スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国道2号線を歩く

歩くと行っても、スタスタと歩いた訳ではありません。^^

ちょっと、歩いては止まりカメラを向けて、路地があると入ってみて、「ゲッ行き止まり」

で、引き返したりの繰り返しです。

2010-10-23-12.jpg

国道2号線で、気になってた歩道と踏み切り。

なぜに、真っ直ぐになってないのか???不思議。^^

2010-10-23-13.jpg

ちょいと、浜があるのるのかなと覗いてみたら、壁の残骸?

一体、ここのは何があったのか???

不思議発見。^^

2010-10-23-14.jpg

これも、気になってた。^^

豪華な照明柱、かなり古いものと思います。これかなり貴重な照明柱なんですが、誰も振り返ることは

ないみたい。たかたんは仕事で橋を造る仕事だったので、興味がありますが、知らない人には、なんてことない

物体なんでしょうね。^^

そして

2010-10-23-15.jpg

この橋から見える明石海峡大橋。たかたんはこの川の左にチラリと見える浜が気になって、浜に出る道を探し

歩いたけど。。。。出れない。。(泣き)

でも、確かに浜には人がいる。バベーキュウしてるので、何処かに浜に出る道はあるはずと探すが、

コンクリートの土手に阻まれる。

2010-10-23-16.jpg

明石の町が見える。

久しぶりの秋の空も。^^

なんか嬉しい。^^

また元の道にでて浜に出る道を探してみた。
スポンサーサイト

テーマ : 写真日記
ジャンル : 日記

マーメード号

朝霧歩道橋の南側に冒険家 堀江健一さんが太平洋を横断したときのヨットが常設展示されてる。

2010-10-23-10.jpg

たかたん的には、あまり興味がない代物なんですが、どうも人間ってのは、何回も同じ所に来て

何回も同じ物を見てると情ですか?

不思議な物で、なんとなく愛着が湧いてくるんですね。^^

2010-10-23-11.jpg

朝霧歩道橋の南側も踊り場にこんな説明のサインがあります。

考えてみたら、冒険家とか言うけど、実際は大人の遊びなんですよね。。。

普通に学校を卒業したら、勤労者になるはずが、とんでもない才能と熱意がこのような人間を生み出すんですね。

頭はでは、解っていてもですね。

内心は、羨ましさのあまりに憎いなどと、このような人達を全否定してたほどの捩れた心の持ち主の

たかたんなんですが、最近やっと、なんとか、許容できるようになりました。^^

ちょとは、人間的に成長したのかな???

などと思ったりもするんですが、どうでしょう??^^

そんな訳で、ちょっと調べてみたんですが、なぜに?どうして?ここにこのヨットが寄贈させたのか?

明石市と堀江健一氏との不思議な縁。

よく解らないけど、見てると。

こんなので、一人で太平洋を横断したのかあぁ~~。

などと感慨にふけることができた。

でも、見てたらほとんどの人がこのヨットの事を知ってか知らないのか、素通りでした。^^

そいや、今は堀江健一さんて、何をしてるんだろうか??

そんな妄想にふけれる展示品です。^^

テーマ : 写真日記
ジャンル : 日記

朝霧歩道橋

ここは、2001年の夏。明石花火大会の当日に痛ましい事故で数人の方が亡くなられた所です。

今も裁判が続いてます。

今、流行の検察審議会ですか、それで事故の責任を問う裁判が続いてるようです。

しかし、あらかた10年ほど前の事件の裁判がまだとは、長すぎて記憶も薄れてしまいます。

たかたんは、この辺りには、いやこの歩道橋の袂までは、よく自転車できますが、この歩道橋は意図的に

避けてました。

特に深い理由はないんですが、なんとなくですか。

2010-10-23-05.jpg

今回、やっと自分の目で見る勇気が出たと言う所ですか。

歩道橋にしては、超立派です。

2010-10-23-06.jpg

この橋名版。。。今となっては、なんとなく物悲しいです。

2010-10-23-07.jpg

近くで、見れば見るほど立派な歩道橋です。

元橋梁の設計関係者ですから、見ればその橋へ市が掛ける並々ならぬ思いが解ります。

2010-10-23-08.jpg

幅も、通常の歩道橋の約3倍ほどあります。

全天候に対応するようにシェルターも完備、防音にも配慮してる超高級な装備をした橋です。

こんな、普通の日に歩くと大きすぎるほどの余裕ある歩道橋で、すし詰め状態になり将棋倒しになるとは。。。。

群集心理の恐ろしさです。

2010-10-23-09.jpg

浜側の東側の袂に、こんな物がありました。

今は、ほとんどの方がただ通り過ぎてるだけです。

う~~ん。やっぱり、来なかったらよかった気分になったので、この歩道橋を下りました。

そして、この歩道橋の南の出口に展示してある冒険家の堀江健一さんのマーメード号を見物しました。

テーマ : 写真日記
ジャンル : 日記

大蔵海岸

寒いです。

26日に近畿地方は、木枯らし1号が吹き荒れました。

いきなり冬模様になりましたが、天気予報では今日までと言ってますので、様子見なんですが、そろそろ暖房器具

なども用意しなければ、といいながら、どうせ夏が過ぎたら寒くなるからと年中暖房器具を出してる

我が家ですが。^^

10月23日

久しぶりに晴れ間が見えそうな空になったので、かねてから思ってたことを実行した。

何の事はないですが、大蔵海岸から舞子まで歩いてみようとの事だけなんですが。^^

国道2号線でこの当たりはよく走りますが、自分の足では歩いたことがないです。

思えば、20才代の頃から、よく車では走ってるんですが最近、特に車中からチラチラ見える裏路地や

小さな浜が気になりまして、カメラを持って歩いてみようと思ってたのですが、どうも天気が。。。。

雨は、降らないけど曇ってるそんな日々が続いてたので、どうもあまりカメラをもって散歩の気分に

なれないでいたけど、チャンス到来。^^

山陽電車で大蔵谷まで行って歩いた。

2010-10-23-01.jpg

晴れ間が出そうでも、やっぱり曇ってる。。

でも、ちょっといい光景に出会えた。^^

2010-10-23-02_20101027135333.jpg

首を左に振れば、大橋が。

2010-10-23-03_20101027135332.jpg

首を右に振れば、人口海岸が。

でも、ここは欠陥が多いらしくて、いたましい事故などもあったようです。

2010-10-23-04.jpg

歩いてると、どうも鳩さんが写真を撮れと言ってるようだったので。^^

さてさて、ここの目的はですね。

2001年の夏に起きた歩道橋事故の歩道橋を歩いてみようと思ってましたので、歩道橋に向かいました。





テーマ : 写真日記
ジャンル : 日記

志方町赤花蕎麦

ある日、神戸新聞に志方町に珍しい赤花蕎麦が満開と載ってた。

訪ねたのは10月21日だから、たぶんその3日ほど前の記事だと思います。

兵庫県の豊岡市但東町にも、赤花そばの郷とか言う所があって、何年か前に食べに行ったことがあるけど、

普通の蕎麦と変わらないでした。

ただ、蕎麦ブームなんでしょうか、平日の昼間であったにもかかわらず満員だったと記憶してますけど。^^

ともかく、珍しいんだから写真を撮りに行こうと地図で、大体の当たりをつけて行ってみたものの。。。。。

さっぱり、場所が解らない。

もういいやと、引き返そうと適当に農道入り土地勘のある道に出ようと走ってると、それはあった。^^

しかしです。新聞に載ってるんだから、当たり一面の蕎麦の花と思いきや。。。。

田んぼ一面だけであった。。。。。

車を停めて下りて確認しようとしてると丁度、散歩に来てる人がいたので、聞いてみたら、

やっぱり場所は正解だった。

仕方がないので、なんとか写真を撮ろうと四苦八苦してみた。

2010-10-21-01.jpg

狭い場所なので、なんとかそれを思わせないようにと頭がそちらに行ってたので、絞りも露出も全く

考えてなかったです。

前回に使ったままで、そのまましたら、奥が飛んでしまってる。^^

まっ、いいかですけど。^^

2010-10-21-02.jpg

2010-10-21-03.jpg

規模が小さいと言いますことは、それだけ貴重なんだろうな???

