スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

更に山を歩く。

え~~。山と言っても低山です。^^

昔は、アルプスなどの山行に備えて、この六甲山系で過重負荷にしてよく歩きました。

特にアルプスへの練習場は、黒岩尾根など初心者では少しハードな所で練習をしてましたが、

ここは、森です。林かもですが。

道もよく整備され歩きやすいです。

2010-11-11-13.jpg

洞川湖のまわりは、フラットで歩きやすい。

2010-11-11-18.jpg

こんな所もあります。

至る所にイノシシのヌタ場と呼ばれる所があるけど、この道でイノシシに遭遇したことは無いです。

ここは、もっぱら夜中にイノシシが活動するんだと思います。

夏の夜などは、よくドライブで走ってる時にいのししに遭遇した経験があります。

また、もう少し六甲山に近くなると、昼間でもイノシシと遭遇する可能性が高くなってきますが、

まあ、ここではイノシシに遭遇する危険は、ほとんど無いです。

2010-11-11-15.jpg

光と影が、なんだかたかたんにカメラを使わせたけど、全部ボツとなりました。

2010-11-11-17.jpg

そして、これ。

あわや、ボツとなる運命が、カメさんがいるから。

合格などと、後での写真整理も楽しい。^^

一応、デジカメですから画面で確認はできるんですが、細かい所までは、やはり解らないので、

家に帰ってからのお楽しみでした。



スポンサーサイト

テーマ : 写真日記
ジャンル : 日記

歩いては止まり。

昔は、歩いては止まりなどしなかった。

大体の歩行時間を決めて何キロあるかとか、地図とコンパスの使い方の練習などをしてたけど

山道をカメラを持つと変わる。

「お!」となると、止まる。

そして、カメラを向ける。

2010-11-11-06.jpg

ここで、無謀な挑戦を試みた。

それは、500mmを手持ちで上向きで使ってみた。

止まって、荷物を降ろして、レンズ交換。落とさないように超慎重に。^^

しかし、1.4kgあるレンズは、重い。

左の腕が、プルプル震える。何枚か撮ったけど、手振れ補正があっても手ブレがあった。^^

でも、楽しかった。^^

2010-11-11-10.jpg

これは、家でPCに落として見て。

「ん?なんじゃこりゃ。ボツ」と、しそうになった所をよくよく見ると

「ほおぉ~~。そういだったのか^^」で採用。

大体、たかたんがアップするしないを決めるのは、こんなもんです。^^

2010-11-11-11.jpg

2010-11-11-12.jpg

やっぱり、風景ってなると、このように単純明快なのが、いいな。^^

などと、思うんですが。

そこが、ちょこっと写真を齧るとですね、一丁前に「写り込み」などとの言葉を覚えると、なぜか妙に

水面とかも、気になるんですよね。^^

そんでもって、俺ってちょっと、写真やってるもんね。♪

と初心者の自己満足となります。

今回でも、かなり写り込みを撮りました。

ちょっと、自分でもいいな。^^などと思ってるの物ありますから、また乗せて行きます。♪

久しぶりに、この山を歩いてみて、なぜか自分が帰ってくるところは、やっぱりここだな。

って、そんな感じがして嬉しかった。^^

テーマ : 写真日記
ジャンル : 日記

たかたん山を歩く。♪

う~~む。。。風邪を引いたようです。

下を向けば、鼻水が落ちる。だからテッシュで鼻をかむ。鼻の周りがヒリヒリする。(涙)

昨日の夜、妻に「アンタ、熱があるやん。^^」の一言でノックアウトです。

それまでは、気のせいで済ましてた訳ですが。

事実を突きつけられると、もはや気力も無くなりました。^^

絶好のカメラ日和的な日に お家でじっとしてるたかたんです。

月曜日が怖いです。^^

今年。紅葉の時期になったら、ここにあそことななどと、かなり胸算用をしてたんですが、イザ。

紅葉の季節となりますとですね。

地元中心となりました。地元と言っても、明石ではなく神戸の六甲山です。さらに細かく言いますと、

たかたんの得意とする西六甲山系です。

植物園でも書きましたが以前、この辺りに住んでたので、お金の無い若い頃には

休み毎にはこの辺りに弁当持ちで着てたので、菊水山から六甲山山頂に至る辺りの地理には詳しいのです。

なぜ、六甲山と思ったのか、それは教室で高山植物園に来たからですね。

自分的には、いいな。^^などと思える写真もあったのですが、紅葉となると、まだ納得がいかなかった。

あの、作品展で見て、たかたんの心に焼きついたような写真を撮りたいなどと。

ず~~と、思ってた。

そこで、ふと、はった!と思い出したのが、ここ。

神戸教育植物園の手前に洞川湖と言うのがあります。湖となってるんですが、治山工事の一環でできた池です。

ここから、再度山へ抜ける道すがらに、ハイカーだけが楽しめるもみじの名所があることを思い出した。

全く地理が、解らない人には、ん???なんだとなるんでしょうが。

そんな訳で、久しぶりにこの辺りに足を踏み入れることにしました。

適当に車を道に置いて(駐車場はありません。)山間を抜ける間道なので地元の知ってる人しか通らないので

通行の邪魔にならない所に車を止めます。

久しぶりなので、このコースの表玄関から行くことにした。

2010-11-11-01.jpg

いきなり、綺麗な紅葉がお出迎え、♪

しかし、袂には、車が置いてあるので、写真は制限されてしまった。

まあ、出だしは快調なのだ。^^

そこで、ふと。

単純な疑問が。

森と林のの違いって、何なんだろうか????

