スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

西六甲の紅葉(その2)

ここは、写り込みが綺麗だし、たかたんはここの映り込みが大好きなので

2011-11-16-010_20111130122048.jpg

2011-11-16-011_20111130122047.jpg

飽きもしないで同じような所を撮りまくります。

少し進んでは、「おっ!」などと道を外れて少し危ないけれども藪を掻き分け撮れそうな所はないかな?

なんてしてると、なかなか前に進まない。^^

2011-11-16-012.jpg

何年も通っていながら、今年初めて気が付いた景色。^^

何か得した感じです。♪

2011-11-16-013.jpg

う~~む。こうして見ると。。。。奥ピンが良かったのか。。。。

悔やんでしまう。もっと、色々と工夫して数を撮っておくべきでした。^^

反省。

2011-11-16-015.jpg

ここまで来ると、もうすぐたかたんの紅葉のポイントです。

2011-11-16-016.jpg

着いたのである。♪

さてと、ザックを下ろしてと。^^

一服して、レンズも用意して、いいもみじないかと探し出す。♪
スポンサーサイト

テーマ : 写真日記
ジャンル : 日記

西六甲の紅葉(その1)

西六甲の紅葉は、たかたんのライフワークです。

場所は、神戸森林植物園の近所です。

そして、ここはカメラの練習場でもあります。

マクロレンズは、ここで練習しました。^^(でも、あんまり使わないです。^^)