なんとか自分を納得させて写真を撮った。

でも、赤花と言うだけあって、赤い花は茎もが赤いです。

蕎麦にしてしまえば、きっと普通の蕎麦になるんだろうけど。^^

そう言ったら、確か播磨には古代米も栽培してて、それも赤いとか新聞で見たんだけど、現物はまだ

見てない。この蕎麦も、もしかしたら、そんな古い種類なのかもです。

2010-10-21-04.jpg

2010-10-21-05.jpg

2010-10-21-06.jpg

四苦八苦してると、さっき話を聞いた人がやってきて、「向こうにもあるかも。」「よく、知らないんです。

すいません。」と言ってくれたので、探しに行った。確かにあったけど。。。。

そこも、ごく僅かでした。

う~~ん。とうなってると、農家の人が近寄ってきて「これ、いらんか?250円でええから。丹波の黒豆やで」

「丹波で買ったら1200円はする量やで^^」その言葉に思わず、「はい。」との言葉が喉まででたのですが、

実は昔、そのような物を買って帰って。妻に怒られた記憶が蘇り遠慮したけど、やっぱり黒豆の塩ゆでで、

ビールが。。。^^

そんな面白いハプニングもあって、やはり出かけてみると楽しい物です。^^



テーマ : 写真日記
ジャンル : 日記

明石漁港リベンジ

リベンジなどと、大げさですが。^^

どうも実習で行った時の写真が納得いかないので、10月13日に明石漁港に再挑戦した

その時の様子は、前に明石漁港のノラちゃんなど何回かに分けて書きましたが、やはりどうしても

迷うと言いますか、どうもイマイチ自分的にはピンと来ないんです。

それが、です。

毎日毎日、同じ写真を眺めてると、あら不思議。^^

なんか、愛着が湧いてきて。^^

どうも、このままポイするのは勿体無いかななどと思い始めましたです。はい。

2010-10-12-29.jpg

でも、こんなもんなです。^^

ここって、漁具が雑然と至る所に置いてあって、どうも何をどうしたらいいのかさっぱり解らん。^^

しかし、一応は漁具と漁港の雰囲気を伝えるべく努力はした。と、言うことで自分的には満足かな。^^

自己中かもだけど。^^

リベンジなどと、息巻いて再チャレンジしたんですが、結局はこれ一枚しかまとまもなのなかったです。^^

後は、自分の好みに走ってしまった。^^

それと

2010-10-12-30.jpg

これ、撮りたかった。♪

でも、これでけじゃあ漁港って解らないんだけども、これ撮りたかった。^^

むふ。^^

これ「水元公園のオッチャン」のマネですけど。^^

オッチャンとはレベルが違うから、こんな程度しかならなかったけど。

オッチャンに教えてもらったレジャーシートが活躍したんで嬉しかった。^^



テーマ : ひとりごと
ジャンル : 日記

明石漁港の風景

遥かな昔などと、おおげさに。^^

先月の写真教室で明石漁港が実習の舞台になったんです。

でも、その日は午後から雨の予報。

更には、明石漁港と言っても、普通の人はあまり知らない場所でした。

たかたんは、知ってたんですが。

どうも、撮影意欲が湧かない場所で更には、雨の心配までもと。。。

更に不幸だったのは、あのタコフェリーの代名詞と同義語であるタコフェリーのシンボル的が運行してる姿を

見るのが、これが最後になるとは。。。。

2010-09-27-07.jpg

後に出直した日の翌日にこの船は東南アジアの何処の国か忘れたけど、負債の穴埋めの為に売られて

出航してしまいました。。。(泣き)

更に、この日。

こんなこととは全く知らなかった、たかたんは風景用の15-85mmレンズ一本しか持って行かなかったのです。

シクシク。

ほんと、写真する時は、手抜きは天罰的面です。

さてと、いきなり話は変わりますが、明石漁港とは

2010-09-27-03.jpg

このように壁画アートで有名で、この壁画で数々の名作が生まれたんだそうです。

ほおぉ~~。って感じ

2010-09-27-01.jpg

2010-09-27-02.jpg

しかし、いかに気が乗らなくても、次の時の教室で出す5点は、なんとかしなければいけなのでる。

たかたんが、壁画を撮っても、なんの感慨も思いも湧かないと思います。

ただ、「へえぇ~~」こんなとこあるんだと思ってくだされば、凄く嬉しいです。

結果、前回の明石漁港のノラちゃんに繋がるんです。^^

あまりに悔しかったので、自転車で、ひぃ~~こらと出直したんですが。

ノラちゃんの魅力に負けてしまいました。^^

ここで、撮ったので、なんとなく気に入ってるのが

2010-09-27-04.jpg

全く、漁港とは関係ないけど、壁画が写ってるから、まあ。いいんじゃないです。^^

2010-09-27-05.jpg

これ、ちょっと、おお的なんですが。^^

テーマ : 写真日記
ジャンル : 日記

天満大池公園

今回で、天満大池公園を全部の紹介はできないですが、少しだけ写真を交えて紹介します。

ここは、昔。^^

むふ。

たかたんと、妻がまだ結婚する前にデートしたとこです。^^(照れ照れ^^)