う~~ん。深いな、などと自分で納得しながら

2010-11-11-02.jpg

いきなりの登り道。。。。「そうだ、ここを避けてた理由を思い出した。。。」

カメラザックでは、無いのである。

ウエストバックにもなるショルダータイプのバックに三脚を括りつけて、更には500mmを肩から掛けてる。

妙に、バランスが悪いのである。

うげ。と、思ったが後の祭りである。

2010-11-11-03.jpg

昼なお暗い所もある。

そんな道を、ヒイコラヒイコラ歩いてると

2010-11-11-05.jpg

むふ。

こんな、シーンを見つけた。

洞川湖は、フナかコイかはしらないけど、池釣りを楽しむ方の秘かなポイントなんです。

木陰から、垣間見える。

さてさて、かって知ったる道を先を急ぐだ。

と歩き出す。

テーマ : 写真日記
ジャンル : 日記

山ガール

え~~。タイトルとは、全然関係がないんですけど。^^

この23日のことです。

実は、22日は教室で昨日の写真を提出した日だったんですね。

当然なかがら、帰りは一杯となりました。

普通ならそれで、皆さん解散となるんですが、その日は違ったんですね。。。。

意気投合した人と三ノ宮の飲み屋街に突入で帰りは終電近くになりました。

そんな訳で、その日の夜のご飯の予定である「カツ丼」は翌日となったんです。

しかし、翌日は妻は仕事で、お泊り。。。。

つまり、一人でトンカツを作れと言う訳です。

「下ごしらえは出来てるからね。^^」などと言われても、そんな事したことないたかたんはトンカツ作りに

挑戦したんです。

まあ、それで調子に乗って、年甲斐もなく2枚もトンカツ食べたものですからね。

食べた後は、超満足。♪

しかし、その後苦しくて悶え苦しんだ夜中となりました。。。。

ブログのチェエクも出来ずに寝込みました。

うん。やっぱり暴飲暴食はよろしくないようですので、こらからは気をつけますです。はい。


それで、本題です。^^

今、なんだか、山ガールって流行ってるとかのルニュースの特集や雑誌で見ます。

そう、テレビや雑誌で見てるだけだったら、

「ほおぉ~~」で終わるんですが、実際に目にしますと

解らない。

写真を見て、そお~~とうな日にちが経って、やっと解った次第です。

たかたんも、一応は山をやってましたから、それなりの服も装備も持ってますが、変わりましたね。^^

オシャレ。♪ ^^

しかし、女の人は、いいな。。。

服でも、なんでも何も言わずともメーカー側が、オシャレな物を出してくれます。

んじゃ、どんなもんかいな。

見せてみたまえで

2010-11-08-33.jpg

こんなんです。

大体、一昔前だったら、女性が一人で山にはいるなどは、よほどの山好きだないといなかったのですが。

今は、凄い。

六甲山だって、バカにしてると遭難して凍死や滑落もある山です。

たかたんも、西六甲と有馬地区は地図が無くてもわかるけど、東側はよく解らない所だらけだから、必ず登山地図

、コンパスを持つんですが、どうなんでしょうか??

まあ、深く考える必要ないか。^^

2010-11-08-18.jpg

楽しくが、一番です。

それにしても、オシャレです。^^

むふ。

一人で六甲山に行こうっと。♪





テーマ : 写真日記
ジャンル : 日記

高山植物園、提出しようかなの写真^^

どうも、イマイチ自分的には気にいったのと

そうでないとのが混在するんですが、一応テーマ的には芸術祭のアートもありますんんで。

2010-11-08-02.jpg

これって、アート=芸術ですか????

どう見ても、景色をジャマしてる不要物にしか見えないんですが。。。。

2010-11-08-16.jpg

たかたんのお気に入りは、コレ。^^

でも、先生はこの系統は、あまり好きではないんですね。^^

んでも、ちょっと自信作だし自分の好きな物を主張するだ。!

「おう!!」

2010-11-08-31.jpg

次がこれ。^^

2010-11-08-35.jpg

その次がこれ、この写真は高山植物園に入った、一番最初の写真にあるところの一部です。^^

これぐらいになると、先生は撮影技法がバッチリなら興味を示すんですね。^^

しかし、相手の好みを考えて提出すると言う姑息な。^^

いやいや、これが大人の世界です。^^

2010-11-08-37.jpg

もう、こうなるとアート超えて、表現のしようがないけど。

コレは、面白かった。

この人、開園からず~~と、ここにぶら下がっていて、誰にも相手にされなくて寂しかったって言ってました。

写真教室のメンバーが群がるの俄然、その存在感が出て、他の見学者さん達にも見られるようになって

喜んでた。^^

その他のおまけで

2010-11-08-38.jpg

これは、激しい先輩がたとのポジション争いに負けたのです。。。。(泣き)

予定では、モデルとなってくれた女の人の顔をもっと下から上へのアングルで大きくアップにして

奥のミノムシちゃんを入れる予定でしたが、残念な結果とあいなりました。^^

2010-11-08-17.jpg

こんな可愛いのもあった。^^

これは、ちょっと後ろの葉っぱが強すぎて失敗だけど。^^

こんなんなら、意味は解らんでも、納得できるんだけどな。^^

テーマ : 写真日記
ジャンル : 日記

まだまだ神戸六甲高山植物園

しかし、ブログのタイトルの手抜き加減。^^

思い浮かばない。普通に高山植物園(その1)とかにしたら良かったと思うけど、これでもいいや。^^

さて高山植物園の続きです。

飽きないのである。

大体、たかたんをこんな所に連れてくると、一日中いても遊んでるだ。

高山植物園は入園料が要ります。元を取るんだ。などと。^^

普通の植物園も入園料がいるんだけど、まだ昔の感覚でタダだと思い込んでるんで。^^

高山植物園には、ホール・オブ・六甲だったかな。隣接してオルゴールミュージアムがあるんです。

どうも、たかたんにはそこの入園料が以外に高かったイメージがあったのと、過去に住んでた所から

すぐに西六甲の山系に入れるのでここにまで来る必要性がなかったので、あまり来た事が無い所なので

たかたんいは、珍しいです。

今回も、時間があればオルゴール館とかも行きたかったのに。。。

行けなかった。。(クスン)