森林植物園は駐車場、入園料などし払うと結構、高くつきますので行くなら無料が良いのです。^^

たかたんは、30歳代の頃は、この辺りに住んでたので、まあ。土地勘がありますので

それを最大限に利用してます。

森林植物園に行くのも、かなり険しい所を通れば無料となることを知ってます。^^

もちろん駐車料金もタダ。^^でも、駐禁の可能性があると、最近になって知って。。。

どうしようか。。。。。

2011-11-16-001_20111125143358.jpg

この場所。^^去年も撮った。その前も。^^必ずここで一枚は撮ります。

ここからは、いきなり急な上り坂。

ここに来る時は、必ずカメラザックにトッレキング用のスットクを一本使います。

上がっていくと

2011-11-16-002_20111125143358.jpg

ともかく、撮る。

もっと、的を絞れば良かった気が。。。今、してきた。^^

2011-11-16-003_20111125143357.jpg

ここは、洞川湖と呼ばれてます。

場所は、神戸森林植物園のすぐ近く教育植物園や教育キャンプ場の辺り。

このまま歩いていけば、修法ヶ原に抜けて、六甲中走路にも合流できます。

たかたんは、この辺りの山は歩きまわって熟知してますが、初めての人はちゃんと地図を持って

自分の位置を見失わないようにして下さいね。

枝道が沢山あります。でも、遭難なんてすることはないと思います。^^

このブログ読んで、行こうかと思う人人はいなか。^^

ここは、写り込みの美しい所です。

何時来ても、へらフナ釣りをしてる人達が、いるので撮る被写体にも困りません。

2011-11-16-004_20111125143357.jpg

釣り人を抜いて、心象的に。^^

2011-11-16-005_20111125143356.jpg

急な登り下りも、光が当たると綺麗な道に見える。

2011-11-16-006.jpg

またまた。

しんしょうてきに。^^

でも、何を表したいか不明なので、ひらがなです。

こうして、遊びながら例年、たかたんを迎えてくれるポイントに向かう。♪




テーマ : 写真日記
ジャンル : 日記

ベランダからの夕景

2011-11-24-002.jpg

見えてる島は家島です。

今のマンションに無理して引っ越した理由は。

見ての通りです。

自宅のベランダから夕景が撮れる。♪

ほんと、探しまくりました。^^

不動産屋からして、無理難題と解っていたのか解ってないのか適当な所を紹介してくる所もあれば

色々ありました。

しかし、とうとう手に入れたのである。^^

しかし、こうなってしまうと出不精に拍車がかかる危険もありますが。^^

引越しをしてから、ずっとベランダから様子を観察していたのだ。

マンションの向きが海を見るには多少、傾いてるので夏と今の時期は撮れる方向は限定されますが、

これから夕日は南へと更に南下してくるので、丁度良いのである。^^

2011-11-24-004.jpg

観察してると夕方の4時頃にカモメ、海鵜が飛ぶことが解った。♪

そして、この日は肉眼でも淡路島の南端にある風力発電の塔が見えた。

こりゃ、撮らないとと部屋に行き三脚等の用意をしてると。。。。

見えなくなった。

悔しいから、ともかく撮ろうと。^^

2011-11-24-006.jpg

何時もながら、沈みだすと「あっと!」言う間に終わります。

しかしながら、自宅のベランダです。^^

2011-11-24-007.jpg

粘れる。♪

これは、さっき書いた淡路島の南の端にある風力発電の風車。

奥に見えるのは四国、徳島県。

この辺りまで見渡せるのは、さすがに滅多にないことです。

よほどの条件が揃わないと見えない。

