スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

美ヶ原(その2)

この美ヶ原は、その名の通り美しい所でした。

トレッキングなどを織り交ぜると、とても一日で楽しむのは不可能だなと途中で感じた。

そしてこの美ヶ原美術館は、写真を志す人間にとっては、涎がでそうなほど被写体に困らない。

いや撮影意欲が湧く所でした。^^

自然と造形物の組み合わせが面白いのです。

また、この日は適度にいた見物の人達が、凄くいい画面構成になったのです。^^

(と、自分で勝手に思ってます。^^)

2011-10-18-018.jpg

まずは、ともかく浅間山だと思える方面を超広角で撮る。

最近は、あまりズームレンズを使わなくなってきた。

きっと先生の影響も強くあるのかだけど、望遠はよほど目的がハッキリしない限り使わなくなりました。

むふ。この写真の車の中にたかたんの車もあるのだ。^^

たかたんの遊び心です。

2011-10-18-020.jpg

2011-10-18-021.jpg

自然と異質の組み合わせって、よく言われたけど、やっとなんとなく意味が解ったような気がしたたかたんです。

北側は、このように雲が出てかなり危うい状態でしたが南側はまだまだ晴れており、なんと言ったらいいのか

こんな綺麗な青空を見たのは、きっと初めてじゃないかなと思えるほどの美しい青さだった。

ならば、この綺麗な青空を生かさない手はないのであるなどと一人で妙に納得して。

2011-10-18-022.jpg

2011-10-18-023.jpg

自分では青空を生かしたつもり。^^

2011-10-18-019.jpg

人物を交えて。

ここの保守の人達が休憩してる何気ない一枚だけど自分的にはメッセージ性のある一枚かななどと思ってます。

この日は人影がまばらだっただけに人を少し交えるだけで風景写真もかなりいい感じになるのでは。

などと、その時、本当に思ったのか思わなかったかは、今や不明ですが自分では凄く写真が撮りやすかった。

このあと、むふむふと思わず鼻を鳴らしてしまいそうな被写体発見♪

どなど、まだまだ続きます。





スポンサーサイト

テーマ : 写真日記
ジャンル : 日記

美ヶ原(その1)

