる声が聞こえてきます。^^

しかし、毎日のように見てると、そのような感激は無くなって来るんですね。^^

夕方や朝に潮が満ちてくると時折、スズキが遡上することがあるので、それを見ると感激します。

一度しか見たこと無いけど、スッポンもいたんです。^^などと、楽しみはありますけど。^^

引っ越してきた当時は、たかたんも喜んでたけど、今では毎日、今日は何匹のコイがいた。

亀がいた。 あのリッパなコイは、たかたんのコイである。などと、勝手に悦に入ってます。^^

そして、このお盆になるまでは、マンションの前の少年自然の家では連日、キャンプファイヤーを楽しんで

なかなか夜は楽しかったです。^^

さてさて、我が家も明日はお墓参りと実家にと、ちと忙しいです。

最後に

2010-07-26-16.jpg

いよいよ写真が無くなって来ました。

地元の夕景を撮りに行こうと思いつつも、ダラダラと過ごしてしまってます。

何時でも,いける。が、ダメなんですよね。^^

晴れたら頑張ろう。^^などと、また理由をつけてダラダラかも。^^

テーマ : 写真日記
ジャンル : 日記

佐用町のひまわり

お久しぶりです。

少し体調を崩しました。夏バテですかね。^^ どうも、朝に食欲がわかない。だから食べない。

当然、夕食時にお腹が空いてる。しかし、食べると胸焼けがするなどの悪循環です。

妻も、調子が悪く今日は、お家で静養です。明日には、お客様が3件あるのですが、果たして大丈夫でしょうか。?