いいもん、また一人で行くもん。♪

妻も誘ってみよっと。^^

でも最近、妻は冷たし。。。やっぱり一人かな。^^

などと、前置きが長くなりました。

2010-11-08-32.jpg

あっちから見て、こっちから見てと、まさに子供ですね。^^

そろそろ、大きく撮ったのもなどの登場となります。

2010-11-08-21.jpg

2010-11-08-22.jpg

2010-11-08-23.jpg

2010-11-08-24.jpg

どうも、真っ赤な紅葉より朱に染まる前や黄色い状態のに目が行ったんです。

黄色い色とオレンジに気を取られすぎて、

「アッ。赤も撮らなきゃ。」

てな訳で、赤も撮ったんですが。。。^^

気持ち的に、その気がないのは、ダメですねえ~~。どう見てもボツでした。^^

テーマ : 写真日記
ジャンル : 日記

まだ神戸六甲山高山植物園

今年は、本当に紅葉が綺麗だと思った年です。

色つきがいいとか、そんなんじゃないんですが、気持ちの持ち方ですかね。^^

遠くに紅葉の名所に行っても、見る側に気持ちがなかったら感動とか満足感は味わえないんだなって、

初めて解った。

それに、忘れた。

俺って、神戸で生まれて育ったんだ。仕事で神戸の地を離れて暮したこともあるけど、俺って神戸が好き。

そして、この六甲の山が大好きだったことを思い出したんです。

今は、明石の海辺の漁村に住んでるけど。

暇があったら、リュックに弁当持って六甲の山を歩いてた昔を鮮明に思い出した。

2010-11-08-19.jpg

懐かしい山の感触。

2010-11-08-15.jpg

2010-11-08-14.jpg

須磨浦公園のあの遊具のように、きっとたかたんがいなくなっても、残ってるんだろうな。

そう、ず~~と残って欲しい。

などと、ちょっと感傷的になったりして。^^

2010-11-08-26.jpg

光と影って綺麗。

でも、撮るの難しい。。上手く撮れない。これでも、このショット一枚のために6枚ほど、

設定を変えて撮ったんですが、どうも奥のイメージが違うようになったので、ボツとしようとしたけど^^

たかたんの思いが入ってる一枚で、捨てがたい。^^





テーマ : 写真日記
ジャンル : 日記

神戸市六甲山高山植物園

話は、11月8日(月)に遡ります。

この日は、写真教室の教室での作品発表会でした。

ず~~と前の明石漁港での写真を提出して、先生に見て頂く日でした。

そして次の撮影実習地の打ち合わせなどをする日だったんですね。

次の撮影実習は、神戸森林植物園だったんですが突然、先生から提案がありました。

「え~~。次の予定は森林植物園となってますが現在、高山植物園で芸術祭が行われています。もちろん、紅葉も

十分に堪能できます。」と。

そんな訳で、急遽実習地が変更となったんです。

ここは、一般の交通機関を使うと不便なので、車で行くことにしました。

車を使うとなると、実習後のお楽しみ会は無しとなるのが、たかたん的にはシュンでしたが、

いやあぁ~~良かったです。^^

楽しかったぁ~~♪

2010-11-08-01.jpg

これは、ゲートを入ってすぐの所。

先生的には芸術祭の前衛的アートが目的だったようだけど、たかたんは前衛的アートなど見ても、意味不明?

なにこれ???的なものですから。^^

どうしても、自分の好みに偏るんです。

2010-11-08-04.jpg

2010-11-08-05.jpg

久しぶりに三脚を多様しました。

この日は、後期の最初の実習でしたので新しい人が入ってきてたので、先生はその人達に付きっ切りです。

たかたん的には「うげ」です。

なんせ、たかたんはあんなに丁寧に教えて持ってない。不公平じゃないか。(怒り)

などと、ブツブツ言ってると、先輩に

「お前な、入ってきた時からある程度できてから、人に合ったように教えてるんや。^^」

「なんやったら、あっちのグループに行くか^^」などと、慰めのお言葉を頂きました。

なんか、納得したようなそうでないような。^^

まっ、いいかです。^^

今回は、たかたん好みのフィールドなんで、ブログのタイトルと同じくルンルン気分だし。^^

一応、与えらた課題の撮影は、適当に済まして、自分好みの物ばかり撮ってました。^^

大体、こんなことしてるから先生に見捨てられるんですが。^^

それにしても、綺麗な紅葉を堪能できました。

と、言うことは物凄い数をの写真を撮ったんですよね。^^

どれを、アップしたらいいのか、解らない状態でブログに突入してるんですが、出来るだけ沢山アップしたい

ので、もしかしたら見飽きるなどの現象もあるかもです。^^

一応、次の提出分は、決めたので次の機会にアップするとしてですね。

このまま、放っておいたら永久にお蔵入りになる物から、アップして行きます。

2010-11-08-06.jpg

むふ。今回は、カップルを見ても、羨ましいとか、イラとは、しないのです。

暖かく見守ることが出来たのです。^^

ともかく、どこを見てもいい。

撮りたい。楽しい。♪

そんなことで、一人でフラフラしてますと、どうやら皆さんからはぐれてしまったような気がしたけど

気にしない。マイペース。^^

で、三脚にカメラを載せたまま、あっちにフラフラこっちにフラフラと、「お!綺麗」と目に付いた所で、

パシャリ。

まだ明日も続きます。^^


テーマ : 写真日記
ジャンル : 日記

五色塚古墳

ここは、初めて訪れると言う訳ではないです。

たかたんも、一応は長い間、神戸市市民でしたんで、過去にここに一度や二度くらいは訪れたことはあるのです。

でも、新鮮な気分でした。

まず、入れ口に行くと、事務所で見学手続きをなどと書いてある。

「・・・・・・」もしか、したら見学料金がいるのかな????

見学料金がいるんだったら、イアヤだな。。。。

人間とは、なんとも勝手な者で、見学料金と言っても多分200円~300円ほどなのであるけど無料だと思ってて

突然に料金が必要だと思うと、なぜかイヤな気分になるのである。

考えてみたら、カメラ欲しいで20万円。望遠レンズ欲しいで、再び7.5万などなど、使ってるお金は

数えればキリがないのに、ワンコインを惜しむ愚かな気持ちになってしまう たかたんなのである。

意を決して事務所に入る。

名前と住所の記入だけで無料でした。^^

更には、パンフレットをくれて、今の垂水区での遺跡のイベント資料もいただけた。

なんと、素晴らしいことであるか。^^

さっきまでの、暗い気持ちは何処かに飛んで行き、「これだけ物なんだから、保持協力費で200円くらい

頂いたらいいのに。」などと、ここでもたかたんの現金で単純な気持ちになる。^^

2010-11-02-28.jpg

さっそく、見学というか、この古墳からの景観を楽しみに行きました。

最初は、この階段。

2010-11-02-29.jpg

階段を上がると再び階段。円墳の方に上がるのである。

2010-11-02-30.jpg

「みよ、この素晴らしい景観!」とは、行かないけど。^^

晴れてたら、きっと素晴らしいであろうです。^^

2010-11-02-31.jpg

2010-11-02-33.jpg

前方後円墳は円の方が高く作られてる。

円墳の周りには

2010-11-02-32.jpg

埴輪が、グルリと飾ってあったようです。

しかし、ですね。なぜ、こうだったと解るんですかね????

話は全く古墳と変わりますが、恐竜の化石からの復元とかも、なぜに化石の主はこんな姿だったんだと

解るのかが、いまだに不思議で謎である。たかたんなのです。

きっと、その筋の人に伺えば、何やら難しい理屈と理論に検証結果などで言われるんでしょうが、不思議です。

2010-11-02-34.jpg

下に下りてみる

後ろから、前を見てみる

2010-11-02-36.jpg

かすかに、前方後円墳だと解る。

そして、この後ろには、山陽電車とJRが走ってるもので、鉄道写真などと、ちょっと頑張ってみましたが。。。

全部、ボツ。廃棄しました。^^

テーマ : 写真日記
ジャンル : 日記

神戸市垂水区の五色塚古墳を目指して♪

さて、山陽垂水の駅で駅蕎麦で、お昼ご飯にしようと須磨浦公園駅より電車に乗った。

ほんの3駅ほどである。待った時間の方が長かったのです。^^

改札を出て、「駅蕎麦!駅蕎麦!」と見るが、見当たらない。。。。。(涙)