白樺の林を抜けて暫く走ると、美ヶ原の道の駅に着く。

この旅に出る前に写真仲間と一杯してる時に、「美ヶ原」に話題が出たので良く覚えてると言うか、自分が

行こうとしてる所から、美ヶ原が非常に近いとは、白樺湖に行ってみるまで全く知らなかったたかたんである。

じつわ、行く前に松本市、上田市の観光課にメールをして各種の観光パンフレットを入手してた。

ガイドブックを買うより安上がりで確実である。

でも、その大きな二個の封筒の中を見て、ちゃんと計画などしていなかった。

この美ヶ原も、実際には宿の人に聞いて行ったのである。

宿の人に相談すると「天候が安定してるから上田市や松本市内観光よりビーナスラインをドライブして

美ヶ原に行くほうがいい」とアドバイスを貰ったのだ。

これは、バッチリのアドバイスだったと思うし、行って良かったと思う。

さて、白樺の林から車を出す時に、ナビで一応チェックすると道の駅があるのを確認したので

そこに向かうことにした。

2011-10-18-078.jpg

道の駅に到着して最初に目に飛び込んできた景色である。

画面構成が二分の一になってしまい写真的には価値はないけど、記念にはなるかなと思ってる。^^

でも、頭で解ってても、画面構成が二分の一に良くなるんですよね。^^

道の駅に着いて、一番にした事は、トイレ。^^ほんと。。。。歳が行くと。。。トイレが近くなる。

それから、北側の景色を眺める事が出来る展望台に行くが。。。。。。。。。。。。。。

北側は、凄い雲が出てる。

晴れた日なら、浅間山が見えるそうであるが、何も見えない。。。

困った。どうしようか。途方にくれるたかたんの図である。

おみやげ物など見て買っても、渡す相手などいないし。。。。

まっ、いいかでここの美術館に行くことにした。

たかたんは、美術、芸術に疎いのである。といいますか全く解らないです。

余談ですが、つい最近にカメラ教室で神戸の芸術祭「ビエンナーレ」が課題になりましたが。。。。。

たかたん的には、「なんなん、これ。????別に綺麗でもないし何を表したいのかもわからないし

芸術って、意味不明の事なん??」などと、心の叫びをしていました。

課題だから撮るけど、全くイヤイヤ、やる気無しでした。^^

しかし、ここは凄かったのである。

展示してある作品事態は意味不明の物ばかりだったけど、ここは凄かった。♪

さてさて、余談が長くなりましたが、入場料を支払い通路を通ると。

美ヶ原美術館は、なんと野外美術館でありました。まあ、こんなことも知らずに行くのだから。^^

いかに無知であるかである。^^

2011-10-18-079.jpg

通路を抜けて振り返ると、そうかここは、フジサンケイグループなのかと妙に納得してしまった。

2011-10-18-016.jpg

まず、目に付いた。

きっと、写真、カメラに興味が無いとこんなもに目もくれないはずだけど、悲しいかな目が行ってしまった。

更に良いことに人が少ない♪ あの悪魔のような団体観光客も特に中国や韓国の観光客がいないのは、

最高に良いことなのである。^^

ふんふんと、チョットご機嫌で歩きカメラのシャッターを切る図です。^^

2011-10-18-082.jpg

いよいよ入場なのである。

今回は、いい写真がないので

入ってすぐに目に付いた物を。^^

2011-10-18-017.jpg

これも、ボツにする予定でしたが、まあ良いではないかです。^^








テーマ : 写真日記
ジャンル : 日記

やった白樺林だ!