2010-10-16-44.jpg

たかたんも、どうも繁華街とか夜のネオン街は苦手で。^^

そのまた昔は、山男でしたので。

うん。

それと、オフロードバイクでキャンプ道具持って林道ツーリングとか大好きでしたので

やっぱり、こんな自然公園が好きです。^^

ここは、今住んでる所からも近いです。

道を走ってると

2010-10-16-30.jpg

ボンと、こんな看板が出てるのですぐに判ります。

2010-10-16-40.jpg

池の公園からコスモス畑を眺める。

ここは、綺麗なトイレも完備され駐車所も広く

平日などは、お仕事に疲れた方がよく車を停めて、お昼寝などもしてます。^^

2010-10-16-41.jpg

2010-10-16-42.jpg

春には桜も楽しめます。

皆さん、良い天気の日には家族連れや仲間でよくバーベキュウーなども楽しんでます。

また、小さな子供の為の遊具も揃っており、小さなお子様連れの家族の方も沢山います。

お弁当と本を持って、一日ノンビリ過ごすには最高かもです。^^

稲美町のコスモス

2010-10-16-20.jpg

目的は、ミツバチとコスモスだったんですが、一応は普通にも撮ってます。

前回は、彼岸花を求めてさ迷ってる時に彼岸花がないので通年、コスモスが沢山咲いてる所で、

今年はコスモスもダメなんだなあ~~などと、悲観的になってたんですが、何の事はない。

全体的に秋の花自体が遅れていたんでした。^^

さて、ミチバチさんは全く勝手気ままに飛び交うので、この花でと思い三脚で固定してピントもバッチリに

用意万端でまってるが、全く肝心のハチさんが来ないのでしびれをきらした。たかたんは気晴らしで

2010-10-16-39.jpg

わずかに出た青空をバックにコスモスを撮る。

そして、一箇所にじっとしてられなくなり、ハチを見つけてはカメラを構える。

それに疲れると

2010-10-16-21.jpg

2010-10-16-22.jpg

2010-10-16-27.jpg

ちょっと、今回は真剣にコスモスを撮るんだからねなどとコスモスを撮る。

そんな事をしていると、不思議な集団が。

やってきた。

見てると

2010-10-16-34.jpg

どうやら、どこぞの無名のバンドが自主制作でプロモーションビデオを造ろうとしてるみたい。

ちょっとしたライブコンサートもあったりして^^

それと、

2010-10-16-35.jpg

トラクターで何か白い粉をまいてた。

興味深々のたかたんは、近づいてカメラにと思ってると、終わってしまった。^^

色々と楽しめましたが、まだ目的は達成できない。

ムキになっても、イケナイなどと、再び気晴らしで天満大池の方に散歩した。

ここ、一応は天満大池公園なんで。^^

水辺の景色を見よっとと、池の方に向かいました。

テーマ : 写真日記
ジャンル : 日記

稲美町のコスモス

明石の上にある稲美町の町花はコスモスなんです。^^

そんな訳で、この町にはコスモスが沢山あります。

が、ですね。

コスモスの花は、やはり休耕田を利用して植えるので、さ迷える花畑です。

去年、ここに花があったから、今年も必ずそこにあるとは限らないんですが、ここは毎年、決まってある。

非常にいいのです。^^

そこで、最近は惰性的な写真が多かったので、ちょっと目標を持ち撮影に挑もうなどと、思いまして。

2010-10-16-01.jpg

ほんと、この一枚の為に聞くも笑い、語るのも笑ってしまうほどの時間と枚数をついやしました。^^

結局は、300枚ほどの中で、一枚だけ、「よし!」と言える物がありました。

でも、その他に2枚セットで

2010-10-16-15.jpg

ああ~~そんなに頭を

2010-10-16-16.jpg

ほれ、花粉だらけ。^^

などと、ひょうきんなミツバチさんなども。撮れました。^^

さて、コスモスにミツバチと目標を決めて、こことだと思う花の前で三脚で固定しカメラをセッテング

したものの。。。。

ハチさんは、まるでたかたんをあざ笑うかのように、固定した所にはこない。。。。

ゆえに、ハチさんを追いかけ追いかけ、あっちにこっちにと、何の為に三脚を出したのじゃなどと

言いたくなるような展開でした。^^

おかげで、時間を忘れ買ってきていたお弁当も食べそびれ、はっと気が付くと夕方近くになってました。^^

2010-10-16-05.jpg

2010-10-16-08.jpg

この2枚も結構、気に行ってるんですが。^^

2010-10-16-10.jpg

2010-10-16-11.jpg

2010-10-16-14.jpg

連射の威力かも。^^

2010-10-16-19.jpg

すごく楽しかったです。^^

昼飯抜きは、効いたなあぁ~~。^^

テーマ : 写真日記
ジャンル : 日記

砥峰高原のススキ

この砥峰高原って、映画「ノルウェイの森」で盛り上がってるみたいなんですが、「ノルウェイの森」の

内容を知らない たかたんです。^^

ちょっと、かなり前からかな?

本屋ではよく見かけるんですが。^^

全く読む気がない たかたんです。

現在の愛読書の「ローマ人の物語」は単行本で現在40刊まで出てるんですが、ようやく五賢帝の当たりです。

電車通勤してると時なら、あっというまに読破していました物が、最近は読書してないです。

それと、群ようこさんや椎名誠さんと平行して読もうとしてるんだから、ますます読めないです。^^

などと、能書きはコレぐらいにして

ハイキング道を引き返した たかたんの目的は

2010-10-13-26.jpg

これ小さな池に移るススキ。^^

写り込みといいながら、何をメインにしたいか全く目的が定まってないんだけど。^^

2010-10-13-27.jpg

2010-10-13-28.jpg

観光客を避けながらだととか、三脚は車の中だしなどと自分で自分に都合の良い言い訳を頭に浮かべて

まっ、こんなもんでいいか的に終わらせてしまった。^^

しかしこれでは面白くないので、ちょっと遊び心をいれてみよっと♪

などと思い遊んでみた。

2010-10-13-35.jpg

モノトーンで

2010-10-13-36.jpg

セピアで

2010-10-13-37.jpg

総天然色で。← 昔カラー映像をこんな風に言ってた時代もあった。^^

ススキは、またまた出直しです。

出来たらですが。^^

テーマ : 写真日記
ジャンル : 日記

砥峰高原のススキ

ここは、映画「ノルウエィの森」のロケ地と言うことで

たかたんが、探してたのは、そのようなカップル。^^

しかし

2010-10-13-15.jpg

実際に見かけたのは、怪しいカップル。^^

どうも、色々な想像力を掻き立てられる。^^

どうやら、ここは若い人には、あまり人気がないようでいい被写体がみつからなかったので、やはり

正統に

2010-10-13-16.jpg

2010-10-13-20.jpg

ススキに戻る。^^

ここは元々、湿地であったので

2010-10-13-32.jpg

こんな通路が、至る所にあります。

妻は、たかたんが写真を撮ってますと、どんどんと先へと行ってしまって見えなくなりましたが。^^

不安に感じたのか戻って、たかたんの姿を確認してまた、先に歩きだしました。

このまま、行けば山頂付近の東屋までの勢いだったので、引きとめ引き返すことにしました。

また、喘息が出たら怖いのです。^^

引き返しながら、たかたんにはお目当がありました。^^

しかし、観光客の方が後から後からやってくる。。。。

でも、頑張ってみた。^^

テーマ : 写真日記
ジャンル : 日記

映画「ノルウェイの森」ロケ地 砥峰高原のススキ

2010-10-13-01.jpg

ここは、10代の前半の頃からかの青春オンロードに当たるところです。

そのまた昔、両親がこの当たりに今で言うログハスウを持っていたので小さい時から、ここにはよく来ました。

その頃から思えばは、インフラ整備は進みすぎた感じがする。

僕の知ってる頃は、4Wの車でも途中までしか来ることが出来ずにハイカーしかここを訪れることは

出来ない秘境だった。

小さい時から、ここのススキの高原がが大好きだった。

しかし、今や観光地化してしまった。

ススキを見に行こうと妻を誘い行ったのは10月13日

この日は、水曜日の平日でも、僕達夫婦がこの砥峰を訪れてる時間帯だけでも観光バスが計5台も来た。

この砥峰高原は、映画「ノルウェイの森」のロケ地になったとの事で、今年は一段と観光客が多い。

何年か前から、こんな施設もできて

2010-10-13-12.jpg

喫茶、軽食、蕎麦処、トイレなどにも不自由しなくはなって便利に特に女性には快適な所となってます。

でも、まだススキは若く

2010-10-13-02.jpg

こんな状態でした。

まだ半月から1一ヶ月弱は、早い状態みたいです。

2010-10-13-05.jpg

本来なら、見渡す限りのススキの草原になります。

今年は、猛暑の影響で彼岸花から始まり、秋の花の開花が半月遅れ、コスモスもこの播磨地方では、ようやく

見ごろなどと、秋が短い。そんなことを今差ながら痛切に感じます。

ススキも、紅葉も11月の前半が勝負かな?