たかたんの場合、体調を崩したと言うのか、この佐用町のひまりから絶不調でして。。。。。

この、佐用町は去年、水害で大きな被害を受けたところなんです。ここ毎年、ひまわりを休耕田を利用して

植えていまして、たかたんも今年で3回目の訪問となった訳ですが、暑いとか言うのを通り越した状態でした。

この日、え~~と7月26日の月曜日、午前9時にJR神戸駅に集合し写真教室でチャータしたバスに乗り込みました。

行きは、かなり元気でした。はい。

佐用町のひまり畑も、広くて今回に行った所は初めてでした。でも、どうやら今回の所がメイン会場でした。

と、言おうことは、たかたんは、違うところに行ってた訳です。^^

そこは、佐用町のグランドがある所でした。駐車場も広く整備されてました。無料のようです。

月曜日とは言え、大型の観光バス。マイカーが沢山来てました。

2010-07-26-01.jpg

2010-07-26-02.jpg

今回の写真、全部が全部ですね。絞りが甘い感じで。。。。これ、家に帰って見て。ショックでした。

車の割りにひまわり畑に出てる人の多さには、あまり違和感がなかったんですけどね。

2010-07-26-03.jpg

ひまわりも、あまりの暑さに夏バテですかね。。。。。

ほとんどが、下向いてしぼみかけてる。。。

この畑は、まだましな所を探して撮影しました。

人のうさじゃ、休耕田を利用しての畑でから手入れしてないからこうなるんだそうですが。

こんなの初めてです。

しかしですね。最初は、まだやる気があったんです。

2010-07-26-04.jpg

切り取り範囲を選んでみたりして、努力はしたんですけどね。

しかし、絞り値の考慮が、甘かったようです。と、言いますか。そこまで頭が回らなかったんですね。

未熟者です。

一応は、途中で気が付いたんですけど、団体行動なもので、時間制限があったりして。^^

それに、暑くて。あちゃ。。。と、思ったけど、まあ、いいかもありましたが、やはり家に帰って後悔しました。

2010-07-26-05 

2010-07-26-07.jpg

今回は、どれもお見苦しいですが一応、写真をアップします。

2010-07-26-08.jpg

多分、今回でまともなのはこれぐらいでしょうか。^^

テーマ : 写真日記
ジャンル : 日記

夏の江井ヶ島の浜にたたずむ美女

江井ヶ島を初めて訪れた人にとって、目に付くの浜辺に立つ椰子の木だろうと思う。

この椰子の木があるだけで、南国リゾートのような雰囲気をかもし出してくれるのだが、

実は、江井ヶ島の浜は非常に小さいのである。

地図には、確かに海水浴場と載ってはいるが、湘南や須磨のような洒落た店もない浜茶屋すらない小規模な

海水浴場です。浜は、二つあるけど、漁港側は、アマモを植えており泳げない。それと地形の関係で潮の出入りが

あまりないので、泳ぐには適してないです。もっぱら、少年自然の家のカヌー講習などに使われているようです。

それと、皆さんタープを立ててバーベキューの拠点にしてるようです。

2010-07-22-16.jpg

浜辺から漁港を望みます。

見る角度により、非常に綺麗です。^^

2010-07-22-17.jpg

江井ヶ島を象徴する椰子の木です。

遊歩道やサイクリングロードも整備されていて、たかたんもよく自転車で利用します。

2010-07-22-12.jpg

海水浴のメインとなる浜です。

子供の椰子の木もあります。

この日の朝、一人の女性が浜にきてました。

普通なら、あまり見かけない図です。大体、普通は釣りを楽しまれる方や浜辺でスポーツの特訓の人

地元の早朝の散歩の方ぐらいしか見かけないので、たかたん的には興味津々でした。

きっと、シャッターチャンスがある。などと思ってました。

意識しないように、さりげなく見てると。

彼女は何やら、一人で海を眺めてた。

そして、いつしか浜辺に移動。

2010-07-22-19.jpg

左の方にチョコンと。^^

なんか、気になる存在となりました。

そうすると

2010-07-22-21.jpg

あわ。。入水自殺??? なんてありませんが。^^

若い女性が一人、早朝に浜辺にたたずむ。なんか、訳有り的な感じがして。^^

いえいえ、決してやましい心根ではないです。はい。

そうこうしてると。

「あれ、まあ。なんと、大胆な。」

2010-07-22-23.jpg

妻が、対抗しました。^^

さて、この勝負。。。。。。やめとこ。^^  勝負じゃないです。偶然です。偶然。^^

などとの、妄想の世界が広がる朝の散歩。^^

2010-07-22-27.jpg

いや~~。朝の浜辺はすがすがしいです。

2010-07-22-28.jpg

それと、昨日アップ忘れてた。

2010-07-22-29.jpg

浜に咲く。ハマヒリガオだと思います。

この花も、2~3年後には浜から消滅してしまいそうです。

テーマ : 写真日記
ジャンル : 日記

夏の江井ヶ島海岸に咲く花

7月22日の早朝です。

早朝と言っても撮った写真データからして朝の7:18ですが。^^

完全に夏休みになる前に、自分の住んでる江井ヶ島の夏の写真を撮らねばと思いつつ、何時でもいけるし。

などと、思ってると。いつしか夏は終わってしまう。

などとの事にならないように、今年は多少、朝寝坊的時間だったけど、

ガバア~~と起きて、朝の散歩の妻と江井ヶ島の浜に出た。

清々しいのである。

人も少ない。いい感じ。^^

「うん。毎日、朝の散歩をしよう。!」などと一瞬、そんな大胆な思いが頭をよぎるが、きっと出来ない。

2010-07-22-02.jpg

2010-07-22-03.jpg

出来ないはずは、ないのです。大体、朝は5時30分過ぎには起きてる。

しかし散歩には行けてないないのです。

う~~ん。ちょっと、朝の日課の順番を変える必要がありそうななどと、感じたり。

まあ、いつでも行けるから、いいじゃない。などと、非常に自分に甘いたかたんです。

この日、なぜに朝から浜に出たかといいますと。

2010-07-22-05.jpg

2010-07-22-06.jpg