それでは、商店街に行ってみる。マクドナルドとかのファーストフード店はあるが、蕎麦屋はない。

うどん屋があったので、仕方がないから、これで手を打つか。。。と、思ったけど。

必ずあるはずだと、駅周辺を歩き回った。

アッタのである。♪

ちゃんと山陽垂水駅に^^

単に、たかたんが見落としてただけでした。^^

さっそく、券売機で食券を買って、エビ天蕎麦とオニギリ一個で470円。^^

やっぱり、駅蕎麦は庶民の味方であるなどと喜んでた。^^

しかし、後で解ったのですが、普通の天麩羅蕎麦にしてたら、もっと安かったのです。

お腹が空いててたから、そこまで見てなかった。^^

お腹が満たされたので、フト思った。

そうだ、垂水区には古墳があるのだ。♪

行くのである。

山陽垂水駅から一駅。「霞ヶ浦」で下車。

標識に沿って歩くと、それは見えてきた。

古墳と言えば、超有名どころは仁徳天皇凌だけど、この神戸の垂水の五色塚古墳もその規模の大きさでは

負けてないのである。

(実際には仁徳天皇陵に行ったことも見たこともないけど、勝手にそう思ってるたかたんです。^^)

そもそも、古墳とはなんぞや?

まあ、お墓ですよね。

縄文、弥生、飛鳥、古墳時代と歴史年表にあるような多分古墳時代時代に作られた、誰かのお墓。

お墓と思えば、気味が悪いので、歴史的な遺跡見学と日本人お得意の言葉のすり替えをすれば、少しは

心も和し気分も楽に楽しめる。大体、お墓を楽しもうとすること事態が不信心だけど、たかたんは

不信心な人間だからいいのである。^^

2010-11-02-37.jpg

この五色塚古墳、行ってから「しまった。」と思った。

大きすぎて、写真一枚では、全く何かわからないのすね。

このブログを読んで下さってる家で、チラリとでも興味を盛ってくれる人がいるなら、上の写真で古墳の全体像

したの写真で、神戸市の教育委員会の開設の看板を見てくだされば、ありがたいです。

2010-11-02-38.jpg

山陽電車の霞ヶ浦駅から少し歩くと

2010-11-02-26.jpg

このように古墳の後ろの方から見えてきます。

大きいです。小高い丘みたい。ここからの見晴らしは、期待できそう。^^

再び胸に夢と期待を膨らませて歩く。なんせ、単純なので。^^

テーマ : 写真日記
ジャンル : 日記

海釣り公園周辺

ゴツゴツした石を歩いてると。

2010-11-02-16.jpg

こんな感じの所です。

目に付いた物が

2010-11-02-12.jpg

カモメ。^^もしかしたら、ウミネコなのかも知れないが鳥です。

良く写真を見てると、茶色いのがいるけど、果たして同じカモメなのかな?

まだ、ヒナなのかもですけど。

2010-11-02-13.jpg

こちはら、良く見ると首を後ろに羽の中に突っ込んでる。

この日は風が強いので、こんなことをしてるのかな?

などと、思ってしまう。

たかたんは、あまり目がよくないので少し距離があったので、見えなかったけど、カメラを通す目で見ると

色々と不思議を発見できるのも一つの楽しみでもあります。^^

自分の足で歩いてみると、今まで電車に乗っていて不思議に思ってた謎が解けた。

その謎とはですね。

夏場になると、この突堤のところで、人が寝転んでるんですね。まあ、日に焼く為でしょうが

たかたんは、どうしたらあそこに行けるの?などと、長年にわたり不思議に思ってたんですが、

この海釣り公園に通ずる地下道を渡れば行けるんだと♪

なんだか、スッキリした気分。♪

風が強いのでもっと、カモメを撮りたいと思ったけど、引きかえし反対側に行って見た。

2010-11-02-17.jpg

「おお!」である。

意味不明だけど、「おお!」なのである。

しばし、見とれた。

しかし、長時間いると浜風が冷たく感じる。

お腹も空いてきた。

そうだ、山陽垂水駅で駅蕎麦を食べよと閃き一路、駅へと向かった。^^




テーマ : 写真日記
ジャンル : 日記

神戸市須磨区海釣り公園

お昼ご飯は、後回しにしてせっかく、ここに電車で来てるんだからと、前々から見学したかった所に向かう。

しかし、非常にムダの多い歩き方をしたものである。

敦盛塚の前に生み海釣り公園に寄っていれば、再び同じ所を歩かなくても済むんですが。^^

まあ、誰にも文句を言われることもないし、気の向くままです。^^

2010-11-02-10.jpg

やってきました。♪

とにもかくにも、初めて来る所は、何だかワクワクする。

行動2号線の下に地下通路がありこれで、海釣り公園に向かう。

遠目にも「活魚販売中」と言うのが見えるので、どんな魚を売ってるんだろうかなどと、期待は膨らむ。

活魚だから、きっと生きてる魚の事なんだ。

と、言うことはです。

水槽とかで、生きてる魚がいる。=水族館のような感じなどとルンルンである。たかたんであったが、

その夢と希望は、すぐに掻き消せれてしまった。

「本日休演日」の看板が無常に見える。。(ぼ~~ぜん。)

2010-11-02-11.jpg

この時は、まだまだ夢と希望に満ち溢れてた。

まるで、民主党の政治と同じである。

かんたんに、夢も希望も打ち砕かれてしまったのである。^^

しかし、たかたん諦めない。

見れば、何時も電車から見ていて不思議に思ってた所へ行けそうなんですね。^^

現金な物で、それがわかった事で、ちょっと機嫌がよくなった。^^

2010-11-02-14.jpg

しかし、たかたん的にはこの、タワーに未練が一杯。

綺麗な砂浜とはいかず、ゴツゴツした大きな石で波消しで侵食を防止してる海際を歩きながら

2010-11-02-15.jpg

やっぱり、恨めしく見てしまう。^^

まるで、二度と訪れる事ができない地であるかのごとく。

そう、その気になれば何時でも来れるのでる火曜日を避ければいいのである。

つでに、須磨山上遊園地、展望台とこの海釣り公園は連動して休むのである。

こうして、たかたんは一つ学んだのである。

これだけでも、収穫です。は、成熟した大人の考えですが、たかたんは子供である。

海に向かって「ばかやろおぉ~~」と、叫ぼうとしたけど、周りに釣りをしてる人が気になって

心の中でちょっとだけ叫んでみた。^^

テーマ : 写真日記
ジャンル : 日記

須磨浦公園、もう一つの変わらぬ物。守って行くもの

え~~。話は、タイトルと全く無縁なんですが。^^

最近ですね、妻のブログ友達の方から、とあるDVDを頂いたんです。

妻に「これ、見てみ^^」などと、言われまして、見てビックリ!