これで、西の空に雲が無ければもっと、良いのですが。

2011-11-24-008.jpg

なんとも、言えないない色になってきたした。

振り返ると、もうその辺りは夜になってる。

でも、西の空はまだ夕景を残してる。

たかたんの狙いは、夕方と夜の境目。

2011-11-24-009.jpg

夕方と夜の境が出来るのを待ってる間に。^^

しかし、こうして三脚を据えて待ってると、地球って自転してるんだなと感じる。

セットして暫く待ってって、イザとなるとズレてる。

そのたびに調整、そして焦る。。。結果。。。水平が保たれてない。^^

そんな事の繰り返しです。

船も、モタモタしてると意外と早く移動するんですね。(汗)

2011-11-24-010.jpg

結果、この日は惨敗かな。^^

南の高くにはお星様が一つ出てましたが、明石で水平線近くに星を望むのが無理かな?

なんて、思いましたが、まだまだこれからです。

でも、写真を見てて思った。

やっぱり、タムロンでは細かい描写力がないみたい。。。

でも、持ってるもので頑張るしかないか。^^

テーマ : 写真日記
ジャンル : 日記

高原寺(ライトアップ編)

午後五時からライットアップが有るのを知らずに丁度、いい時間に来たようです。

思わず、この塔がいい感じ撮れそうな所を探す。(汗)

人も、凄く少なくなって、いい感じ。^^

いい所は、すぐに解った。いい所には、必ずカメラを持った人間がいる。^^

場所も、すぐに空いた。♪

先に下に下りていた仲間が、場所を教えてくれたので、そこで撮影する事にした。

2011-11-17-066.jpg

2011-11-17-065.jpg

2011-11-17-067.jpg

ここでも、例に拠らずアホかと言うほど同じような写真を撮った。^^

微妙に位置を変えたりして。

帰ってから、どれを選ぶべきか。。。。困った。^^

フィルム派の人は、まだ上で頑張ってる。

フィルムは、その場確認も出来ないし、コスト的にも高価だから、一枚一枚が凄く慎重です。

だから、いい写真が撮れるんですが、さすがに年に数回も各種の公募展に入選する人達は、たかたんのような

デシカメ派とは、取り組み方が違います。^^

見習うとかも、たかたんには、きっと無理。^^

だって、楽しみたいんだもん♪

などと。^^

この場所が、いいと上で頑張ってる人に伝えて、たかたんは、さっさと次に移動。

2011-11-17-068.jpg

今や、ヒッソリとした山門。

ほんの一時間ほど前の人混みは、なんだっただろうかと思えるほども静かさです。

2011-11-17-070.jpg

隣の小道も。

2011-11-17-072_20111125111738.jpg

ここの入場券の写真を見ると、この位置辺りから撮ってる。

紅葉が、いい時は上も真っ赤なトンネル。下はまっな絨毯のような感じになるらしい。

でも、ライットアップされると、紅葉が無くてもいい感じかもと。^^

内心、思った。

2011-11-17-075.jpg

この寺の最初の山門、たかたんは、最初は適当に撮ってたんですが、仲間のベテランさんが、何か慎重に

カメラをあわしてるので、聞いてみた。

「ほおぉ~~。そうんだと。」と、狙いを奥ピンへ。^^

2011-11-17-076.jpg

来た時に撮った、お地蔵様の辺り。

ライトアップされると、また趣が違います。

ライトアップの関係で、来た時と少し撮る位置を変えました。

この後も、んなだかんだと粘りましたが、結果的には同じような物ばかりで、選ぶのに苦労しました。^^

この後、神戸に帰って、もちろん一杯で楽しみました。

その時に食べた、エビフライが、美味しかった。♪

テーマ : 写真日記
ジャンル : 日記

高源寺(昼編)