そんなことを思うのですが、どうも天候がね。晴れ間がなかなかでないんです。

雨こそ降らないけど、西側の空にベッタリと雲が張り付き太陽の光が届かない。

ここは、夕方には巡光になる。

夕暮れ時のススキの一番の輝く時間帯を期待したんだけど。

太陽は、雲に隠れたままでした。

一気に撮影意欲が失われたけど、せっかく来たんだからとなんとか頑張ってみた。

この日も最近の播磨地方の天候と同じく東側には晴れ間青空、西側にはベタ雲。

悩む。

2010-10-13-08.jpg

2010-10-13-09.jpg

同じ所をWBを変えて撮ってみた。

ススキの味を出すには、上側。全体のバランスを考えると下側。。。悩む。

やっぱり、やる気が無くなった。^^

2010-10-13-14.jpg

やる気がなくなり、木製テーブルをキープして、ぼんやり座ってると妻が。^^

「はい^^」と、コーヒーを注文してくれた。♪

暫くすると

2010-10-13-17.jpg

妻は、一人で遊びだした。

沢山の木の子があると、大はしゃぎ。^^

妻の体調は良さそうだ。いつぞやの発作以来。何処に行くのもドキドキハラハラものだったけど。

たかたん的には、「ホッ」一安心。

カメラを持った人達は、沢山いたので、それとなくはなしかけ見ごろの情報交換をした。

やはり、半月から一ヶ月弱は早いで一致した。^^

また出直すかの気分。

この日は、まったくやる気を無くした たかたんを妻が引っ張る感じで、なんとか後の撮影を頑張った。

2010-10-13-03.jpg

2010-10-13-04.jpg

2010-10-13-06.jpg

撮影に向かない日でも、妻の笑顔に引かれてカメラを持ってると楽しくなってきたのが不思議だった。

それに、写真家じゃないし人を感動させる写真を撮る訳でもないし(たまには、感動できる写真を撮りたいけど)

ただの楽しみでカメラを持ってるだけだしね。^^

楽しくなると、自然にあちらこちらに目が行く。

妻に引かれるように草原の中を歩いてみることにした。^^

テーマ : 写真日記
ジャンル : 日記

出会った人達、鳥、子猫

2010-10-12-03.jpg


しっかりと、手を握り。微笑ましいな。^^

2010-10-12-49.jpg

こんな時も、過去にはあったな。。。。

2010-10-12-06.jpg

くつろぐ海鵜。

2010-10-12-25.jpg

2010-10-12-28.jpg

めちゃ、警戒された。^^

2010-10-12-26.jpg

「お!」友好的かと思いきや、距離を測ってたようです。

もう一歩と思い近づくと、疾風のように消えてしまった。

江井ヶ島の夕景

自転車に乗ってて、いい所を見つけた♪。^^

2010-10-12-52.jpg

浜から少し離れた所の突堤ですか?

釣り人に混じってカメラを構えた。

一応

2010-10-12-54.jpg

三脚も出してみたんですが。^^

結局、使わなかった。

2010-10-12-53.jpg

灯台を入れて夕日、夕景をとの思いは前々からあったんだけど、どうもいい場所がなかった。

でも、いいとこ見つけた。♪

でも、これからの時期は寒くなるので、防寒対策はバッチリとしとかないと。

2010-10-12-55.jpg

それにしても、釣り人は偉大といいますか。凄いですね。

沢山います。

一体、何を狙ってるんだろうか????

果たして、ひまじんさんのように狙った魚が釣れるのかな?

大体、狙った魚がつれること自体が不思議に思う。

だって、海の中って見えないのに、なぜに見えない居るのか居ないのかも不明の魚を狙うのか??

たかたんは、釣りはビギナー以下ですから。^^

たまに釣り竿をだすけど、釣れると困る人です。はい。^^

ちょっと、PLレンンズで遊んでみた。

2010-10-12-56.jpg

太陽のコロナが写る。

2010-10-12-59.jpg

これ、やっぱり実際の方が綺麗だった。この光の加減の映し方の研究をしなければなどと。^^

そうこうしてると、

2010-10-12-64.jpg

灯台が、もう帰りなさいといいだした。

最近は、西側の空にベッタリと雲が張り付いて夕景が夕日が拝めない日々が続いています。

たまに、「おお!」となる日があるんですが、そんな日は、カメラを持つのも忘れて、ただ眺めてます。^^



テーマ : 写真日記
ジャンル : 日記

明石タコフェリー

淡路島との連絡船の明石タコフェリー。

2010-10-12-18.jpg

ちょっと、望遠の威力を借りて迫力あるようになどと。^^

淡路との連絡船、かつては須磨港からもあった記憶があるけど、いつの間にか須磨からのは無くなってていた。

そして、今やこの明石~岩屋間も風前の灯である。

この船を運航してる親が社が、撤退表明をついこの間に表明した。

今月から、便数も大幅に減った。

累計の赤字が4000万を超えるらしいです。メジャーな大きな会社じゃないから死活問題みたいです。

明石海峡大橋が開通の影響、民主政権の土日1000円政策が決定的なダメージとなったようだ。

明石~岩屋間、20分ののお手軽な船旅がもう、楽しめなくなるのも時間の問題かもです。

2010-10-12-09.jpg

3隻あった船も、一隻はもはや売却され、このタコフェリーの象徴的な船は、整備中だった。

その内に

2010-10-12-21.jpg

この桟橋だけが、残るのかな。。。。。。

寂しいな。。。

でも、時代の流れなのかもです。

だから、残りの運行期間で、出来るだけ残しておきたいです。

このフェリーの雄姿。^^

2010-10-12-14.jpg

就航準備に忙しい甲板員さん。^^

2010-10-12-15.jpg

出向。^^

2010-10-12-16.jpg

普通的な写真。

2010-10-12-19.jpg

2010-10-12-20.jpg

望遠の威力。^^

2010-10-12-11.jpg

今の所、唯一残るであろうと思われる高速船。

大きな時代の流れは、小市民ではどうにもならない。

ただ、見守るだけ。

テーマ : 写真日記
ジャンル : 日記

ノラの楽園?林崎海岸

2010-10-12-45.jpg

なんて幸せそうな表情なんだろう。^^

自転車でよく通るこの林崎解す浴場の入り口で、数匹のノラちゃんがタムロしてるのを発見した。

夕方近くになると、集まるみたい。

お尻も痛いし、なんか写真が撮れるかな???