10月18日の朝食後、宿の回りを歩いてみた。

なんだか面白い橋があるらしい。

確かにあった。^^

2011-10-18-002.jpg

何か、絵になる感じ。♪

上から見てみる。

2011-10-18-006.jpg

う~~ん。いいじゃない。^^

などと、喜び琴の音のするほうに歩く。

綺麗な紅葉でした。でも、写真は白とびでおじゃんとなりましたけど。

ともかく、鹿教温泉の街をグルリと歩いた。

でも、これが結果的に災いになってしまった。

宿に帰って、本日の目的の美ヶ原、ビーナスラインへの出発が大幅に遅れ10:00頃になってまった。

でも、この時はまだ何も解っていないたかたんであった。

県道62号にはいり、途中で牛を放牧してるのを見て止まりなど楽しんで走ってた。

道は、だんだん険しくなり山道♪

むふ。楽しいのだなどとルンルンで走ってると。

次第に白樺の木が多くなってきた。

なんだか、嬉しいのである。

白樺湖では、期待はずれといいますか自分的には肩透かしをくらった気分だったので、白樺の木が多くなると

嬉しいのである。

白樺の木は、関西では見ることが出来ない木。

そして、小さな頃、両親に連れられ信州に行った時。母が言った言葉をうっすらと覚えてる

「白樺の木は、寒い所でしか育たない」そんな言葉だったと思うけど、何時しかたかたんの中では憧れの木に

なってた。

白樺の木が多くなってきた頃に丁度、車を停めるスペースを発見した♪

2011-10-18-010.jpg

良いのじゃ。^^などとニヤニヤしながら。

普通なら風景を撮る時に悩まされる電線もないのである。

奥まで白樺の木。たかたん嬉しくて、来て良かったと思った。^^

ふと、見ると射光線で木の陰が綺麗に出てる。

2011-10-18-011.jpg

2011-10-18-013.jpg

2011-10-18-014.jpg

う~~む。いくら撮っても代わり映えしない事に、ようやく気が付くが飽きないのである。

たかたんが、車を停めて写してると後から来た車の人も車を停めてカメラを構える。

3台の車が止まってカメラを白樺の方に向けたけど、たかたんが最後まで粘ってたみたい。^^

2011-10-18-012.jpg

空は青♪ 空を入れてみる。

2011-10-18-015.jpg

もう少しアングルを変えて。

満足したので、美ヶ原に向かい再び出発。





テーマ : 写真日記
ジャンル : 日記

白川郷

信州は長野に行って気が付いた。

車で走ってると、道路標識に「高山と」書いてあった。

「あっ。俺、この春に飛騨高山に行ったんだっけ」

なにぶん、ぼおぉ~~としてて無気力な時期であるからして、未だに写真の整理もしてなかった。

写真も整理するほどの物がなかったと言うのが今、見て正解なような気がするけど

お蔵入りにしてしまうのは、もったいないので。^^

信州編の間にはさんでしまおうと♪

白川郷に行ったのは5月です。写真のデータを見る限り。^^

もう、よく覚えてないのです。^^

丁度、田んぼの水張りが終わった頃の考えてみれば、ナイスタイミングだったはずが。。。。

2011-05-19-034.jpg

こんなのしかない。。。。

もう二度と行くチャンスはないかもの所なのに、なぜにもっと、慎重に考えて撮らなかったのかと、

今になって後悔しても、後の祭りです。

ここでは、合掌作りより

2011-05-19-032.jpg

あの、後ろにそびえる山にやられたのだ。^^

見とれたが正解だったと思う。

これを見たから、今回の信州旅行に繋がった。

この頃、せっかくその土地に行ったのになんのイメージも持てなかったのもあるので

目指したのは、葉書風写真です。

2011-05-19-000.jpg

これ今、たかたんのパソコンの壁紙です。♪

ここの白川郷の中も、かなり歩いたんですが、なぜか自分でいいなと思うのが撮れてないんです。。。。

帰りに、ここの代表的な写真を思い出して、案内図にあったこの村を見渡せることができる高台に寄った。

2011-05-19-041.jpg

2011-05-19-039.jpg

なんか、満足。^^


テーマ : 写真日記
ジャンル : 日記

期待はずれの白樺湖

色々と、寄り道をして白樺湖に着いたのは14:00を過ぎてた。

最後はナビの指示通りに走り、無料駐車場に到着した。

そこには何人かのカメラを持ったカメラマンがいたのでここが撮影ポイントかな?

などと思い、カメラを持って歩いてみた。

2011-10-17-21.jpg

でも。。。なんか可笑しい気持ち。

期待が大きすぎたんだろうか???

カメラを思ってる人達を見る。

写真を撮ってる。。。。どう見ても、撮影機材だけをみると完全な素人とは思えないんだけど。。。

こんな所から撮っても。。。。タダの観光写真ジャン。

おまけに、絵になる島にはデカデカと「立ち入り禁止」の建て看板が。。。。

これじゃあ、島を全部、入れることが出来ない。シクシク。風が冷たくなってきた。

などと思い移動することにした。

少し移動。

2011-10-17-22.jpg

う~~む。ちっとは、ましかななどと思いつつ。

2011-10-17-23.jpg

撮ってみる。

でも。。。。コスモスがない。。もしかしたらここらでは、コスモスは終わってる?

そんな気になってきた。

コスモスの花を探すのも、半ば放棄した。

向こうを見る。

向こう岸に行ってみよう♪

2011-10-17-24.jpg

その前にオシャレなカフェレストランを発見!

でもね。。。一人じゃね。入る気もしないのです。

こっそりと、パシャリ。^^

そして、向こう岸に移動。

今の時期なのか、平日なのだからか駐車場は、おき放題で無料。♪

いい感じなのである。

2011-10-17-26.jpg

2011-10-17-27.jpg

さらに、白樺の木もいい感じ。^^

この時、もう15:00を過ぎてた。

白樺湖に到着して早、一時間が過ぎてた。

焦る。宿まであと、どれくらいの時間がかかるか、さっぱり検討が着いてない。

気持ちは焦るが、まだ撮り足らない。

イマイチ、イメージ的に白樺湖に過剰な期待をしすぎたせいか合わない。

2011-10-17-29.jpg

あっと。。。タイミングが遅れた。。

白樺の林を散策する人達。絶好のシャッターチャンスを逃した。

2011-10-17-30.jpg

半ば、ヤケである。^^

時間も、気になるしと。

宿に向かうとするかとカメラを車の中に、そして何気なく湖を見ると♪

2011-10-17-32.jpg

大サービス。

いい写真が撮れた。^^♪

これは、少し構図が悪いほうですが。^^

いいのは。おあずけ。




テーマ : 写真日記
ジャンル : 日記

八ヶ岳、富士山

なんだか、武田神社は期待はずれだった。

でも、次は白樺湖に向かうのである。わくわく。

白樺湖は、何時かコスモスと白樺の木の写真を見たことがあるのだ!

時間はある、ナビをセットして下道で何時模様にナビの指示を無視して興味のある道を走った。

全く、知らない所で自分の好みの道を走る。うん。贅沢なのだ。^^

でも、ナビはちゃんと行きたい所につれてってくれる。便利なのだ。

そして走ってると。「おお!」

2011-10-17-17.jpg

2011-10-17-18.jpg

う~~む。

あまりに、圧倒されそうな山裾。

見とれてしまう。

また、とてもカメラで収めきれない。

なんだか、来て良かったと思った。

前に気をとられて気が着かなかった。ふと、後ろを振り返ると。

2011-10-17-14.jpg

2011-10-17-16.jpg

霊峰富士である。(やった~~!)