朝顔です。夏を代表する花ですが、午後にはしぼんでしまいます。

一枚目の写真の左の方の壁際にそって咲いてます。

上のお家の朝顔が壁を伝い下に伸びてきて道路に花を咲かせてくれてます。

この江井ヶ島に引っ越して来た時から、気が付いていたんですが、なかなかカメラに収める機会を

逸してまして、この日とうとう、やっと、カメラに収めました。

夏の海辺と言いますと、砂浜のイメージで花などない的なんですが、この明石の方の浜は、浜に緑が

ある所が、結構あって、浜昼顔なども群生してる所もあり結構、気に入ってます。

近年、多くの人が明石周辺の浜を訪れるようになり、踏み荒らされて浜昼顔は全滅状態になってる

江井ヶ島の浜になってるのが少し寂しいですが、それでも探せば花があります。

2010-07-22-04.jpg

この花も、よく見かける花です。ポッケト図鑑 日本の山野草で調べたけど、解りませんでした。

身近な花なので、園芸の方で調べたほうがいいのかも。^^

2010-07-22-07.jpg

これって、紫陽花系かな?と、思います。

2010-07-22-08.jpg

不明。黄色い大きな花です。^^

2010-07-22-10.jpg

わっはっはは。これも、不明。白い大きな花です。^^

調べてもないです。^^

朝顔は、この日を最後に姿を消し去りました。

浜開きを前に、市の動労清掃の方達が、綺麗に壁際に咲いてる花を刈り取ってしまいました。

ちみたちねぇ~~。一厘の花を愛でる気持ちは、無いのかい。。。。などと思うほどに。

この日が、ラストチャンスだったんです。

ここの朝顔の写真を撮ろうと思ってから、適当に注意して見る様にしてから

午前は地形の関係でどうしても日陰になるので躊躇してたんですが、この日に撮っててよかったです。

多分、当分はこのような景色は無くなるかと思います。

なんか、残念です。

たかたんが、この地に引越ししてきて、ずっとあの壁沿いにあったので、何時でも撮れると

思ってたんですけど思い出になってしまったかな。^^

テーマ : 写真日記
ジャンル : 日記

巡ってきたチャンス!

ちょっと、タイトルを大げさにしたのです。

何が、巡ってきたかったて?^^

それは、梅花藻です。はい。しつこいかな?^^

しかしですね。梅花藻は、夏の風物詩にしようかと思ってるので。^^

飽きるまで、気の済むまで続けます。^^一応、梅花藻と鱒シリーズは、本日で終わりです。^^

資料館を出て、歩いてない道を通り帰ろうとしていたんです。

そうそう、ここで話は醒ヶ井の地蔵川にいきなり戻るんですが、たかたんが一生懸命、シャッター速度を調節

して、水面下の梅花藻をなんとか撮ろうと頑張ってる所にですね。とあるカップルが現れたんですね。

どうも、男性の方は水中カメラ持参で、川に、ザブンと入り込んで水中の花を撮って、ささっと何処かに姿を

消してしまったんです。たかたん、あっけに取られたといいますか。その様子をモヘェ~~とただ見てただけ

なんですけど、ここの鱒養殖場にそのカップルがいたんです。

確かに、園内の流れの中には梅花藻があったんですが、どうみても水中カメラを使ってまでなどと思えるんですが

なんと、この園内には、なかなかやるじゃん仕様の水槽と言いますか、観察用の流れを作ってくれてたんです。

かのカップルが、その辺りで、何やらしてたのは知ってたんですが、たかたん夫婦はそれを完全に無視してたん

ですが、さすが、地元の人なんでしょうかねえ。その観察用の用の流れと言うのは、水族館で言います。

タッチできる水槽的になってまして、川の流れを取り込み観察者側は、ガラス張りで丁度、目の高さより少し低い

目線で、梅花藻をマジマジと見れる。まさに写真スポットとなってたんです。

もう閉園時間が迫ってるから、帰ろうとしてたんですが、もはや時間など忘れ、カメラを向けました。

もちろん、妻もです。

2010-07-21-76.jpg

2010-07-21-77.jpg

2010-07-21-78.jpg

この水中と水面に可憐に咲くこの花をこのアングルで撮ろうとしたら、やはり水の中に入らざるを得ないのですが

むふ。^^むふ。^^

ここ、いい。好き。^^ 好きなどと、自然に口から言葉が出る。

2010-07-21-79.jpg

2010-07-21-80.jpg

単焦点レンズを持ってないんで、虎の子の中望遠で、ぼかしを出来るように工夫したんですが、しっかりピントを

合わせきれてないので、今後の課題だなあ~~など思っているのですが、自分的には満足してます。

ああ、単焦点レンズをもってたらなあ~~などとも、チラリと頭に浮かぶのですが。

別に、なくてもいいじゃないとも思います。

レンズって凝りだすと、キリが無いみたいだし。まずもって高価です。高価を通り越してるのもあるので。

それにレンズを買うなら、今使ってるX2のシャッターの具合が少しおかしくなってきてるので、EOS7Dが欲しい。

等々と多々理由によりレンズの購入はしませんけど。

多分、妥協せずに時間をかけて、じっくりと撮ったら満足のいくのが撮れるでしょうなどと自意識過剰的思い込み

でこれからも、やっていきます。^^

2010-07-21-81.jpg

2010-07-21-82.jpg

この写真、撮ってるときはアメンボウが居るのが、解ってなかったんです。^^

それで、アメンボウに気が付き、花とアメンボウを意識して撮ったのは全滅で、全然意識せずにいたのが

偶然にこの一枚があったんです。^^

この、鱒養殖場、すごく気に入りました。たかたんのお気に入りスポットになりそうなんです。

ここで鱒釣りすれば、きっと必ず釣れる。しかし、ここで釣ると、必ずお買い上げせねばならないのです。

小さいのは、1匹=250円ですが、大きい鱒は㎏=xxx円で買取りなますので。。。。。

普通なら、魚釣りをして釣れると、特に大物など釣れると嬉しいはずが、逆に不幸になる可能性が。。。。。。

そんな危険が潜んでる釣りとなります。

ここ、気に入ったので、暇があれば行きたいのです。

何冊かの本を持って行き。ボッケ~~と本を読んだり鱒にエサをあげて過ごしてたら、きっと一日が、アッ!