などと、思って自転車を降りた。

普通なら、これでノラなら パッア~~と蜘蛛の子を散らすように、皆さん逃げるんですが、どうやら

誰かがエサをあげてるのか人馴れしてる様子で、一向に逃げる気配はなかった。

2010-10-12-39.jpg

彼、彼女らの視線の先は

2010-10-12-40.jpg

この子。^^

どうやら、人気者みたい。

2010-10-12-45-01.jpg

だって、目が青い。

2010-10-12-47.jpg

こんな感じ。

更には

2010-10-12-42.jpg

たかたんが近づいても、おくつろぎの様子。^^

2010-10-12-43.jpg

「お前なあ~~。人が来てるのにもうちょっと、ネコの威厳を保てよお~~。」

「ヤダ。俺、ダルイの。」

などの会話でもしてような。^^

そろそろ日が傾きかけた、ひと時を過ごす。

ノラちゃん達でした。^^

テーマ : 写真日記
ジャンル : 日記

明石漁港のノラちゃん

2010-10-12-37.jpg

しかし、こうして見るとネコといいますか。

ジャガーかピューマって感じです。

迫力ありすぎて、怖い。^^

2010-10-12-35.jpg

そうなんです。

この子、ちょっと迫力ある子なんですが、意外と人懐っこいんです。

ちょっと、ひょうきんな所も見せてくれたりして。^^

2010-10-12-36.jpg

大あくび。^^

この子とは、初めての出会いじゃないんです。実は。

前にここに来たときから、その存在は知ってたのですが、ご対面は初めてです。

泣き声はするが、姿は見えずでしたが、今回は、その麗しきお姿を拝謁するに当たり、恐悦至極でございます。

などと、の賜るほどの出会いでありました。

今回も声はするが、そのお姿は見当たらずで諦めて帰ろうかと自転車を置いてある所に戻って、

はたと、上を見上げますとですね。

なんと。お出ましになっていたのでございます。

2010-10-12-31.jpg

おお。なんと凛々しいお姿かと思いきや。。

どうやらお怒りのご様子。。。

2010-10-12-32.jpg

2010-10-12-33.jpg

しかし、この威嚇のポーズは、どうやらたかたんにではなかった様子で

2010-10-12-34.jpg

遠くの敵を見つめる、お姿でした。

後に、たかたんに擦り寄って参りまして^^

あまりにスリスリされるので、次に来るときはキャットフードでも、持ってこようかと思うほどでした。^^

でも、この子。

見てくれで、損してる感じ。^^

テーマ : 写真日記
ジャンル : 日記

季節はずれだけど。^^

何時でも、出来る。

何時でも、載せれる。

と、思いつつ。。。。もう10月の半ば。

008_20101013090551.jpg


020.jpg

ツバメ。^^

初夏の風物詩なんですけど。

目立たないようにひっそりと。^^

昨日、運動不足解消なのだと意気込んで自転車で明石の漁港に行きました。

途中で、写真を撮りながら。♪

ネコちゃんの楽園。見つけた。^^

でもね。。。。。

帰りから、お尻が痛くて。。。(泣き)

サドルに座れない。

家に帰っても、椅子に座っても、座椅子に座っても痛い。

今日も、まだ痛い。

これって、慣れですかね?

テーマ : 写真日記
ジャンル : 日記

高校野球観戦

高校野球の秋季大会を見に行きました。

ことの起こりは、写真教室。

何時もにように、教室が終わってからのコミニュケーション時に行くことのなった。

9月18日の日曜日だったかな。

朝8:30 明石球場 第一試合

IMG_1131.jpg

朝一番のグランドは、やっぱり爽やかな感じ。^^

明石球場は、夏の甲子園大会兵庫県大会の決勝やプロ野球も開催される球場だそうです。

知ってるはずが、いざ着て見ると。「うわ^^」でした。

IMG_1225.jpg

応援した学校です。なんと、妻の出身校でした。もともとは、女子高が何時のときから男女共学になって

秋季大会初出場だそうです。

高校野球って、観戦するのに料金が700円かかります。

最初は、タダだと思ってたので、ビックリしたけど。

観戦する側に行くと、お茶とかジュースとかくれた。^^

得した気分。♪

IMG_1134.jpg

IMG_1140.jpg

いよいよ試合開始。^^

IMG_1156.jpg

見てるよりも、凄く感じた。

IMG_1170.jpg

応援に熱が入らないたかたん。^^

IMG_1185.jpg

カメラで見たこんなシーン。^^ 「あらま。」

IMG_1201.jpg

「おおぉ~~♪」

400枚中の一枚だけあった、決定的シーン。^^

IMG_1270.jpg

ああ~~。悲鳴になる。

IMG_1350.jpg

イレギュラー??

IMG_1351.jpg

痛いはずですね。^^

IMG_1272.jpg

基本に忠実なプレーです。^^

IMG_1301.jpg

本塁突入のシーンで基本に忠実なプレー。解りますか?^^ たかたん写真にして、ちょっと感心した。

IMG_1309.jpg

IMG_1333.jpg

躍動感あるシーンかな?。^^

IMG_1364.jpg

IMG_1369.jpg

高校野球の醍醐味です。バント。

IMG_1417.jpg

IMG_1421.jpg

負けちゃったみたい。^^知らなかった。あは。^^

ほんと、スポーツの一瞬を撮るって難しいのを超えてます。

シャッター速度の設定も忘れてた。

風景みたいに試し撮りできない一発勝負です。やはり、相当の経験と知識がいります。

当然、機材が違いますが、プロのカメラマンは凄いです。改めて思った。^^

それと、最低500mmクラスの超望遠がいりますね。^^

この経験を機に500mm購入へとなりましたが、500mmまだ使ったこと無いです。^^

おうちで、飾ってる。。。 むふ。^^

だって。。。

大きすぎて、気楽に持ち運びできない。

それに、外に出したら、汚れる。

などと。^^



テーマ : 写真日記
ジャンル : 日記

加古川水道橋

2010-09-21-01.jpg

加古川の上流部にかかるこの橋。

水道橋です。ここも一体、何回写真を撮ったんだろうかと思えるほどの近場のお気に入りスポットです。

写真を撮るたびにカメラが変わってる。^^

水道橋だから、一応お水を渡す橋だけど、ご近所の方々も通勤、通学、買い物など利用してます。

加古川の彼岸花を撮る時に、ここに立ち寄りました。

2010-09-21-02.jpg

大きなパイプで水を渡してる。この管のサイズはどれくらいのを使ってるんだろうか??