今回の旅でも、富士の山は見たいと思い富士五湖周辺に行こうかと思ってけど、どうもあまりに遠いことが

解り断念。

しかし、中央道を走ってると富士見とかの地名が出てきたので武田神社からの帰りは、白樺湖が目的だけど

この富士見の所を選んで走った。

富士山、見たい。

ただそれだけの理由である。^^

そして暫く走ると。

通り過ぎてから、考えた。

Uターンしよっと。♪

2011-10-17-19.jpg

この日は、完全な秋晴れではなかった。

向きによっては、分厚い雲が覆ってたけどラッキー

2011-10-17-20.jpg

こんな景色、見たらやっぱり止まります。

テーマ : 写真日記
ジャンル : 日記

諏訪湖、竹田神社

10月17日から21日まで信州は上田を拠点にして撮影と温泉を楽しみました。

目的は、「まあ行けば何かあるだろう。」などと、無目的風、突発的行動なのである。

まず、宿の手配。

せっかく信州に行くんだから、温泉がなかったらね。^^

などと、宿を探しメールで問い合わせなどする。

しかし、温泉宿は冷たいのである。

男の一人旅は、却下ばかり。。。。。う~~~む。ビジネスにするか。

などと、ビジネスを当たってると、とある観光ホテルにたどり着いた。

そこでは、宿泊者サービス(有料)でホテルから団体で、黒部ダムや町並み散策ツアー、高原トレッキング

などの催しがあったのだ。♪

もちろん、男一人もOK。更に温泉、食事はビュフェスタル。問い合わせると和室しか空いてないそうだったが、

エキストラベットを用意してくれるとの事で、そこに予約を入れた。九月の末の事だった。

結果的には、紅葉がいい時期なのと一人との事で、超割高だったけど、凄く楽しかった。

のんびり温泉なんて時間もあまりなかった。

朝、8:30に宿を出て帰るのが17:30を過ぎるなんてもザラであった。

チョット、先生に見てもらい、何処かの公募展に出せそうな作品も作れた。

でも、この作品は先生の評価をいただくまでは、アップしないです。^^むふ。

17日、午前2:20起床して、ともかく4:00までに西宮ICの通過を目指した。

なんせ深夜割引50%OFFにするのである。

眠かったけど、見事に成功。!

大津を過ぎて、高速の交通量が空くあたりで仮眠。

タダ、ひたすら走った。クルーズコントロールでMAXの110kに設定して。^^楽である。

最近は長距離を走ると右足のフクラハギがしびれて感覚がおかしくなる。亡くなった父親と同じ症状である。

何時までも、元気で一人で出る時間はそう長くない。

そんな風に最近では思ってる。動ける時にやりたい事をしておきたい。

ちょうど、旅の途中に何処でどのように調べたのか、友達からメールで同級生が心筋梗塞で

亡くなったとの連絡があった。(そんなに親しくない人だった。通夜、葬儀も行けるはず無いし行く義理もない)