と言う間に過ぎていきそう的予感ですが、なにぶん遠い=高速料金が高いなどの不都合があり、なかなか

難しいのが現状です。

でも、きっとまた訪れます。気に入ったのです。^^

2010-07-21-83.jpg

2010-07-21-86.jpg

これ、梅花藻を撮ってると、ヒラヒラと飛んできたので。

それと

2010-07-21-64.jpg

ネムノキです。前回は太陽の光サンサンでしたので、少し日が陰ってきたら、どうかな^^などと思いました。

そして、帰りの車を置いてある所で地元の人が犬を散歩させていたのに会いました。

その人に、湧き水の情報をいただいたので、帰り道にその水を汲んで帰りました。

満足の醒ヶ井の宿散策でした。

テーマ : 写真日記
ジャンル : 日記

鱒の天国

鱒池で、えさをやって楽しんだ後は、園内を散策です。

たかたんも、かなり暑さで体力の消耗が激しかったので、妻はかなりまいってるかな?などと、思いながらも

岩魚専用の池に行ったが、どう見てもニジマスなんですねえ~~?????

そこで、ふと。岩魚とニジマス、ヤマメの見分けが出来ないことに気が付きました。^^

イニジマスは解るけど、岩魚、アマゴ、ヤマメ。たかたん的には、みな同じに思ってます。

何となくの記憶では、太平洋側に下るのと日本海側に下るので名前が違うとかの記憶があるのですが、

好きだ好きだと言いながら、こんなもののたかたんです。^^

そして歩いてると。

2010-07-21-66.jpg

これ、川です。川。

川にこんなに、ニジマスが。^^ もし、これが幼少苦情でなかったら渓流釣りの人達は大喜びの図でしょう。

2010-07-21-65.jpg

たかたんも、実際に鱒系の魚が川で泳いでるの見るのは、久しぶりです。

兵庫県でも、千種川の上流域にはいるのですが、ベテランの人に「ほれ、あそこにいるで!」と言われても

なかなか解らないのが、この鱒系の魚です。こんなに沢山いたら、つかみ取りなどしながら泳ぎたいです。^^

のどと、たかたんは興奮してるが妻的には、疲れが溜まってるのか、つまらないような感じがしたんですが。

2010-07-21-67.jpg

でも、ヒンヤリした空気に妻も、ちょっと元気になってきたようすでした。

そこで、資料館に入りました。そこは、鱒の展示室でした。

2010-07-21-72.jpg

手前の水槽から順に写真をアップすると

2010-07-21-68.jpg

これが、多分アマゴ

2010-07-21-69.jpg

これが、多分ビワマス

2010-07-21-70.jpg

これが、多分イワナと呼ばれる魚。

2010-07-21-71.jpg

そして、これがヤマメと呼ばれる魚です。

水温が12℃~15℃に保たれてるので、水槽は曇って見えないので、手で水滴を拭取ってでした。

そんなことをしてると、ここの係りの人が水槽をタオルで拭いてくれたが、すぐに曇りました。

時間は、もうそろそろ17:30分ごろでしたか、ここも戸締りを始めました。

しかし、たかたんは粘って写真を撮った。そして、今、見ると。

どの魚も、どうも同じように見えるのですが。^^

まったく、見分けがつかないです。

そして、表にでるとすぐそこに、桜鱒とチョウザメがいる池になります。そこで、ぼや~~としてると

なにやら、ざざとのような音が????なんだろうと見てみると。

な。。。なんと

2010-07-21-73.jpg

2010-07-21-74.jpg

チョウザメが水面から垂直に立ち上げるように出てきて、そのごは、半身を水面から出して泳ぎだしたのです。

たかたんが、カメラを構えると、ギロリとその目が動き。たかたんをじっと見据えました。

かなり迫力ありました。

吸い目から殻垂直にでた決定的な写真はとれなかったけど。

このチョウザメの写真の目。 しっかりと、たかたんを見据えてる。

しっかりと、見据えて。すうぅ~~と静かに水中にもぐって行きましたが、圧倒された一瞬でした。

そして、そろそろ帰ろうかと来た道と違う道で帰ろうとしてたら。^^