それと落橋防止装置が無言の威圧感を与えてくれる。

阪神淡路大震災の後に各地の橋に急速に取り付けられた橋が崩れ落ちるの防ぐ装置です。

実際には、震災の後にこの装置が役に立ったことはない。

それにあの震災クラスに効果があるのかも、解ってないんですが、これがあるだけでも安心感はありますね。^^

2010-09-21-03.jpg

この橋の製造元は川崎重工業さんのようです。

2010-09-21-04.jpg

2010-09-21-05.jpg

ここ、なぜこの色の中は解らないけど、遠くからでも目立つんです橋の形も昔ぽっくて。^^

2010-09-21-06.jpg

ほんと無骨な感じが好きです。

2010-09-21-07_20101011085914.jpg

橋の渡り口から下流域の眺め。

2010-09-21-08.jpg

これも、水道橋ならではの光景かも。バルブカバーみたい。

2010-09-21-09.jpg

2010-09-21-10.jpg

やっぱり、この橋。男性的魅力一杯。^^

吊り橋が女性的な曲線美の美しさなら。

昔ながらの橋は、やっぱり男性的な力強さ感じる。

2010-09-21-11.jpg

2010-09-21-12.jpg

この橋。きっと無骨な構造屋だけで作ったのがまる解り。

川重などでは、時により設計コンサルなど入れないから、多分そうなんじゃないかななどと思う。

でも、構造屋なりにデザインもアーチとトラスを組み合わせて見た目を気にしてる。^^

構造屋さんなりの精一杯のアピールである。

コンンサルやデザイン屋が間に絡むと、こうはいかない。訳の解らん構造設計上に問題のある形やコストを

考えない要求を役所の代理だと、いばり散らして製造メーカーに押し付けてくる。昔、何回も泣かされた。^^

だから、よけいに共感できる。^^

無骨ながらも、歩行者や自転車の人達に配慮してある。

きっと、まだまだ何回もこの橋の写真を撮ると思います。^^

テーマ : 写真日記
ジャンル : 日記

淡い河蕎麦街道続き

昨日は、大雨でした。

たかたん、この大雨の中を用事で半日ほど出かけました。

事の始まりは、ブログを書いてる時に。

妻との会話から始まった。

たかん : 「今夜、お鍋にするね。^^」

妻 : 「うん。^^じゃあ、帰りに何か買って帰るものある?」

たかたん : 「むふ^^ 材料全部買ってある。^^」

たかたん : 「あっ。お豆腐忘れてた。」

妻 : 「んじゃ、かって帰ろうか?」

たかたん : 「たかたんが買っておくから、いいよ。^^」

などとの会話である。

普通ならスーパーに行けば30分ほどで終わるこことであるが、たかたんは何を思ったか。

兵庫県は多可町 八千代町のお豆腐を思い出した。あそこの豆腐って大豆の味がする。♪

と、いいますことで豆腐を買いに車で片道1時間以上かけて大雨の中を走った。^^

なんといいますか。^^暇なのであるかな。^^

んで、話は淡河の蕎麦畑に戻りまして。

適当に蕎麦の畑を白い絨毯に見立てて撮りました。

少し飽きてきたら、アップでとか他の物を撮ったりして。

でも、飽きないんですね。これが。^^

2010-10-02-26.jpg

2010-10-02-18.jpg

しかしですね。この当たりで、そろそろ気が付いたんです。こんなに同じような物ばかり撮ってると、

後で篭ってしまう。と、そう。どれをアップするか選びきれないんですよね。^^

そこで、

2010-10-02-21.jpg

ようやくこんな感じで撮りました。^^

そして、さっきから気になってる彼ら。

2010-10-02-23.jpg

2010-10-02-24.jpg

仮面ライダーの元。 しかし、ほんとに仮面ライダーですね。^^

歩くたびに飛び回るこのバッタ。

息を殺して気配をけして、そおぉ~~と、近づいて。^^

写真は、人に感動を与えるようになどと写真教室で教わったけど、べつに自分が楽しめたらいいじゃないと

思う。たかたんです。

最近では、そのように思ってる。そして、それが楽しみでもある たかたんである。^^

2010-10-02-27.jpg

2010-10-02-28.jpg

2010-10-02-29.jpg

青空と白い蕎麦の花。畑が小高く盛り付けられてるので下に下りて撮ってると、突然。

知らない近所のおっちゃん : 「いい写真。撮れまっか。?^^」

と、声をかけてくれた。たかたんはカメラに夢中で人の気配を全く感じてなかったので、びくうぅ~~。

としたけど、感じのいい人でした。

最近では、この当たりの農家はほとんどの家が家で蕎麦を打ってるから食べて帰れと言ってくれた。^^

この素朴なおっちゃんの写真を撮っとけばよかったと後悔してる。^^

めちゃ、いい表情の人だった。^^残念。

別れを惜しんで

2010-10-02-32.jpg

あっ。そうそう。お蕎麦、美味しかったです。^^

テーマ : 写真日記
ジャンル : 日記

淡河蕎麦街道

蕎麦と言えば、山深い山間部が名産と昔は思ってた。

若い頃は、オフロードバイクにのってたので、よくキャンプ道具をもって林道ツーリングをした。

その時の印象が強いのか? そんな思いを持っていたけど。

最近では、播磨地方でも蕎麦の栽培が盛んです。

志方地方、そして今回の淡河です。

たかたんは、淡河地方を選びました。

なぜなら、淡河の道の駅で地元産の蕎麦粉を使った十割蕎麦を食べれるから。^^

何年か前に島根県の松江に旅をした時に蕎麦打ち体験をした時に、そこの人が

「な~に。蕎麦粉って言っても、ここも出石も山形県産の蕎麦粉を使ってるんだよ^^」

「消費量に見合う生産ができてないんだよ。^^観光事業だよ。」などと、教えてくれたことがあり。

なんだか、地元産の蕎麦粉だけ言うのが魅力的で。^^

でもね、地元産だからと言って、山形県産だからと言って、味が変わる訳でもないんですが。^^

到着は、丁度お昼時だったので、畑の位置を確認後にすぐに道の駅に行きました。土曜日だったので

駐車所も満杯だったけど、さっと停めて食堂へ。

券売機で食券を買う。「天ざる特盛:1300円」を選んだ。♪

もちろん、蕎麦が特盛を期待して。^^ ♪

しかし、来たのは副食が特盛で。。。。。肝心の蕎麦は並盛で期待はずれ。(泣き)

おまけに量が多いので苦しくなった。^^

そんな昼食を済ませ、畑にゴー♪

蕎麦の白い花で白い絨毯♪♪♪

んで、いつものように高い所に行った。

2010-10-02-01.jpg

。。。。。。うねに沿って植えてるので、これじゃあ白い絨毯風に見えない。→(よく考えずに高い所=絶景など

との構図が頭から離れない。たかたんの発作的高度の結果です。)

これは、イカンいかん遺憾と思い。歩く。下に見える畑を目指し。

しかし、見えるのだが、道なりに歩けば歩くほど畑から遠のき田んぼの地区に入ってしまう。

そこで、強引に道なき道を畦を歩き到着した。

ちかれた。^^

2010-10-02-05.jpg

むふ。ここで白い絨毯を撮るのである。♪^^

2010-10-02-06.jpg

2010-10-02-07.jpg

2010-10-02-08.jpg

どうも、あの背丈の高い花が目につきます。

2010-10-02-09.jpg

2010-10-02-10.jpg

挑戦すること、数十枚。ようやく。ムフ的が撮れた。^^♪

そして、飽きた。^^

2010-10-02-11.jpg

クローズアップだなと思い。どれを撮ろうかななどと思ってると、意外にミツバチが多いのに気が付いた。♪

2010-10-02-12.jpg

蜂蜜専門店に行くと蕎麦のハチミツがあったような。

美味しいのかな?

テーマ : 写真日記
ジャンル : 日記

新舞子海岸

ここも、好きなところです。

海岸と言っても、ネコの額ほどの小さな干潟です。

ここは、2月は綾部山の梅、5月になると潮干狩り、夏は海水浴でにぎわいますが、それ以外は

ガラ~~ンとして、周りのお店も閉店してる。

でも、駐車場は無料となる。^^

それとここは、年末当たりですかね。高台からここの干潟に移る朝日を撮りに沢山の写真家が集まります。

一度、行ったんですが。。。。前日から三脚で場所取りなんぞしてるみたいで。^^

入り込む隙間がなかったのを覚えてます。^^

たかたんは、そこまでこだわらないので、アッサリと朝日は諦めましたけど。

んでも、写真マニアといいますか、こだわりのある方は「うわ。。。すご。」です。

と言うか、そこまでして。。。。。と怖い気持ちですが、作品造りとなると、そんなものかもかです。^^

2010-09-17-09.jpg

2010-09-17-11.jpg

これでも、十分に満足なたかたんです。^^

2010-09-17-12.jpg

2010-09-17-14.jpg

今回で、果たして一体ここに何回着てるのか数えたことないけど、今まで、気が付かなかった事がある。

波紋の形状が違う所がある。

今まで、ほへぇ~~として眺めてだけなので、今の今まで気が付かなかったけど、したの砂質ですか

それによって、波の波紋でできる形が少し違うんだな。^^などと、いまさら写真を見て思った。

2010-09-17-17.jpg

2010-09-17-18.jpg

見える島。小豆島に行くときにフェリーで間近に見た。♪

ちょっと、嬉しい気分。^^

2010-09-17-19.jpg

一人で、ぼけぇ~~と眺めてても、飽きないです。

2010-09-17-20.jpg

もう一度、波紋を撮る。^^

2010-09-17-23.jpg

足跡。^^

誰が、何を思って、ここに来て何を眺めたんだろうか??