世の中、長生きの時代だと言われて久しいが、やはり50を過ぎると何時、逝ってもおかしくないのだ。

やっぱり、やりたいことをしておこう。そんな気持ちが更に固まった。

ともかく、目指すは山梨、竹田神社。

諏訪湖のサービスエリアで幾度目かの休憩をとる。

「諏訪湖だ!諏訪湖だ!」喜び勇んでカメラを持ち出す。

2011-10-17-02.jpg

とりあず目に付いた所で。

2011-10-17-04.jpg

これでは、いけないと思い場所を変えた。

2011-10-17-03.jpg

こんなのもあった。

これで、恋や愛が成就できるなんて甘いのじゃなどと思いながら。^^

特に諏訪湖を撮りたいと思ってたのではないけど、サービスエリアからだけど。^^

そしていよいよ武田神社といいますか、旧武田家の本拠地、躑躅ヶ崎の館跡に行った。

しかし。。。。今で思えば、行かなかったほうが良かったような気がする。^^

2011-10-17-05.jpg

2011-10-17-11.jpg

行ったと言う証拠だけ。

もっと、武田氏に関する資料館とかがあるのかと思ったら。。。。

武田氏は滅びて神様になったようです。^^

しかし、とりあえずは周りを一通り歩いてみた。

2011-10-17-10.jpg

うん。やっぱり、この旗が無いとね。などと自分で喜んでる図。^^

2011-10-17-09.jpg

2011-10-17-08.jpg

2011-10-17-13.jpg

とりあえず、観光客です。

2011-10-17-12.jpg

最後にようやく、ちょっといいかな的が撮れた。






テーマ : 写真日記
ジャンル : 日記

砥峰高原

え~~。

再び一週間ほど、お休みします。きっと。

チョット、信州に遠征してきます。^^

最近は、100枚ほど撮って一枚の確率ぐらいしか、許せる写真が撮れないので、信州旅行記が出来るかどうか

怪しいですが、ともかく行ってみるのです。

写真が無理なら、観光があるもんねなどと、超適当な行き当たりばったりの旅ですが楽しんできます。


んじゃあです。

秋と言えば。。。。。

たかたん的には、彼岸花、コスモス、ススキであるのだ。

どんな不幸があっても、どんなに悲しい事があっても、この三つは外せないのである。

多分。。。。自信ないけど。まあ、そうかな。^^

じっくり撮りたい時は一人で、ふらふらと出かける。

火と恋しい時は、皆さんにメールを送り団体行動をする。

その場合は、発起人であるたかたんが、やはり幹事なので、撮影場所、トイレ、食事などの確認をしておく

必要があるので、団体行動は月に一度が限度かな。

でも、考えたら教室、最近交流を始めた他教室との交流会などを含めるとかなりあるのである。^^

更には、KCCの教室も増えるので、きっと結構スケージュールは埋まるのである。

そして、この間隙をついてアルバイトとは、世の中甘くなかったのである。^^

やはり、50を過ぎると履歴書を送るだけ無駄かな的なのですね。

今や、仕事といっても集金業務だけだし。まあ、ヒマなんですね。^^

なんだか前置きが非常に長くなってしまったけど。

10月のとある日に砥峰高原に行きました。

ここは、映画「ノルエィの森」のロケ地となった言う事で、地元もはりきり道は整備する。喫茶軽食コーナ

はできる。トイレも完備となり観光バスは来る。まとまって団体で来る。

昔の秘境の趣はなくなったけど、ここはたかたんが小さな時から親に連れられまた

独立してからも4輪駆動車でオフロードバイクでなどと、やはり思いの詰まった所です。

そんな訳で、一人でふらりと車にのりこの高原向かってると、メールが。

カメラ友達からであった。

なんとと添付の写真にはススキが。。。。

もしかしたら、同じ所に行ってるん?

わくわくしながら、行ったけど、この友達は奈良のススキの名所に行ってたました。^^

う~~む。何やら作家気分でダラダラと書いてしまった。^^

疲れたので

2011-10-7-04.jpg

とりあえず、前から気になってた播但有料の市川SAより、山のてっぺんに二本見える木の図。

意味はないけど、前から気になってた。^^

2011-10-7-05.jpg

到着したのだ。

手前の道などは、昔は未舗装の林道だったのだが、何年か前に綺麗に舗装されちゃった。

2011-10-7-07.jpg

チラリと見えるデッキ。まるでカメランのために作られたのではと勘違いしそう。

しかし逆光透好きがアダになり、空の一部が跳んでしまった。。。ボツです。

2011-10-7-01.jpg

なんとなく作品風に。

2011-10-7-02.jpg

これも、作品風に。やっぱり、着いてる先生の影響がモロに出てる絵だなと自分で思う。

2011-10-7-03.jpg

これは、全国のNHKでもかなりの評価をいただきました。(と言っても、極少数の人からだけです。^^)

2011-10-7-08.jpg

う~~ん。とりあえず。シャッターチャンスかな的の図。



テーマ : 写真日記
ジャンル : 日記

現代の山伏 伽耶院 大護摩法要

さる10月10日の体育の日に写真教室の方から誘っていただき、かの有名な?