梅花藻発見。「やった !」である。

テーマ : 写真日記
ジャンル : 日記

醒ヶ井鱒養殖場

地蔵川を後にして、次の目的地の鱒養殖場に向かう。ここの謳い文句は、東洋最大級とある。

鱒養殖場と言えば、神戸の有馬温泉にもあります。前回に行った国道427号線にもあったけど、ここは全滅してた。

多分、知らないだけ日本にはかなりの数の鱒の養殖場があると思うけど、自ら看板に東洋最大級と

言ってるのだから、少なからずも期待してる。しかし、初めて行く所、そして山間部に入り道は細くなってくる

多少、心細い気持ちであったが、到着した。

もう、ガラ~~ンとした雰囲気でした。

まず、車を何処に置いたらいいのか解らない。??

まあ、いいやと適当にあいてるスペースに車を置いたといいますか、先客が置いてたので、そこにならいました。

実際は、この鱒養殖場専用の駐車場があるのが、後で解ったけど専用駐車場は有料だったので、正解だったかも。

でも、土日などは、無理かもです。^^平日の強みです。

入場料を払う小屋の前の辺りに空き地があってそこに置きました。入場料金を払うときに、車のことを言われる

かな?と、おもったけど、何も言われなかったので、ちょっと、嬉しかった。^^

入場料を支払って時に鱒のエサが50円で売ってたので買った。そこで鱒池への行き方を教えてくれたので、

それにそって園内を歩くことにした。

2010-07-21-57.jpg

もっと、丁寧に撮るべきでした。。。。ここまで、傾いてるとは。^^

2010-07-21-87.jpg

正面ゲートの裏側です。出入り口はここを含め後2箇所、計3箇所ほどあるようです。

さすが、東洋最大級との謳い文句だけはありました。広い。

鱒池に到着。

2010-07-21-58.jpg

思わず。「おおぉ~」と声が出る。

恐る恐る、池の中を覗くと

2010-07-21-59.jpg

いるわいるわ。^^鱒さん達。それにどの固体も大きいです。

そこで、

2010-07-21-60.jpg

2010-07-21-61.jpg

何である。ニジマスである。^^

今、気が付いたんですが。すでに完全に手遅れなんですがね。

ガラス越や水中の魚の撮影になぜPLを使おうとの発送がなかたのか??????

思えば、琵琶湖博物館、須磨水族館、そしてここと、水槽を通しての撮影が続いていたのですが、どうも

その時は、まったくPLを使うことを頭に浮かばなかった。せっかく偏光レンズもってるのに。^^

今になって思ったりします。また、次の機会にでも、忘れてなかったら使ってみます。^^

この池で、入場ゲートで買った、エサをやる。

まず、妻がエサやりして、たかたんがその様子を撮る図です。

しかし、ここでも夫婦の息が合いません。魚が跳ねる音はすれど、レンズの先には魚はいない。。。。

ここのエサ50円にしては、沢山ありました。おかげで

2010-07-21-63.jpg

2010-07-21-62.jpg

鱒の動きが予想以上に早くて、シャッタスピードが追いつかなかったの図です。

多分、このエサやりの所で、ここの写真の半分以上の撮影枚数になったけど。^^ 

なんとか使えたのは2枚です。 次に機会があったら、1/1000のシャッタースピードにしてます。

多分、そしたら、くら~~い写真になってボツかな。^^んじゃ f値を明るめに設定して!

などと、今からそんなことを考えて鱒。むふ。ます=鱒。^^

いくら写真を撮っても、無駄な気がして、エサやり交代しました。面白かった。楽しかった。^^

ここ、釣りもできるそうです。ここなら、きっとたかたんでも釣れると思いますが、釣った鱒は買取なので^^

やめとこです。

エアサやりを楽しんだので、次へと移動です。

テーマ : 写真日記
ジャンル : 日記

地蔵川の梅花藻

今日は、江井ヶ島地方は朝から、快晴です。朝から、セミが飛び交いゴミを捨てに外に出ると、頭にセミの

鳴き声が声が、それが響きます。マンションの周りのミゾにはモズクカニがヘコヘコいるし。

モズカカニは、そろそろ終わりのはずですが?