それは、たかたんのブログの映像化してくれてたんです。^^

4月の桜の頃の京都に、亡き両親の永代供養をお願いしてあるお参りを口実に、生まれて初めての桜の頃の

京都を訪れた時のブログなんです。

他のブログサイトから、こっちに引越ししてきて間もない頃の、まだカメラの使用もプログラムモードで

喜んでた頃のなんですが、なぜか自分の物とは思えない感動で。^^

ゆえに、この動画を、このブログにアップしたい!。

と、思いつつ。。

どうしたら、いいのか解らん。^^

ヘルプを見たら、なんとなく出来そうな感じもあるし、でも、動画って容量が大きいし。。。。

失敗してパソコンが、また壊れたら泣くし。^^

更には、今のは超安いのを買ってるし。。。。

でも、しかし、何とかしたい気持ちで一杯です。^^

さてさて、グチったのでスッキリと言うことで。^^

2010-11-02-06.jpg

これです。

なんの変哲もない像です。

2010-11-02-07.jpg

更には、何の工夫もない写真。^^

丁度、この時、公園の清掃作業があって、清掃用の道具とかを避けるとこうなりました。^^

でも、このアングルが昔の白黒の古ぼけた写真の中にあったんです。

清掃作業の邪魔になっては、いけないと、慌ててたので一体、何の銅像なのかも確認するのを忘れてた。^^

またまた出直します。

そして、気になるのが神戸市海釣り公園なんですが、腹ごしらえと、前々から目つけてた蕎麦処に向かった。

しかし、休みであった。。。。

うわ。。。昼ご飯。。。。(涙)

などと、思ってると。なにやら、聞いた事があるような案内板がる。

2010-11-02-20.jpg

「おお! これがかの有名な敦盛塚」

平家物語は、最初の一行を読み出してパスしてますが、確か最初の行は。

「「祇園精舎の鐘が鳴る」」だったような。^^

そう、ここは源平合戦時の一の谷合戦の古戦場でもあるんですね。

この敦盛塚があることさえ知らなかったです。^^

んで、この敦盛って平家の人なんだろうけど、調べたら解るか。^^

ほんとに、こんなものです。たかたんは。^^

手を合わすのも忘れてた。^^

でも、この敦盛塚も大切に何時までも残して行きたい所ですね。

さあ、海釣り公園に行くだ!

そうです、海釣り公園も須磨浦公園ロープゥエイも連動して休みだったんです。

しかし、まだこの時は、そんなことは全く知らずに意気揚々と海釣り公園に向かいました。



テーマ : 写真日記
ジャンル : 日記

須磨浦公園に来た訳

今の日本って、ですね。

何年か前に来たことあるなどと思ってても、全く様変わりしてる。

なんて全然、珍しくないことです。

いい例が、たかたんの生まれ故郷の神戸の兵庫です。

あの震災で壊滅的打撃を受けた所ですが、震災後はガラリと変わってしまって。。。

子供の頃の記憶の面影が全く、ないんですね。。。

だから、あまり神戸の家には帰りたくないんです。

道もです、確かぁ~。昔、走ったことがある記憶があっても、付け替え工事やバイパスが出来てたなどで、

まあ、忙しいことで何年も同じ景色があることの方が貴重な今の世の中ですが、

最近ですね、実家の整理じゃあないけど、妻がたかたんの母から預かってたアルバムの中にこの須磨公園が

あったんですね。

40年ほど前の写真です。

その写真と、まったく変わらずに、とある物がここにはあるのです。

むふ。それが目的で、やってきました。

2010-11-02-03.jpg

その変わらぬ物とこの写真の関係。

一体、なんの関係があるのか?と、問い詰められますとですね。

「いや、あの先頭の保母さんが、可愛かったから。」などと。^^

いやいや違うんです。ちゅっとは、関係あるかもだけどです。

実は、この集団は大いに関係あるんです。

これは、ピンチだったのです。

電車に気を取られてる間にピンチが迫っていたのです。

焦るたかたん。(汗^^)

じゃあ~~ん。

2010-11-02-04.jpg

2010-11-02-05.jpg

むふ。これです。^^

40年前と変わらぬ物。

これで、たかたんが小さい時に遊んでた写真があった。

懐かしい。

ん? しかし、たかたんには遊んだ記憶さえ無いんですが。^^

なぜか嬉しい気分。♪

しかし、焦って。。。あわてていたのです。ゆえに構図も何もなしに撮ってしまったけど。

そうです。

2010-11-02-08.jpg

2010-11-02-09.jpg

これがピンチだったのです。^^

この子達が群がる前にと、焦ってしまいました。^^

この遊具は、昔々から子供達の大人気です。

何時から、ここにあったのかは知らないけど、40年以上も前から、子供達を見守ってくれてたこの遊具。

何時までも、ここにあって欲しい。

なぜか、そんなほっこりした気持ちになれた。^^

テーマ : 写真日記
ジャンル : 日記

電車って、カッコイイ。

写真を撮る人には、鉄道マニアなどの人もいて電車ばかりを撮る人もいるようです。

たかたんはと、いいますとですね。

なんでも、いいんです。^^ はい。

まだ、これをと決まってないんですねえ~~。

今は、たかたんが自分で気に入った物があれば、なんでもありです。^^

2010-11-02-24.jpg

これを家でパソコンに落として見たとき。

「おお!電車ってカコイイ ♪」

何か解らないけど、上から見た天井のゴツゴツした感じがいいのである。

などとなりまして、ちょっと電車を撮りに行こうかななどと思ったりして。

主に山陽電車ですけど、ローカルでJR加古川線や第3セクターの北条線、姫新線もいいかなどと思ってます。

しかし、この事を家で妻に言いますと、ですね。

「ねえ~。電車の写真を撮りに行くって言ったじゃない。」

などと、妙なプレッシャーがかかりますので、家では心の奥底にしまって置くことが必要であるかも、

と、思いつつ。

つい、妻に喋ってしまった。

案の定の反応に、困るのである。

一応、たかたんにも予定があるのである。

毎日、日曜日的に生きてはいるんですが、それはそれなり予定があるんです。

と、言いたかったけど。

「うん。」などと、お返事してます。今日この頃です。^^

2010-11-02-25.jpg

最近は電車もバスも、はたまた飛行機も派手な色で鮮やかです。^^

さてさて、こんなことをしてら何の為に須磨浦公園にやって来たのかとなるので、

電車は、適当に切り上げまして目的の所に行くのです。^^

テーマ : 写真日記
ジャンル : 日記

山陽須磨浦公園駅

悩むのです。

紅葉のシーズンが終わってしまう。

その後、高山植物園に、神戸の教育植物園周辺などで、アホほど写真を撮ってるんです。^^

しかし、日付から行けば、こっちが先だし。

あんまり、このスマウラシリーズは出来映え的には。。。。。良くないんですね。^^

失敗写真の連続となったんですが。^^

んでも、まあ。

たかたんの日記だしね。

今月の後半から高山植物園に入れるようにすればいいか。季節感がなくなるけど。^^


11月2日のことです。

天気予報では晴れとのことだったので、カメラを持ち電車に乗って須磨浦公園に行った。

でも。。。。天気予報のウソつき。。。確かに晴れ間は、あったけどね。(シクシク)