出石での撮影を終えて一路、高源寺に向かう。

15:00過ぎに出石を出発し小一時間ほどで到着する。

駐車場を見渡すと。。。。。

観光バスが11台。。。。。その他乗用車も多数いた。

ざっと考えただけでも、三百人ほどの観光客でしょうか。

なんか、前途多難だなとの気持ちになりました。

今回は、元々は丹波紅葉三山だったのですが、この高原寺を除き他の二山はパスし安国寺、出石に変更した。

でも、高源寺だけは、外せないかなと思ってたし道順も帰路に丁度良い、いい巡り会わせとなりましたが、

さすがに有名所は、人が多いです。^^

今回は昼編だから夜編(ライトアップ)も有ります。

一番、奥でお寺に近い駐車場は意外と空いてた。♪

入山料300円を払い、いざ。人混みに負けずに行くのだ。♪

半ば以上、諦めモードで。^^

2011-11-17-051.jpg

とりあず、最初の山門で。

人が途切れるのを待ったけど。。。。無理だと悟りました。

2011-11-17-050.jpg

山門の隣のお地蔵さん。^^

たかたん、お地蔵さんとか仏像とかは、あまり撮りたくないんです。はい。

だって、変なのが写ってたら、怖いから。^^

2011-11-17-054.jpg

そして、次の山門へ。

着いたのが遅かったせいか、暫くすると団体客は潮が引くよういなくなった。

残るは、個人的に来てる人達だけのような感じになってきた。

2011-11-17-060.jpg

ここも、もはや紅葉というより枯葉と言うのがいい感じでした。

でも、せっかく来たんだからとなんとか考えて撮りました。

2011-11-17-062.jpg

こんな歳だからこそ、品粗な紅葉にも目が行きます。^^

2011-11-17-063.jpg

なんとか、絵になるようにと頑張ってるたかたん。^^

2011-11-17-064.jpg

ここは、立派な何十の塔でしょうか?

がありました。^^

全然、知らなかった。

かなり古い物です。

何処か辺りの、新しく作り無ししてケバケバした塗装をしてるのよりは

木の古びた年代を感じさせるのが、凄くいいです。

そうこうしてる内にこの塔に色が着き始めた。

そうです。

午後5時から、ライトアップが始まるのです。

これも、知らなかった。^^

こんな時は、団体旅行は損ですね。

一番、いい時を見れる事が出来ない。

全部、時間に区切られた予定で動き、今頃は旅行社との協定してるおみやげ物屋さんかに連れて行かれてる。

そんな事を、思いつつ。

たかたん、「よっしゃあ~~!」とカメラザックを下ろして、三脚を出す。♪

テーマ : 写真日記
ジャンル : 日記

出石散策(その2)

昨日は、関西地方の天気予報では雨でしたがなんとか持ちこたえたようです。

きっと、多くの方が観光地や紅葉などを楽しんだんでしょうね。^^

今日は、雲が多いけど晴れ、風は強く冷たいです。

でも、空気は澄んでいてベランダからは、淡路島の家島諸島がハッキリと見えます。

夕景を撮りに行こうかなそんな気持ちにさせてくれる朝です。

さて、出石のお城に上がり眺めてると、たかたんが今年、行った紅葉の中ではここが一番、質がいいような

感じがしました。

仲間の情報では今年は、丹波の何処だったかのお寺が一番いいとメールがあったのですが。^^

今年は、後は赤目四十八滝に行く予定があるのですが、どやら天気があやしいみたい。^^

どうなります事やら。^^

2011-11-17-032.jpg

とりあえず、このような光と影の光景を見ると撮っておく。練習しとかないと。などと思い撮りました。

2011-11-17-034.jpg

お城の櫓に紅葉。たかたんの撮った位置からでは、夕方ぐらいがちょうどいい日の傾きになりそうですが、

その辺りがアマです。時間制限もあるのでとりあえず、撮っておこう的になりました。^^

2011-11-17-035.jpg

このお城で、目に付いたのはこれ。

お稲荷さんの鳥居ですか。

紅葉と組み合わせれば、いい感じなるかななどと思い。チャレンジ♪

2011-11-17-040.jpg

2011-11-17-041.jpg

諦めて

2011-11-17-048.jpg

2011-11-17-049.jpg

鳥居だけを。^^

最後に

2011-11-17-043.jpg

2011-11-17-044.jpg

ここで見たもみじ。^^

テーマ : 写真日記
ジャンル : 日記

出石城散策(その1)