家の前の赤根川には、「うわ!」ってぐらいに、鯉が大挙して群れている。

こんなに沢山の鯉がこの下流域にまで下ってくるのは珍しいです。

今日は、この江井ヶ島の生き物にとっては、何か特別な日なのでしょうか?そんな朝でした。

いよいよ、本命の梅花藻なのです。しかし、前回同様にここでも大雨の影響か、花が水面からでて可憐な様子を

見ることは出来ませんでした。

梅花藻を撮れそうな所は、間に来たことがあるので、迷わず。そのポイントに行きました。

2010-07-21-24.jpg

2010-07-21-25.jpg

6月ですか、兵庫県は田君川での方法と同じ要領で撮りましたが、これじゃあ、前の写真を流用しても

解らないじゃないか的な感じです。^^

しかし、梅花藻はそこにいた。と、いいますか、観光用に茶味で栽培してるのがありました。

そうです。あのスイカを冷やしてた所です。あまりに人が多くてお店の雰囲気を伝える写真がないんですが^^

暑さに負けて、そこで休憩した時に花を撮りました。たかたん的には、川の流れの中でが、思惑でしたが

川の流れの中に無いんだから仕方がない。どうしても、水面から出てる梅花藻を撮りたかったんです。

2010-07-21-46_20100804082011.jpg

2010-07-21-48_20100804082011.jpg

目的は、達成されたような感じだけど、なぜか虚しい気持ち。。。。  なんでだろうか???