なぜか、最近はカメラを持っての外出のタイミングが悪いのです。

前日に天気予報を見て、「よし!行くのだ♪」と、意気込んだ日に限り。。。曇り。

そして用事を入れてる日に晴天、秋晴れ。。。。

ちょっと、ウジウジと落ち込みそうなのである。^^

しかし、カメラを持って出たのである。ただで帰る訳には行かないのである。

2010-11-02-01.jpg

山陽電車の須磨浦公園駅です。

のどかな、田舎の駅的な雰囲気があります。

ここは、気候の良い日には大勢の人が訪れます。

しかし、駐車場が狭く、平日なら車で来ても問題なく駐車出来ますが、気候のいい時期のお休みの日などに

なりますと、駐車場が開くのを待つ長い車列が国道に出来ます。

また、六甲縦走の出発点でもあります。

2010-11-02-22.jpg

駅の上に覆いかぶさるようにある須磨浦山上へのロープゥエイの駅。

あれに乗って上に行くんだもんね♪

と、この時はまだ、ロープゥエイも山上遊園地も休みなのだとは、全く知らない。たかたんであった。

2010-11-02-02.jpg

ここ駅は、トンネルの向こうに行き止まりの引き込みがあって、よく電車が待機してます。

ちょっと、これっていいんじゃない。^^

などと、たかたん思い。

待つことにした。

テーマ : 写真日記
ジャンル : 日記

森林植物園 その他の紅葉

家の前の少年自然の家の桜の木が、大分紅葉が見ごろに成ってきました。

そう、もみじだけが紅葉じゃあないみたいなんだけど、どうして紅葉と言うともみじなんでしょうかね???

素朴な疑問なんですが。

信州辺りでは、行った所が関係するのかもしれないけど、紅葉と言うより黄色のイメージがあるんですが

それにポプラなんかも黄色ですよね。

なのになぜに

紅葉=もみじ  と、なるんでしょうか?

他の色つく木が可愛そうだ。

などと思って他のも探した。

2010-10-29-21.jpg

2010-10-29-22.jpg

2010-10-29-24.jpg

アッ。銀杏もいいな。♪

などと、いきなり閃いた。

しかし、イザ銀杏だと思うと思い当たるところが浮かない。。。

うう~~。

銀杏をがすだ。

2010-10-29-01.jpg

これって、銀杏かな???