夕景で神戸森林植物園に行ったと書いたので、植物園にしようと思ったら、JGPに変換してなかったので

アップ出来ない事が判明。(汗)

んで、フォルダーを見てみると、安国寺に行った時のが整理完了だったので急遽、

出石に行った時に変更。^^

安国寺にい行った時に出石蕎麦の一割引の券をゲットしたので、いとも簡単にお昼は出石蕎麦と決定♪

公式の撮影会では、お昼を食べる時間などないので、個人的に行く撮影は、この辺りが臨機応変と言いますか

お気楽でいいのです。^^

出石で皿蕎麦を6枚食べて、その後に一時間と少し記憶では午後三時に駐車場に集合して次の目的地に

向かうことにた。

出石と言えば

2011-11-17-014.jpg

時計塔。^^ 露出が-1.5と超アンダー過ぎて、ソフト修正しましたが、やっぱり無理でした。^^

逆光だからと、アンダーを強くしたのが裏目に出ました。^^

ほんと、こんな時は、設定と+、-との三点で撮れる設定にしとくべきだなと痛感したけど、普段は

使わないので、イザとなると設定の仕方がとっさに解らない。。。。。困ったものです。^^

それに、三点の設定すると撮影枚数が多すぎて、後で困るかななんても思いますけど、必要な感じが

しました。

2011-11-17-016x.jpg

ここ。。。。。前々から、撮りたかったとこなんですが。。。。

手持ちで撮影したら、水平垂直が出てなかったので、ソフトで修正しました。

次は、三脚を使おっと。^^

前ボケ、奥ボケも試したいです。

たかたん、未だに写真ソフトを使いこなせないんです。

確かに、使ってるソフトもグーグルのフリーソフトですが。^^

CanonのDppもあるんですが使いこなせてないです。はい。

四苦八苦の据えに修正できた。^^

ソフトを使いこなせば、もっとデジカメでの表現に幅が出るんですが、こっそり練習しようと秘かに誓う。^^

2011-11-17-017-01.jpg

「登城橋」。

タイトルつけるとどんなタイトルがいいかな。^^

ほんと、いつも困るのはタイトルです。

タイトル一つで心象が変わりますから。出したい写真が出来ても、いいタイトルが思いつかない。。。

なんてことも多々あります。^^

2011-11-17-018.jpg

本当は、カップルだったんです。^^

もうちょっと、写真的に映える色の服を着ていてくれたら引き伸ばせるか、

ちゃんと見てみる価値もあるかもですが。

2011-11-17-021.jpg

たかたんも、この後お城に登城しました。でも、残ってるのは明石や上田と同じで城跡ですね。

でも、お城と聞くとなぜか行きたくなる。^^

2011-11-17-025.jpg

2011-11-17-026.jpg

2011-11-17-028.jpg

ここのもみじが今年、見たもみじで一番程度が良かったです。♪

でも、この時期でもまだ、紅葉半ばとは。。。今年は、もうダメと思った。

2011-11-17-029.jpg

2011-11-17-031.jpg

更にしつこく撮る。^^

飽きないです。♪




テーマ : 写真日記
ジャンル : 日記

夕景、夜景の季節になってきました。(その2)

いよいよ、夕日を入れて撮影との段階でトラブル発生。(涙)

どんなトラブルか。

それはですね。

夕日の太陽が明るすぎるか訳が解らないがてシャッターが落ちない。。。。。

この辺りが、ど素人の悲しさである。

ここまで来たら、時間との戦いなのだ。

その為に、長々と待っていたのだ。

必死にになって絞りを変更する。ともかく何でもいいから映らないと意味が無い。

そんな気持ちでした。^^

2011-11-16-008.jpg

絞り開放気味でなんとか撮れた。(多分です。データーの確認をしてません。^^)