暑さで、背中のリュックがずっしりと重く感じる。疲れ果てたのでリュック、ウエストバックを下に下ろして

靴を脱ぎ、靴下も脱ぎ

2010-07-21-49.jpg

ここの降り口から、足を冷やした。気持ちいいのもつかの間で、1分もすると水の冷たさで、足がジンジンと

してきた。

たかたんが、足を川の水に浸けてると、他の観光客の方も、皆さん同じように足を川に浸けてて楽しみました。

この日の、たかたん的には三脚、リモコン、PLフイルター等のフル装備でライトアップを狙ってたんですけど

一週間、早く来たようでまだライトアップは始まってなかったんです。

妻も、どうやらかなり暑さにグッタリの様子なのが少し心配なので、「鱒の養殖場に行っても、いい?」と、

聞くと、妻は以外と元気よく「大丈夫だよと。^^」答えてくれたので、暑さの中トボトボと駐車場まで歩き、

途中で子鮎の甘露煮などを買いまして。^^駐車場に戻りました。車に乗り、「よし !」と気合をを入れ

次の目的地、醒ヶ井の鱒の養殖場に向かいました。時間は16:00ほどでした。

時間が、少し気になったけど、ともかく鱒の養殖場に行こうと思いそこをを目指しました。

そして、そこには、なんと梅花藻ちゃんがいたのです。^^

更には、鱒にエサやりなどして楽しめたのです。^^

テーマ : 写真日記
ジャンル : 日記

地蔵川散策

地蔵川で冷たく冷やしたラムネを飲み少し休憩した後に、再び産さんを開始した。

やはり目的は梅花藻なんだけど、どうもやはり7月の大雨で花は、流されたようです。

普通なら、水面から可愛い花を咲かせてるんですけど。

それでも、前回の田君川での経験もあるので、余裕があるたかたんです。

のんびりと、この時間の止まったような街中を散策する。

ここは、観光バスが醒ヶ井の駅に着き観光コースになってるようで、団体さんが入れ替わり立ち代り来るけど

団体での見学は、やはり時間制限付きなので、たかたん夫婦のようにのんびりと見て回ることが

出来ないようです。その様子を見てて、なんだかこっちが忙しい気分になりそうでした。^^

そんな中、ふと目をやると

2010-07-21-15_20100803073618.jpg

こうも、綺麗に写りこむもんですかねぇ~~♪

これに気を良くした、たかたんは、妻にモデルとなってもらいましたが。。。。。。

どうも、夫婦の息は、あってないようで。。。。。。どれもこれも不採用です。

やっぱり、自然の何気ないショットが一番です。^^

更には、昔懐かしい趣の残る醤油屋さん

2010-07-21-22_20100803073618.jpg

なんとなく、入りにくそう。^^

ここで、ふと。「これだけの水があるなら、酒蔵は?」と思ったんですが^^ 酒蔵はないみたいです。

たかたんの住んでる江井島では、良質の地下水が出るので、昔から西の灘と呼ばれて、お酒造りが盛んです。

家の川がの窓から外を眺めると、川を挟んでお酒の工場があります。ちょっこと、歩くだけで、酒蔵が4箇所

ほどあります。そして、明石の地元の醤油屋さんの西海醤油もあります。^^

我が家は、もちろん明石の地元の醤油を使ってます。^^美味しいです。^^

さてさて、いよいよ源流部に来たのです。

2010-07-21-33.jpg

源流部には、「ハヨリ」保護区との看板があり、小さな水槽にハヨリが展示してあります。

でも、水槽の水は湧き水ですので水温が低く、水槽は曇って中が見えませんでした。一応、手で曇りを取って

みたんですけど、すぐに曇ります。

2010-07-21-35.jpg

源流部近辺です。湧き水は二箇所から湧き出てて、二箇所共にお宮があり、大事に祭られてます。

2010-07-21-37.jpg

そして、

2010-07-21-36.jpg

2010-07-21-38.jpg

この石段を登ってびっくり、この神社の境内の壁になってる所は、すでに名神高速道路でした。

普通なら、山を崩して道をトンネルを作ると、水の流れが変わったり、水源が枯れたりするのですが、

ここ醒ヶ井の水源は、よほど地中深いんでしょうか、それとも運よく水脈と道路工事が干渉しなかったのか

今でも、その豊かな水が、湧き出てます。 なぜだか、たかたんは高速道路を見てそんな思いにニンマリしました

一応、水辺の散策は、終わったのだ。♪

よっしゃ~~。梅花藻の写真、撮るどぉ~~。です。^^

地蔵川水辺の風景

う~~む。 迷っているのだ。。

何を?  それはですね。 カメラです。

急激に、新しいのが欲しくなってる。自分の心のとの闘いですね。^^

Canon EOS Kiss X4か7Dですね。

X4なら、まあこの年末ぐらいか来年ぐらいには、手が出る範囲に値段が落ちると思うんですが、

アマ向けハイエンドモデルの7Dになると。。。。。ちょっと手が出ない値段です。(泣き)

あっ、このPCにも顔文字ぐらい入れないと、でも面倒だし。まっ、いいか的かな。

どうせ買うなら7D欲しいな。。。。でも、たかたんのような機動性を考えるとX4だな。などとオークションや

価格比較サイトを見てます。もし、7D買うと、せっかく揃えてきた、Kissシリーズの記録メディアやリモコン

の互換性がないし。不経済だな。。。。機種相当のレンズとなると、中古オークションでも無理な世界だな。

と、言う訳で、新機種購入を断念いたした次第です。^^

来年になってX4の本体が4万位で手に入るようになったら、考えようなどと、言いつつ、しっかりオークションで

予算内での入札はしてます。はい。^^(送料、決済手数料も考えて入札してます。^^)