伽耶院の護摩法要に行ってきた。

ここは、古株の人達は知る人ぞ知るフォトコン入選スポットなのである。

去年、行った方の写真をチラリと見た記憶があるけど。。。忘れた。

伽耶院って、意外と知ってる所にあった。

興味が無いとは、恐ろしいもので、きっと車にバイクに乗り出してか思うと20数年間は、通りすぎるだけ

であったのである。

そう、たかたんと伽耶院さんは、ただの通りすがりの関係であったのだが、今回を気にもしかしたら

濃密な関係になれるかと、思ったんですが。。。

チョット、無理かもしれないなどとこの時、この日に感じた。

まあ、伽耶院は僧侶の説明を聞く所に拠ると一番栄えたのは平安時代であったそうな。

あまりに昔すぎて、たかたんにはピンとこなかった。

ともかく、播磨、四国の山伏の総本山であったらしい。

たかたん。「ほおぉ~~。そうなんだ」などと感心しながら、または興味深々で説明を聞いていた。

昔は、何やら130あまりの建物があったらしいが、今は5~6健ほどの建物しか残っていない。

しかも、残ってる建物の全てが、国、県、市の重要文化財だそうだ。

後の説明は、もはや記憶にないけど。

護摩法要がはじまるのが12:30からで、向こうに付いたのは11:00頃。

しかし駐車場は、すでに満杯状態だった。。。

すご。。。なんか、この先が思いやられるな。。。そんな気持ちになった。

その日は、全国各地から山伏が236人集まったそうです。

2011-10-10-04-0001.jpg

しかし、まあ現代ですよね。^^

携帯は持ってるは、タバコは吸うわ。

時代劇に出てくる山伏とは一味も二味も違ったけど、こんな装束は、まあ珍しいのである。

2011-10-10-08-0001.jpg

この人なんか、昔でも通用しそう。^^


2011-10-10-05-0001.jpg

ついでに信者さん達も、確か真言宗とか行ってたような気がするけど。

ともかく、宗教の力は恐ろしいのです。^^

現地に着いて、適当にコンビニ買ったオニギリなどを食べ、場所取りの為にレジャーシートで場所取りして、

待つ。。。退屈。。。しかし待つ。

そうこうしてる内に、たちまちカメラマンが群がる。

一等席は、すでに取られてたので、上と下と計2箇所で場所取りをしたけど、結局はガメツイ物が勝。

どんな世界でも弱肉強食である。

ぼやあぁ~~としてると、結局は前に割り込まれ、シャッター押してもカメラマンが入ってる。

まあ。適当でいいか。そんな感じで興味のあるのだけを撮った。

公募展に出す訳でもないしだ。^^

2011-10-10-06-0001.jpg

始まってから護摩までにも結構時間がかかったけど、いよいよ始まった♪

確か、煙と射光線を撮らないと意味が無いとかと言ってたのを思い出したので。

2011-10-10-01-0001.jpg

2011-10-10-07-0001.jpg


とりあえず、こんなもんかと。

しかし、どうしても観客が入るのである。。。。

んじゃあで、思いっきりアンダーにしてみた。。。。実際、どうしたらいいのか解らなかった。^^

2011-10-10-09-0001.jpg

2011-10-10-03-0001.jpg

日が燃えあると、灰が。。。。カメラが。。。なんて思ってると。あっけなく終わったみたい。

そうやら、ハイライトは清めの破魔矢、山伏の一番偉いとされてる人が、「世界平和」とか言ってるとこと、

護摩木をくべるとこだったらしい。^^

まあ、いいかだ。

たかたん的には、山伏さんにこの火の中に飛び込んで修行なんて期待してたんですが。^^

この後は、車を一旦、車庫に置き明石で一杯。^^

朝早くから、良い一日でした。





テーマ : 写真日記
ジャンル : 日記

色々あったこの半年ほど

3月29日以来、ぷっつりと途絶えてしまった。
あの東北の地震、津波、原発事故のニュースを連日、見ていると。
一体、自分は何をやってるんだという気持ちになった。
でも、何も出来ない。
ボランティアにでも行けばいいのだ。
ただ、呆然と日々を愛猫のノルと過ごした。
まるで、現実逃避するかのように。
この半年以上の間に、色々あった。
僕にとっての阪神大震災にもようやく終止符を打った。
納得できる終わり方ではなかったけど。。。
仕方がない。
色々な別れもあった。
その中にノルとの別れもあった。
猫が、あんなにも愛らしく愛おしい動物だとは思わなかった。
僕の腕の中で安らかに眠るノル。
この子を手放して、本当にいいのかと何度も自問自答した。
しかし、ノルと別れる事にした。
里親の所に行き、ノルがしばくして慣れてきて里親の家を探検してるスキに逃げるようにお邪魔した。
でないと、とてもノルと別れる事などできなかった。

2011-09-30-01-01.jpg

ノル。。ごめんね。

2011-09-30-02-01.jpg

たかたんは、鬼だよね。

2011-10-01-001-01.jpg

もう、二度と動物は飼わない。
こんなにも別れが辛いなんて。

2011-10-01-005-01.jpg


ノル。許して。

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

プロフィール

たかたん

Author:たかたん
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
Basic Calendar
<09 | 2011/10 | 11>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ブログランキング
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。