2011-11-16-009.jpg

見よ♪

島さえなければ、りっぱなダルマなのだ。

望遠が弱いので、これでいいのである。^^

2011-11-16-010.jpg

沈み始めると、あっと言う間に終わってしまう。

2011-11-16-011.jpg

本当なら、これから30分が一番、いい時間なのですが、帰りました。

この日、たかたんが三脚を立ててると、一人の人が話しかけてきた。「私、素人で初めてなんです」と。

だから、色々と撮影ポイントとかカメラの設定を教えた。

が。がである。持ち出した機材を見て。。。。

てめえ(怒り)はめやがったな。そんな感じです。

完全にポイント知りたさに情報収集しやがた。

カメラは5DマークⅡ、EFレンズ100-400、2倍のエクステンダー。と言うことは

5Dではフルサイズなので800mm。。。。。

もちろんリモンコンも。更にはカメラには知らないような部品が。。。。でも、カッコ良かった。^^

これで、よく「私、素人です」なんて言えるなと思った。

車は。。。。。クーパー。外車だった。

完全にやられました。^^

テーマ : 写真日記
ジャンル : 日記

夕景、夜景の季節になってきました。(その1)

森林植物園付近に撮影に行った帰り。

空を見てると西側の空に雲がない。♪

これは、もしかしたらダルマがと頭に浮かぶ。^^

その時は、夕景を撮影する為の機材を持ってきていないなんて、綺麗に頭から消えていた。^^

ただその時の懸念は、最近の日の沈む辺りでは家島当たりに食われるかななどと頭の中は、すでに

夕景で一杯。^^

撮影場所は、もちろん地元の江井ヶ島。

ここは、もはや夕景では全国区かもです。

12月になると、他府県からのプロ、アマを問わずカメラマンがズラリと三脚を並べる。

まさに望遠系レンズの見本市の様子ですね。

超高額なEFレンズがずらりです。

家が近いからと丁度いい時間になんて出ようものなら、いい場所は完全に占拠されてる。

しかし、そこは地元の強みです。皆さんから離れた所でヒッソリと撮ります。^^

その日は、普段は地元の夕日組みのメンバーが陣取る所を先に占拠。♪^^

沈んで行く夕日に沿って場所も移動して行きますが江井ヶ島の灯台を入れるならって場所があります。

大型の三脚を建てリモートだして準備♪

でも、レンズはタムロン28-300。^^

2011-11-16-001.jpg

まずは、験し撮り。♪

とっ、言っても灯台、釣り人、鳥の三つの要素は必要などと。^^

2011-11-16-002.jpg

こんなチャンスは逃さない。^^

2011-11-16-003.jpg

欲張りすぎた。^^ ようは、待ってる間がヒマなんです。^^

2011-11-16-004.jpg

ヒマだから、レンズを覗きながらアチラコチラを見る。

う~~む。 500mmを持ってきてたらなどと後悔するが元々、この日の予定に夕景はなかったのです。^^

久しぶりに西の空がスッキリしてたから寄ったのです。

2011-11-16-005.jpg

次は漁船だけです。^^

2011-11-16-007.jpg

いよいよ夕日を入れて。でも。。。。PLフイルター無しなので太陽が、跳んでしまった。^^



テーマ : 写真日記
ジャンル : 日記

柿の木

たかたんのここ数年のテーマに柿があります。

秋と言えば普通は紅葉なんですが、天邪鬼なたかたんは、実は数年前から柿を思っていたのです。

しかし、たかたんの思いは届かないようで、なかなかいい柿の木にめぐり合わない。

苔むした茅葺の家に柿の木に柿がたわわに実ってる。

そんな虫のいい所を近所で探してるんだから無いのも当たり前かも。^^

今まで、かなりの妥協の産物で手近な所で出かけて目に付いた所で撮ってきましたが、アップはしてない。

いいのが撮れるまでと思ってたけど、もう無理です。

2011-11-17-007_20111120092528.jpg

2011-11-17-008_20111120092527.jpg

これは、安国寺に行った時、車を停めて安国寺に向かう途中で見た柿の木。

今まで、最高の条件でした。

背景の処理も楽勝だし。♪

でも、物足りないのですね。。。。。。かやぶき。。。。

そう、この辺りでは京都は美山の茅葺の集落に行って探せばよいのでしょうが。。。。

遠いもん。^^行って、空振りだったらヤダもん。などと、非常に情熱のないたかたんなのです。^^

2011-11-17-010_20111120092527.jpg

銀杏の木と柿の木の珍しい風景を目にした。

ごめんなさいと、一番いいポジションは墓地の中でした。^^

2011-11-17-012_20111120092523.jpg

2011-11-17-011_20111120092523.jpg

この一枚だけ残った葉っぱが気に入ったです。はい。

2011-11-17-009.jpg

里山に舞うトンビ♪

形が凄く良く撮れて満足。

トンビを目当てに

2011-11-17-013.jpg

この写真の右上にトンビが来るのを待ってたんですが。。。。。。

こなかった。(涙)