足跡一つで、色々なことを思ってしまう。^^

2010-09-17-24.jpg

2010-09-17-26.jpg

遊歩道の方に行ってみる。

2010-09-17-25.jpg

夏の忘れ物。

多分、女子かな。

おかあさんに、怒られなかったかな。?

この帽子一つでも、色々なことを思ってしまう。

ベンチに腰をかけて、お茶を飲んで、持って来てた本を読もうとすると、

カップルがいた。

どうやら、たかたんの存在が迷惑そうなので退散した。

テーマ : 写真日記
ジャンル : 日記

コスモス

今年は、夏の暑さの為に秋の花の開花時期が変わっているようです。

彼岸花と思ってたら、どうやらコスモスも場所によっては、終わりに近づいてる気配も

そこはかなとなくあるような感じになってきました。

たかたんの周辺のコスモスは、休耕田をりようして植えられてるので毎年、同じ場所に咲くとは限らないんです。

去年、あったからと喜んで行ってみると。。。。。ない。そんな悲しいことを繰り返してます。

そんな中で、写真を撮った所と、違う所が目的で車を走らせてると。

なんとなく目に入ってきたコスモス畑がありました。

2010-09-21-32.jpg

2010-09-21-42.jpg

後ろの東屋が気に入って、止まりました。

東屋と思うと、枯れたのが目立つ。。。

コスモスなど、何処にでもある。^^

などと、この時はまだまだ余裕だったんですけどね。

もしかしたら、今年はこのまま終わるかもなどの予想も成り立ってきた今日この頃。

2010-09-21-33.jpg

東屋をバックに、粘ってみるけど、どうもうまくいかないです。^^

なので、

2010-09-21-34.jpg

赤いコスモス。

最近では、ちょっと変わった色のコスモスがあるので、それを探してるんですが、どうも見つかりません。

2010-09-21-36.jpg

「仲良し」なんて。^^

2010-09-21-37.jpg

2010-09-21-38.jpg

オーソドックスに。

2010-09-21-40.jpg

同じピンクでも、これ中の色が濃いの好き。^^

2010-09-21-33.jpg

2010-09-21-53.jpg

やっぱり、白とピンクが定番です。^^

2010-09-21-45.jpg

でも、この濃い色のも捨てがたい。

2010-09-21-46.jpg

結局、コスモスに早く帰りなさいと車に誘導されました。

2010-09-21-54.jpg

鉄塔。^^

田んぼの真ん中に連なる鉄塔も好きです。

テーマ : 写真日記
ジャンル : 日記

しつこく彼岸花^^

しつこく彼岸花である。

彼岸花を意識して道を走ってると、以外や以外で結構ちこちで咲いてるんですよね。^^

群生とまで、行かなくても十分すぎるボリュームがある所も地元周辺でもかなりありました。

こうなってくるとですね。どこで、写真を撮るかですよね。

迷ってしまう。^^

でも、結局は自分の思い入れのある場所になってしまうんですよね。^^

それは、やっぱり初めて彼岸花を意識した場所です。

思い出の場所、そうサイクリングで疲れ果てた時に目に飛び込んできた場所なんです。

ボリュームはと、言いますと。そんなになんですけど。

初めて見たときは、少し時期的に遅かったので、かなり枯れてるのもありましたが日が西に傾きかけてて

凄く綺麗だな。

たかたんも、どうやら一輪の花を愛でるような事ができる心を持てたのが嬉しかった。

そんな記憶のある。

加古川の場所です。

2010-09-29-01.jpg

ここで、初めて赤の花びらに白い淵があるのを見た。

でも、このタイプはあまり珍しくないのが今年、解りました。^^

結構ある。

2010-09-29-02.jpg

2010-09-29-03.jpg

2010-09-29-07.jpg

彼岸花と空。

これ撮るとき、水元公園のオッチャンのアドバイスのように長靴があれば。。。。などと思ってしまった。^^


2010-09-29-04.jpg

2010-09-29-05.jpg

2010-09-29-06.jpg

今年気が付いたんですが、彼岸花の雄蕊って綺麗。

でも、雄蕊のある彼岸花って咲いてすぐの時のしか見られないようです。

知らなかった。新発見した気分。^^

やはり加古川は、北部に比べて早くに咲いたようで、どうもかれてるのが目だってきてるので。

彼岸花って、枯れると見れないです。^^

再び北部の多可町に行った。

2010-09-29-08.jpg

北部は満開だったけど。。。。こうなると赤い絨毯みたいで。^^

ここは、やっぱり3色の花が揃った所がいいです。

2010-09-29-15.jpg

2010-09-29-16.jpg

う~~ん。こうして見ると、「チューリップ」の歌の替え歌になりそうな。^^

こうして3色のおそろいの所を収めると、やはり彼岸花らしい風景を求めてしまって歩き回った。

彼岸花=田んぼの畦=川の土手そんな構図を勝手に描いて、歩いた。

2010-09-29-12.jpg

川の土手じゃなくて用水路の回り。^^

2010-09-29-14.jpg

稲と。

2010-09-29-17.jpg

稲刈りが終わった田んぼの回り。

2010-09-29-18.jpg

2010-09-29-19.jpg

田舎の情緒的な風景を求めて。と、自分では思ってる。^^

2010-09-29-20.jpg

2010-09-29-21.jpg

コスモスと彼岸花。^^

テーマ : 写真日記
ジャンル : 日記

雨上がりの彼岸花

今年は、なぜか彼岸花を追いかけ数回にかけて同じ場所を巡った。

考えてみたら、サラリーマン時代には彼岸花など知らなかった。

もともと、草花などは目に入るだけで花の名前など桜、チューリップ、バラ、ユリ等の代表的な花しか

知らなかった男がである。

こんな男が、彼岸花と言って各地を奔走するのである。滑稽な事である。

写真教室が終わった後に、コミュニュケーションと称しての飲み会の席で、たかたんが「彼岸花を撮りに

奈良、広島に行きたい。♪」そう申し述べた事が、発端だったような気がする。

そんな発言をすると、なにやら先輩がニヤニヤ笑いながらアルバムをたかたんに渡してくれた。

そうである。たかたんの行きたい所は、すでに先輩方が行ってるのである。

「うわあ~~。すげえ~~。」などと思ってると、先輩の中の中心人物、リーダー的な人から

「あのな。兵庫県はな、自然が豊かな県でな、わざわざそんな遠くに行かなくてもいいんだよ。」と、

教えてくれた。

家に帰って早速、PCで調べてみると。ある。確かにあるのでる。

2010-09-22-01_20101005090205.jpg

2010-09-22-02_20101005090205.jpg

2010-09-22-16.jpg

2010-09-22-17.jpg

2010-09-22-23.jpg

2010-09-22-26.jpg

これだけの種類の彼岸花が一同に咲いてる所があったのである。^^

その先輩に「自分なあ~~、江井ヶ島みたいな、いい所に住んでるんやから毎日、江井ヶ島や明石の周辺で

写真を撮ったら、いいやんか。わざわざ、遠くにお金を使って行かなくても、もっとその気になって地元を

見たら、いいもんが一杯あるで。^^」などと、ありがたいご指導を受けもしました。

確かに、その通りなのである。