解らないけど、どこかで銀杏とポプラ探そっと♪

テーマ : 写真日記
ジャンル : 日記

神戸森林植物園 もみじ

あまり紅葉が進んでないので、もみじだけが紅葉じゃないんだもんね。

などと思うが、やっぱりもみじを撮りたいのです。

実はですね、とある発表会で見た写真が、たかたんの心に焼きついてるんですね。

どうしても、そんな写真を撮りたいなどと思ってたんですが、

実際には無理なんです。

そう、無理なんです。

いや、成せば成るじゃないか。

そんな弱気なことでなどと叱咤、激励されても無理なんです。

キッパリ。

この間、妻にですね。

「こんな写真を撮りなさいよ」などと、アッサリ言われたんですが。。。。。

短焦点レンズがいるんですよね。

たかたん、持ってないもん。^^

だから無理です。

しかし、マネはできる。

2010-10-29-17.jpg

2010-10-29-19.jpg

マネといっても、ほど遠い感じ。^^

まだまだ修行しなければ。^^

テーマ : 写真日記
ジャンル : 日記

神戸森林植物園 長谷池の写り込み

なぜ、長谷池に来たのか。

それは、鏡のように水面に移る紅葉。

しかし、実際には、そうは問屋が卸さないですか。

大体、いい写真を狙いを決めたらですね、何時間も更には何日もかけて一枚の写真を作品とする物です。

などとの、お説教をいただきそうなぐらいに安易にそのような場面を撮ろうと思ったのが間違いでした。^^

2010-10-29-12.jpg

こんな物しか撮れなかったです。

紅葉は、もはや捨てた。うん。

2010-10-29-14.jpg

こっちの方がいいのであるなどと。^^

移り気の早い たかたんである。^^

いや、切り替えが早いとの訂正します。

うん。

2010-10-29-15.jpg

これが、長谷池を選んだ理由です。

とる場所は限定されると思いますが、時間などを工夫すれば、いい写真が撮れると思うんですが、

たかたんには、まだまだそこまでの域に達してないという感じです。

ともかく、カメラを持って出ることが楽しい時期です。

はい。^^

テーマ : 写真日記
ジャンル : 日記

長谷池のネコじゃらしの親分

意気揚々と、長谷池に向かったものの、やっぱり紅葉は、まだまだ残念でした状態でした。

むむ。。。。むむ。。。 これでは、いけない。 いけないのである。

入場料の元を取って帰らねばいけないのである。

しばらく失意であったけど、まあ。いいか。などと開き直って見てみると。

むふ。^^見つけた。♪

2010-10-29-04.jpg

その辺りにあるネコじゃらしに比べると倍ほどの大きさです。

植物の名前は、もちろん知りません。^^

が、結構綺麗なんです。

2010-10-29-06.jpg

こんなのを発見すると俄然、楽しくなります。^^

2010-10-29-07.jpg

結構、いいじゃないなどと、ルンルンである。

例によって、相当数の数を撮ったのですが、どうも最近の悩みのタネでカメラの設定がイマサンのようでした。

2010-10-29-05.jpg

スッケチをする人。

チラリと覗いたんですが。 上手でした。

これで、気を取り直してわずかばかり紅葉してるのを目掛けて移動を開始した。^^

2010-10-29-08.jpg

先の池には少しばかりの紅葉がある。^^

テーマ : 写真日記
ジャンル : 日記

神戸森林植物園

10月も終わりのある日のこと。

そろそろ紅葉の季節だもんね♪

などと、手近で地理にも詳しい神戸の森林植物園に行った。

もちろん、紅葉を期待してだ。

昔は、この周辺に住んでいたので、植物園にプライベートで車で行くことなど、公式行事でもない限り

車で行くことはなかった。

何を言いたいのかと申しますと、ここの入園料って高いじゃないですかです。

大人300円 駐車場料金500円(一日)  ん。別に高くはないか。^^

しかしである、昔は地元民の知恵と工夫でハイキング道から無料で入場してた者には高いと思います。

でも、お金を払って入場するとですね、やはりいいことはあるものです。

2010-10-29-02.jpg

このような便利な所が、近いのです。

無料でハイキングコースから入場するとですね。ここにたどり着くまでに、家にかりたくなるのです。^^

さんざん、登り道を登って、更にまだ登り道は疲れるのである。^^

この日は正式入場ですから、この雰囲気を十分に味わいました。

奥に見えるのはカフェ兼森のレストランです。

ちょうど、お昼時だったので、ここでお昼を食べました。

ランチと言うようより蕎麦定食みたいなものですが。^^

昔は、休憩所だったのが、随分立派になったものだな。

などと思いながら、写真を撮った。

2010-10-29-03.jpg

雰囲気は、いいのである。

2010-10-29-25.jpg

こんな所で、ロマンチックにお茶などを飲むのもいいかもなどと、空想の世界にふけった。^^

どうも、紅葉は期待出来ない。まだまだ時期尚早みたいだったけど、せっかく入場料を払ったんだから

などと思って期待はしないけど、ともかく長谷池と呼ばれる所に行こうと思いスタスタと歩いた。

下りだから楽チンである。^^

長谷池は、紅葉の時期、この植物園での最大のスポットだと思います。

池に写る紅葉を期待して池に行きました。

テーマ : 写真日記
ジャンル : 日記

加古大池を歩いてみる

この日は台風直前でした。

今年の秋は、もう日本晴れがないんじゃないか?

そんな暗い気分を持ってましたが、つかの間の晴れ間が見れそうなので、ともかくカメラを持って外にでた。

お目当ての稲美の水道橋は探すことが出来なかったけど、あまり気にしてない。

この加古大池に来て、空を見上げると不思議な雲が目に付く。

2010-10-26-09.jpg

南北に伸びる雲。

これって前線って言うのかな?

でも、珍しい。^^

面白い。

水道橋の変わりに

2010-10-26-05.jpg

これで、満足などと。^^

石の橋って、やっぱり何か雰囲気がいいなと思う。

でも、時期が時期だけに池の水が少ないけど。^^

また、いつでも来れるから。いいかです。

2010-10-26-14.jpg

こんな風邪が強い日に無理して歩いたのは、これ。^^

前々から撮りたかった。

たかたん、満足。^^

ここからの夕景もよさそうな気がする。

うん。夕景も来てみよう。

そんな事を、チラリと頭に浮かんだりして。



テーマ : 写真日記
ジャンル : 日記

加古大池

2010-10-26-01.jpg

ここは、稲美町の最大のため池です。

稲美町は日本で一番、ため池が多いそうです。

この播磨は、古くから開けていた所でこの稲美町は、海より少し内陸になります。

ここは、昔から水不足に悩まされてた所なので、ため池が多いと聞いた事があります。

また日本で最初に葡萄の栽培も手がけたとかで、看板だけが残ってます。

今回、訪れた加古大池は、コスモスの時に訪れた天満大池とは一味、違うため池でこの景観は、

たかたんの好む所です。

家からも、20分ちょいですか、近くにあり散歩にはちょうど良い所です。

2010-10-26-02.jpg

どんよりと、曇った日が続いていたのですが10月26日は、晴れ間が出そうな気配だったので

印南の水道橋を探して家を出たのですが、結局は解らずにここに来ました。

そして

2010-10-26-03.jpg

なんと、この池ではウインドサーフィンが出来るんです。

この日は、台風直前で風が強く、スイスイと気持ち良さそうに水面を滑って行く様子を見てました。

日差しも、ほんのり柔らかくいい午後の散歩タイムかな思ったけど、ここは少し高台になってるので風が

強く帽子が飛ばされたりして。帽子はクリップで服の襟に止めてあったんですが、止めてるクリップが壊れました。

2010-10-26-13.jpg

この池は、こんな感じの池です。^^

ちょうど、ジョギングや散歩に丁度いいです。

2010-10-26-04.jpg

池は二つに分かれていて大きいほうの池の真ん中には浮島があって小さなお宮があります。

夏には稲美町の花火大会の会場にもなります。

風邪が強いけど、ちょっくら散歩がてらに歩いてみます。

テーマ : 写真日記
ジャンル : 日記

舞子駅周辺

JR明石から須磨辺りまで、JRと山陽電車が並走して走っているので鉄道ファンには堪らない所なんだそうです。

山陽電車の路線には提携した阪急電車、阪神電車も走ってます。^^

これも、提携した直後には鉄道ファンのカメラマンが押し寄せた記憶がありますが、まだ根強い人気が

あるようで、よくポイントで三脚を立ててまた構えてる人を見かけます。

たかたんも、その内に挑戦してみようかな?などとも思います。

2010-10-23-42_20101101213404.jpg

駅えの歩道橋を渡ります。

2010-10-23-43.jpg

昔は、この当たり一帯が松林だった名残です。

須磨浦公園もこの松林が残されてます。昔の資料を見ると明石も海辺は松林だったようです。

そう大体、播磨の海辺は美しい松林であったようです。

百人一首のも、その美しさを歌った歌があったような気がします。

2010-10-23-44.jpg

さてさてJRの南側のエントラスから、横断歩道で公園に行けるように整備されてます。

2010-10-23-45.jpg

歩道橋を半分まで渡ってみた。^^

ここにロッテリアを発見したので、ちょっと一休みして、たかたんの乗る山陽電車の駅と向かいました。

テーマ : 写真日記
ジャンル : 日記

山陽舞子駅へ

この周辺って、橋が出来るまでは、ひなびた感があったような感じだったけど、今は凄いです。

再開発って奴です。

再開発も、成功してる所と、失敗してる所があるようだけど、ここは元々、土地が狭いだけに、変に大規模な

店舗棟などがなく。うまく地域に溶け込んだ開発が成功例のような感じに見えます。

2010-10-23-46.jpg

この舞子から高速バスで淡路に行く底流所があるんですねえ~~。^^知らなかった。

2010-10-23-47.jpg

JRの駅です。

2010-10-23-48.jpg

そして、我が山陽電車。♪

これで、江井ヶ島に帰るのだ。^^

テーマ : 写真日記
ジャンル : 日記

移情館周辺

この周辺でカメラを持ってたら、きっと写す被写体には困らないです。

2010-10-23-38.jpg

家族で遊ぶ。^^

こんな光景やカップルでシットリの図が至る所で見れる。

2010-10-23-39.jpg

う。うらやましい。。

たかたん。結婚してます。妻は好きです。はい。

でも、しかしです。

こんな所で一人でカメラを持って歩いてるとですね。

なぜか、カップルを見るとイライラするんですね。

特に美男美女のカップルだと余計に。。。。。

なぜなんだろうか???