今日は、神戸マラソンの日です。

たかたんは、これから出かけて先輩方の展示会に行って、神戸マラソンにちなんでの行事を撮影に行きます。

いいのが撮れたらいいな。

では、行ってきます。^^

テーマ : 写真日記
ジャンル : 日記

安国寺

季節感をだしたいので紅葉シリーズに突入しようかと。^^

2011-11-17-001.jpg

今年は、丹波の紅葉の有名所に行こうと、たかたんが計画して写真仲間に声をかけました。

最初は、丹波紅葉三山の予定でした。

車二台で計五人の予定が、少し前に急な仕事が入った人が出て急遽予定変更で車、一台に四人で行くことにした。

予定変更は、撮影場所も前日に、車を出す人にメールで豊岡の安国寺をナビにセットしていて下さいとメール。

当日、集合場所も変更で神戸駅に朝9:30に。たかたんも通勤者にまぎれてカメラザックを持って電車に。

集合完了で、いきなりたかたんは「安国寺から行きましょう」^^

考えてみたら、神戸は兵庫県の南の端、安国寺は兵庫県の遥か北。日本海が近いのです。

たかたん、自分が運転するような気楽な気持ちで言ったのです。^^

少し動揺がありましたが、全員一致で安国寺へ向かう。

なぜに急遽の予定変更かといいますと事前の情報では、今年は何処に行っても紅葉は期待できないようだ。

の情報と、たかたんも事前に身頃と言われてる森林植物園の近所に行ったのです。

その感触と、前日当たりにテレビのニュースで放送された安国寺が良いと思ったのです。

途中、トイレ休憩を一回しただけで、ある程度土地感のある地域なので迷う事もなく到着。

しかし。。。。。安国寺の周辺は車だらけ、かなり不安感がたかたんの胸を過ぎった。

でも、一人じゃないので心強い。

行ってみると、案の定。。。。。カメマンがいい所を占拠。肩越しから撮るしかない。。。

たかたんは、三脚を使用しなかったです。

実際、ここでは三脚使用で100~200mmを使用するのが良いと思うのですが。

たかたんは。。。。出来なかったです。

しかし、連れはさすが、海千山千のベテランである。

いつの間にか、しっかりポジションをキープして三脚で撮ってる。

さすがに年間3回から4回も各地での写真公募展に入選するツワモノです。

粘りも違うし、納得するまで動かないです。

見習わないと。^^

2011-11-17-002.jpg

やっぱり、人物がいないと間が抜けたような感じですね。

ここも、やはり今年はあまり良い紅葉ではないらしいです。

そして、お寺も凄く小さいです。

更には、ここの写真は色々な所で賞を撮ってるので、カメラマンにはかなり優遇してくれるのですね。

最初の写真は、檀家の長の方が見学者にモデルになってくれるように配慮してくれて、写真を撮る時間を

作ってくれました。

2011-11-17-003.jpg

待ってる間は、このように沢山の方が座敷からの景色を眺めようとして待ってる。

この日は神戸新聞のカメラマンも来ており、その行動は今後のたかたんの撮影に凄く参考になりました。

もちろん、翌日には一面に写真が掲載されました。

ほんとプロの目線は凄い。

かたたん達アマチアカメランが群がってる時は、そっと後ろから見てるだけ、チャンスと見るとササ~アァと

前にパシャパシャと連写。

それも、手持ち。。。たかたんも手持ちでしたが水平をかなり気にして撮影したんですが

めちゃ、早かった。さすがプロ。そんなシーンもありました。

2011-11-17-004.jpg

2011-11-17-005.jpg

ここでは、必殺の一枚だけが目的なのでお目当てを撮ってしまうと

意外とすることがないので別のアングルから撮ってみた。

2011-11-17-006.jpg

最後に、もう少し人物を入れて右側が人物が重なってるので意味のない写真ですが。^^

この日は、モデルとなってくれる住職さんが法事ででかけておられ、有名なネコは去年1月に亡くなった

そうで残念でしたが春にも行きたいなと思ってます。

次に行くときゃ、今回の反省も含めて三脚に望遠系のレンズを使うだ。^^

テーマ : 写真日記
ジャンル : 日記

妙高高原トッレッキング(その3)

お昼休憩の後、移動するが相変わらず歩みは遅いのを利用して写真を撮ってた。

後で見てみると、ほとんどが同じような写真ばかりだけど

その時、その場にいるとシャッターを押さずにはいられないような衝動があったのです。うん。

この妙高高原での景色は、たかたんにとっては軽いカルチャーショックでした。

こんなに雄大な景色って初めて見たもん。^^

2011-10-21-012.jpg

2011-10-21-013.jpg

2011-10-21-014.jpg

どこを見ても、絵になると思うので辺り構わずに撮りまくる。

結果、同じような写真の山になり整理するのに苦しむ。^^

どれを捨ててどれを残すか。きっと、いいのもかなり削除したかもですね。^^

デシカメの欠点は、長所が短所にもなると言う事かもです。フィルムカメラより気楽に撮れるので

大量に撮る。同じシーンも何枚も撮る。だったら多少は、絞りととか露出を変えてみて同じシーンを

撮ったらいいのに、ただとってるだけとなるからパソコンに落としてから困るんですね。^^

それが楽しみな時もあるけど、苦痛な時もある。

2011-10-21-018.jpg

2011-10-21-020.jpg

2011-10-21-021.jpg

トレッキング自体は、ほんとにたいしたことがないので書くこともないけど。

ここで目にした景色は、本当に良かった。

カメラ片手にパシャリ、パシャリとだらだら歩いてると、何時の間に終わってしまったそんな感じのトレッキング

でしたが。

2011-10-21-015.jpg

バスが待つ駐車場に到着。

次の所に移動となりました。

テーマ : 写真日記
ジャンル : 日記

妙高高原トレッキング(その2)

え~~。本日は、再び撮影に行きますので、このような時間に。^^

昨日、アップしてからそんなに時間がたってないですが、そこが気まぐれ日記なのです。^^

でも、まあ。たかたんのブログを見られる貴重な方々はごく限られた小数のかたしかいないので。^^

お昼を急いで食べた訳はです。

2011-10-21-006.jpg

目の前にこんな景色があったから。^^

こんなのを前にすると、飯を取るべきか景色を撮るべきか迷います。

たかたんは、欲張って両方を取りましたが。^^

2011-10-21-007.jpg

急いで食べて何処を撮るか決めてカメラを確認して撮る。

こんな景色なら三脚を使いたいけど、時間的な余裕が無いので全て手持ち。

出来るだけブレ無いように基本に忠実なフォームと利用できるのは利用する。

別に1秒とかのスローじゃないので十分に手持ちで対応はできるますが、気持ちは三脚を使いたかった。

2011-10-21-008.jpg

出来るだけ、水平とかを感じなくて良い構図を考えて。^^

2011-10-21-009.jpg

後は、運を天に任せて撮る。

2011-10-21-011.jpg

ここ、凄く良かった。

白樺湖の悔しさが、一挙に吹っ飛んだ♪

そして再び移動開始。^^

テーマ : 写真日記
ジャンル : 日記

妙高高原トッレッキング(その1)