今、明石に住んでるとは言え、明石に来たのはつい、3年ほど前。第二の人生の為に選んだ地です。

まだまだ、地に足が着いてない状態です。知らない事ばかり、なのです。^^

2010-09-22-30.jpg

普通、彼岸花と言えば赤です。

白と黄色があるのを知ったのは、去年。彼岸花自体をを知ったのは、ここ明かしに写り住んでからの

ような気がするです。

後、赤の花びらに白い淵の入ったのが、たかたんの知ってる彼岸花の全てです。

今年は、全てをカメラに収めようと思ってました。

でも、彼岸花の写真って難しいです。

ブログを通じて、色々な人の写真を見ると。。。。「うまいなあ~~。どうやって、撮ったんだろう???」

などと感心しきりで、比べると自分の写真が、なんだか恥ずかしい気分にもなるけど。

いいのです。^^自己満足は得られるので。^^

話は意味不明的に飛んでしまいますが、ここでは、なんと変わった色の彼岸花を発見しました。

5枚目のです。薄い紫色ともピンク色とも言えるなんとも言えない色です。

夢中になって撮りました。

2010-09-22-39.jpg

2010-09-22-40.jpg

2010-09-22-43.jpg

写真教室で、唯一覚えた事、雨上がりがいい写真を撮れる。

確かに、雨上がりの水滴が自分で、いいと思って納得してる。^^

しかし、昔は水滴も撮るのが難しかったことを思えば、ちょっとは上達したのかもです。

考えてみたらコンデジ時代から考えると機材にかかってる金額だけでも、ちょっとは写ってくれないとです。^^

今年、初めて見た赤トンボ

2010-09-22-36.jpg

2010-09-22-52.jpg

むふ。遠くにフットちゃんが。^^

2010-09-22-54.jpg

赤と白のコラボですか、紅白饅頭的にも見えるけど。^^

しつこく、播磨近辺で彼岸花を回ったので、明日もその次も彼岸花となります。^^(多分^^)

もしかしたら、晴天を利用して無謀な計画を遂行してアップできないかも。^^

扁桃腺次第かな。^^

あまりに同じような写真を沢山、撮ったのでもう、自分ではどれを掲載していいのか解らない状態に陥ってます。

まあ、写真を見分ける目がないんですね。^^

テーマ : 写真日記
ジャンル : 日記

小豆島旅行記(その11)

とうとうこの旅行記の最終回です。

長かった。^^

最後は、もちろん船からの夕日、夕景です。

船から見る夕日って、また格別ですね。

なぜに、ああも見とれてしまうんでしょうか?

2010-09-08-87.jpg

2010-09-08-89.jpg

2010-09-08-88.jpg

これが、太平洋とか大海原だったら、大口径レンズで迫力出さないと間が抜けたようになるかもだけど

瀬戸内海は、行きかうう船島が目を楽しませてくれる。

この時ですね、望遠や偏光レンズなどは全部、車の中だったのがちょっと、残念だったけど。

夢中で撮りました。

2010-09-08-90.jpg

2010-09-08-91.jpg

この当たりで、大分光を抑えることが出来、落ち着いた感じになりました。

と、いいますか自然にそうなったんですが。^^

2010-09-08-95.jpg

姫路発の小豆島行きです。

2010-09-08-96.jpg

そう。たかたんとしては、どっちがいいか選びがたいんで両方を乗せちゃいます。

2010-09-08-97.jpg

これんなんか、今で思えば。やぱっり、望遠ですよね。^^

2010-09-08-98.jpg

この日は、前日と違って雲に光のグラデーションはなかったけど、落ち着いた夕日をじっくり見れた。

2010-09-08-99.jpg

それぞれの思いとスタイルで夕日を臨んでた。^^

2010-09-08-100_20101004083826.jpg

最初の写真から見ると同じ日なのかなどとも思うけど、同じ日のほぼ同じ場所から見た夕日です。

最初は、元気がいい感じで、だんだんと落ち着いてきた感じでした。

テーマ : 写真日記
ジャンル : 日記

小豆島旅行記(その10)

どうやら、大分良くなってきたようです。^^

朝は、かなり熱も下がってるんですよね。

それに気を良くして日中に少し動くと。。。。。夕方になると、どか~~んと発熱のパターンが

続いてる今日この頃です。(泣き)

今日は、雨になりそうな日曜日なので家で、ゆっくりと過ごします。

昨日なんどは、晴れ。^^ これは、いかん。などと、蕎麦畑に行きまして、後悔しました。

帰りはフラフラ。^^

などの近況です。

今日は、小豆島フェリーです。

行きは写真どころじゃないギリギリに時間だったのですが、帰りは、ちょうどいい時間でした。

「ふねタダプラン」の証明書に手違いがあったようで、乗船手続きにかなりの時間がかかりましたが、

無事無料となりました。^^

2010-09-08-78.jpg

意味があるかないかは解らないけど、これを撮りたかった。小豆島フェリーに乗った証拠。^^

これを撮ったときに気が付いたんですが。

2010-09-08-79.jpg

リヤカー。なぜにこのような物が何台も置いてあるのか?謎です。

最近、時々見かけますが、リヤカーを引いての旅人用ですかね??

謎が残る光景です。

実は、フェリーに乗ったときは、たかたんはかなりのグロッキー状態だったんです。

100909_1706~01

船内でヘバルたかたん。

妻が、上のデッキに上がると言っても、しばらくこの状態でした。

ちょうど、前に座ったラブラブカップルにあてつけられ更には老夫婦のだんな様が、

「なんじゃ、この船は弁当がない(怒り)」などに嫌気がさしまして上のデッキに上がりました。

そうそう、たかたん初登場ですが、日中の活動中のたかたんです。

100909_1231~01

妻の携帯で撮影です。むふ。50才台には見えないのが自慢。でも、かなり太りました。はい。^^

2010-09-08-80.jpg

これ、撮りたかった。ほんとは、もっと情緒的に撮りたかったけど。。。^^

どうも、あれですね。

やっぱり、後部が小型のフェリーだといけませんね。もっと船の形がなどと、贅沢を思う。

たかたんでした。

考えたら、んにゃ。考えなくても、この時間にフェリーを予約したのは、船上からの夕日が目的だったんです。

あのまま、船室でグッタリなどなんと、愚かなことをして過ごそうとしていたのか。

出て、良かったです。

2010-09-08-81.jpg

上のデッキには人影もマバラ。^^

写真を撮りやすい。むふむふ。でした。^^

2010-09-08-82.jpg

最初が、イマイチのような気がしたので、再挑戦したけど、やはり同じようなもか。^^

2010-09-08-83.jpg

でも、首を横に振れば夕日が。^^

疲れも、何もこれからの30分ほど、再び夢中の時間となりました。


テーマ : 写真日記
ジャンル : 日記

プロフィール

たかたん

Author:たかたん
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
Basic Calendar
<09 | 2010/10 | 11>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
ブログランキング
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。