不思議です。

2010-10-23-40.jpg

走る少女ですか。清々しい光景。

2010-10-23-41.jpg

少し歩くと、更にカメラを構えたくなる。

きっと、何回来ても、同じ光景を撮ると思うけど、いい景色です。^^

しかし、たかたんの精神衛生上を考えると好ましくない状況が右にも左にもある状況なので

JRの駅の方に向かいました。

テーマ : 写真日記
ジャンル : 日記

移情館

考えてみたら、灯台下暗しとはまさに、こんなことかもなんだけど。

この舞子の明石海峡大橋の公園には去年、初めて訪れました。

目の前は、よく通るのに不思議です。

一度、来るとなぜもっと早くここに来なかったんだろうと思うえるスポットです。^^

この舞子側の橋台部に来ると目に入るのが

2010-10-23-33.jpg

この移情館です。

この建物は昔、たかたん達は六角堂と読んでました。

立ち入り禁止で荒れ果ててた感じでしたが、この明石海峡大橋と共に見事に蘇ったようです。

立ってた位置も違います。もっと西側だったと記憶してます。

ここは、孫文記念館としての機能もあるようですが、いまだに見学はしたことないです。

だって、入管料金がいるので。^^

それにしても、この舞子周辺の変わりようは驚くばかりです。

確かに、昔からこの舞子の浜はデートスポットでしたがね。

更にパワーアップした感じがします。

更に、この大橋のおかげで、景観もいい感じ様変わりしたと思います。

2010-10-23-34.jpg

こんなサインがアチラコチラにあります。

このサインもセンスいいです。^^

2010-10-23-36.jpg

2010-10-23-37.jpg

この移情館と橋が作る景観がなんとも言えない景色を見せてくれます。

ちょっと、贅沢なそんな感じを受けます。

しかしですね。ここには最初の写真のごとく、カップルがレジャーシートなどを敷きのんびりと優雅に過ごしてる

うらやましい光景が、そこはかにあります。

中年いや高年の男一人には、ちょっと目の毒かもです。^^

とは言え、色々な方が昼下がりの午後を楽しんでます。^^

たかたんも、負けずとベンチに腰をかけてノンビリした時間を過ごしました。

テーマ : 写真日記
ジャンル : 日記

明石海峡大橋

2010-10-23-230JPG.jpg

このように写真スポットがあるとは、まさに灯台元暗しであった。

前回に来た時は、車で来たのでここまで来なかったのです。

話は、少し前に戻り

2010-10-23-26.jpg

先の浜を出て国道沿いにでて少し歩くとこの歩道橋に来ます。

ここを行けば

2010-10-23-27.jpg

どわあぁ~~んと、大迫力の景色が目の前に広がる。この橋のどでかい橋台に圧倒されます。

2010-10-23-28.jpg

スタスタと歩いていくと、橋の科学館がある。たかたんのことだから当然、入ろうとしたけど。。。。。

中には、子供達がうじゃうじゃいたのでパス。

2010-10-23-29.jpg

これは、橋のメインロープの太さの実物大を模したベンチ。

2010-10-23-30.jpg

向こうに六角堂(現在は移情館:孫文記念館)が見える。♪

そして大迫力

2010-10-23-31.jpg

2010-10-23-32.jpg

2010-10-23-35.jpg

三連ちゃん。♪ ^^

残念なのは、やっぱり天気ですね。

青空が欲しい。

最近ですね、曇り空での撮影に悩んでます。

f値と露出度の設定にさらにはISOの設定などで悩みまくってますので、青空が欲しいです。

晴れてたら誤魔化せるなどと。^^

曇りの日はもろに腕の悪さがでます。(涙)

んな訳で、きっと出直しますです。

テーマ : 写真日記
ジャンル : 日記

舞子浜

いよいよ舞子に近づいてきました。

今まで、車では通った事はあるけど、自分の足で歩くのは初めての場所って、やっぱり子供の頃の大冒険を

してる感じがして、たがが3kmほどの道のりが奇々怪々、物珍しくて、楽しくて。^^

前々から気になってた所に来た。

2010-10-23-20.jpg

ここ。

ここは、車で走ってて信号待ちの時に、気になってた所です。さあ、行くのだ♪

しかし、なぜに車止めがあるのか解った。^^

いきなり、急勾配の坂で、いきなり海。しかも積み石で護岸されてる。危ないのである。

下に降りると

2010-10-23-22.jpg

おお、明石海峡大橋が目前に♪

2010-10-23-21.jpg

こんな所で釣りしてる人がいる。暫く眺めてると、イイペースで小さいけど魚を釣り上げてる。

ではではと思いカメラを構えると釣れないんですね。んで、カメラを下ろすと釣れる。。。。

結局、タイミングが合わなかった。

2010-10-23-23.jpg

そして、これが現存する最後の舞子の浜だと思う。

もう、わずか3mほどしか残ってない。

元々、須磨の海水浴場を過ぎると明石までは、護岸工事で防波堤でほとんど浜が残ってないこの当たり

昔から舞子の浜と言ってたけど、幻の浜だったけど、ほんのちょぴり残ってた。^^

2010-10-23-25.jpg

この坂を上れば、いよいよ明石海峡大橋が目前にある。

振り帰れば、これまたいい感じ。^^

さてさて、明石海峡大橋の袂に行きますか。


テーマ : 写真日記
ジャンル : 日記

国道2号線の南に隠された道発見♪

浜に出ようとして、コンクリートの防波堤に阻まれ、元の道に戻ろうとしたときに発見した。

隠された道。

そこに住んでる人達には当たり前でも、たかたんは齢50年以上を生きて、そして車に乗り出して30年。

もはや数え切れないほど、この国道2号線でこの当たりを走っておきながら、初めて知った。

一本国道を入れば、そこは防波堤と思いきや、人家の集落があった。

2010-10-23-17.jpg

神社にお参りする、お婆さん。

なんか、ほっとする光景です。

日本に一体どれくらいの数の神社、仏閣があるんだろうか??

ほんの少し歩けば、神社、仏閣があるこの国。

凄いと思った。

だれか、数えてる人いるんだろうかな?きっと、居るでしょう。きっと、凄い数があると思う。

そんな妄想にふけって歩いてると

2010-10-23-18.jpg

おや、まあ。

こんにちわ^^

人を、まるで珍しい物をみるような目で、じっと見つめるワンちゃん。

2010-10-23-19.jpg

そして見つけた。

この先は、感動のあまりに写真を忘れました。^^

なんと言いますか、海に生きる人達の家といいますか、家から海に直結の家々。

おお!と、思い見てて写真を忘れてしまいました。^^

次の機会に撮るんだ。うん。

テーマ : 写真日記
ジャンル : 日記

プロフィール

たかたん

Author:たかたん
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
Basic Calendar
<10 | 2010/11 | 12>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
ブログランキング
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。