たかたん、きっと値段をあげるのに一役買ってます。^^ やはり、皆さん、安くていいものが欲しいですから。

などと、夢を追いかけつつ、本日は醒ヶ井の街に流れる地蔵川の風景など。^^



この地蔵川、少しでも興味が沸いたら調べてください。醒ヶ井の街中を流れる小さな川です。

街のすぐ傍には名神高速が走ってるのに、まったく影響されずに伏流水が湧き出て、それが流れとなってます。

つまり、水が沸いてるところで水を汲むと、そのまま飲めるんです。素晴らしい。

真水が大好きな たかたんにとっては最高の所です。

伏流水と聞くだけで。なぜか、むふ。むふ。ニタニタしてしまう。

お家の中の庭に湧き水があり、そこに岩魚や鱒系の魚を飼うのが夢のたかたん。まあ、無理ですが。^^

などと、話が大きく違う方向に。

2010-07-21-07.jpg

いよいよ、地蔵川に言うところで、子供の歓声を聞いた。

2010-07-21-10.jpg

2010-07-21-11.jpg

この2枚、どっちがいいか迷ったんですが。^^結局2枚共にアップです。

子供が、川に入って遊ぶということは、まだまだ川が生きてる証拠です。

川で、子供が水遊びをするのが珍しくなるとは、少し物悲しいですが、ここでは子供だけではなく生活そのもの

に川の水がかかわってる。 こんな生活に憧れるたかたんです。^^

2010-07-21-12.jpg

2010-07-21-50.jpg

家を出ると、すぐに川に下りれるようになってる家がほとんです。

2010-07-21-17.jpg

これ、いいなあぁ~~。羨望の眼差し。^^

2010-07-21-27.jpg

う~~む。子供はが風景に溶け込んでる。などと。^^

2010-07-21-32.jpg

2010-07-21-23.jpg

2010-07-21-42.jpg

写真とは、裏腹に、この日の暑さは半端じゃなかった。適当に水分補給をしないとなどと、思ってると

妻が、かの水で冷やしたサイダーを買ってくれた。^^

休憩です。

テーマ : 写真日記
ジャンル : 日記

中仙道 醒ヶ井の宿

7月21日(水)である。

めずらしく、二週連続で夫婦で出かけた。目的地は、滋賀県栗東市醒ヶ井である。

目的は梅花藻。更に地蔵川のライトアアプを狙いました。^^

しかしライトアップには一週間、早かったです。 無計画丸出しです。

午前十時過ぎに家をで高速道路にのり大津SAに到着は、丁度12:05でした。

ここでお昼を食べ休憩しました。

2010-07-21-01.jpg

2010-07-21-02.jpg

毎度ながら、ここに来ると同じ写真を撮ってしまうが、この日は。「ミシガン」がアクセンントと

なってくれました。

そこで、はた。目に入ったのが、琵琶湖花火大会のポスターでした。二年ほど前に長浜に旅した帰り道に

丁度、国道161のバイパスを走ってる時に琵琶湖花火大会に遭遇し、たかたん的には花火=琵琶湖花火大会

のイメージが植えつけられてしまいました。いい具合に渋滞してくれて、花火が見やすい所で車が止まってくれて

最高でした。^^

たかたんの近在で言えば神戸みなと花火大会。加古川花火大会、淡路でも慶の松原などなどあるのですが、

どうも人混み、交通規制などの思い出がありまして。この琵琶湖のような偶然だけど、いい思い出がないんです。

そん思いがあるのを知ってか知らずか、このSAのレストランで花火を見物できる企画があるではないですか。

しかし、高い。。。。。そんな訳で、あきらめていたのですが、上の階に行くと。♪

ここでは、手ごろな値段である。申し込もうとしたが、もはや好評に付き売り切れでした。ショック。

来年こそはなどと思いながら一路、目的地へ向かいました。途中、多賀SAに宿泊施設があるというのに妻が

大変、興味を示し立ち寄りましたが、宿泊施設は下り線でした。歩道橋で、歩いて行けるのですが、どうも。^^

暑くて。^^

そんなことをしながら、栗東ICで高速を下り10分ほどえ目的地のJR醒ヶ井の駅に到着。

丁度14:00頃でした。

2010-07-21-03.jpg

ここ、駅前の駐車場があるんです。^^一応、一回200円です。しかし料金の徴収員さんもいません。

よく注意して見ないと判らないほど、小さなポスト的な料金箱に自主的にお金を入れます。

思ってたより時間がかかりました。やはり、関西と言っても、兵庫の西の方からでは、結構時間がかかります。

しばし、休憩などをしながら、車に乗ってる時に目に付いたのをカメラに収めた。

2010-07-21-04.jpg

丁度、萱吹き屋根の張替えをしてました。

2010-07-21-05.jpg

じゃん。撮りたかったのは、これ。「中仙道 醒ヶ井の宿」の看板。

ほおぉ~~ぅ。ここ、中仙道なんだ的な感覚です。

ここで、たかたんが写真を撮ってる間に、妻がビワマスの可愛い置物を、買ってくれた。 わ~~い。わ~~い。

そんなサプライズもありましたが、いざ。目的の地蔵川へ梅花藻へ

2010-07-21-06.jpg

2010-07-21-51.jpg

しかし、この日は暑かったです。

2010-07-21-52.jpg

よく、忘れんですが、行ったところのマンホールも、色々と特色があって面白いです。

そして、建築家ブォーリズの設計の建物、国の登録文化財です。

2010-07-21-55.jpg

2010-07-21-53.jpg

2010-07-21-54.jpg

2010-07-21-56.jpg

今の近代的な建物もいいけど、こうしたシンプな長方形を組み合わせ、所何処に彫刻を施してるだけの

シンプルな建物に、なぜこんなに味わいがあるのでしょうか?不思議な感じがします。

中も、見学できるようですが、先を急ぎました。と、言うか気持ちが、地蔵川に梅花藻に行ってました。^^

2010-07-21-09.jpg

いよいよ、地蔵川に。
プロフィール

たかたん

Author:たかたん
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
Basic Calendar
<07 | 2010/08 | 09>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログランキング
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。