信州の旅の締めは、妙高高原です。

ここ、意外と遠かったといいますか。

新潟県なんですね。

途中の山道は市バスくらいのバスが走るのに適してない道でしたので。

行きも帰りも異常に時間がかかりました。

路線バスも通ってるので、まあ。バスでも走れないことは無いんですが、バス同士ならすれ違う事が

出来ないので路線バスとすれ違わない時間予定なんだとバスの運転手さんに聞きました。

でも、普通乗用車ともすれ違うのが至難の業的な所も多数あり。

ただ乗ってるだけでも、足に力が入って疲れました。はい。^^

でも、その苦労(たかたんは何の苦労もしてないです。^^)するだけの価値はあった所です。

ただ、難点は。。。お年より主体の行程だったので、個人で歩き回ってる日のほうが2倍以上は歩いてる。

そんな事実が、宿に帰って携帯の万歩計を見て解ったです。^^

でも、良かったです。

最初は、何処かのダムで記念写真を撮影。

もしかしたら、この企画。。。めちゃつまらないかも。。。などと内心、後悔したんだけど。

移動してトッレキングコースへ。

最初の内は、「これぐらいなら西六甲と変わらないなあぁ~~。失敗したな。」

なんて思ってましたが。突然

2011-10-21-001.jpg

こんな景色が。♪

そうです。ここも、黒部と同じく個人的に来てたなら絶対に止まるってとこが数箇所ありました。

んにゃ。ここで十分満足だからバスから降ろして下さいって、叫びたかったです。

叫びたかった所の景色に少し近い景色が現れてくれた。^^

メインは老人さんですから、歩みはノロイのです。

ゆえに、たかたんは気に入った所は発見するとですね。止まって撮影です。♪

撮影が終わったら、さっさと歩く。追いつく。企画してる方も、老人が主体だとよく考えてあります。

アップダウンもほとんどない、たかたん的には面白くない道が幸いしました。

2011-10-21-002.jpg

2011-10-21-003.jpg

コースから外れて、気に入った所に行きました。^^

なんだか北海道的な雰囲気のある風景に思ったけど、北海道って、もっと広大なんだろうな。

2011-10-21-005.jpg

適当に歩いてると、お昼の時間になったようで休憩。

2011-10-21-010.jpg

確か、清水池とか言う所でお昼となりました。

たかたん、がばがばとお弁当を食べ撮影開始です。

貴重な自由時間をダラリと休憩などしておれないのです。^^



テーマ : 写真日記
ジャンル : 日記

けや木の道、柳町、真田神社

この上田市の本命は。

2011-10-20-014.jpg

2011-10-20-015.jpg

観光パンフレットを見たとたんに行きたくなった。見たくなったのです。

でも、自分でカメラに収めると。。。。。なんか自分のセンスの無さにショックです。

確かお城の塔楼に入った入場券で、他の所も見て回れるので見に行ったのです。

なんだか全く馴染みのない展示といいますか内容だったので、そそくさとその施設をでて石垣に登り

歩いてると♪

下に下りる事ができるようになってた。下ってみると、それはあった。^^

「おお!」と思いつつどうやって撮ろうかななどと考えたのですが。

パンフレットの構図を忘れていたので、自分なりに考えたのですが、アーチトンネルの美しい構造に

邪魔になる付属物が、どうしても入る。。。。

最終的には「まあ。。こんなもんでいいか。」である。^^

ここ、いいのである。

たかたん好みの場所です。

2011-10-20-016.jpg

2011-10-20-017.jpg


大体、街の真ん中にこんな土の道があるのも貴重だなあぁ~~なんて感激しながら歩いたのを覚えてます。

ここは、市民の憩いの場となってるような。

2011-10-20-018.jpg

そんな訳で散歩してる人を入れる事にした。

2011-10-20-019.jpg

もうっちょっと、大きく人物を入れたほうが良かったかなとも思うんですが。^^

そして、そのまま柳町と言う所まで歩いた。

他に、見るところあったのかな?上田市ではこの二箇所しか回ってないです。

2011-10-20-020.jpg

来たと言う、証拠写真。^^

なぜ、柳町に心惹かれたのか?「それは、単純に旧北国街道」それだけです。

一体、何を期待してたのか。

滋賀県の長浜風。飛騨高山風を内心、期待してたのですが。。。。

完全に空振りでした。

2011-10-20-021.jpg

2011-10-20-022.jpg

特に目新しく、撮るべき物はなんですが。

何時もなら撮っても、ボツとするようなものしかないです。

2011-10-20-023.jpg

2011-10-20-024.jpg

なかば、ヤケになってる。^^

でも、この柳筋で、お昼ご飯にお蕎麦をいただきました。^^

ちょっと、高かったような記憶が。

柳筋も一通り歩いてみた。そして、そのまま駐車場に帰った。そして次は真田一族発祥の地に向かった。

たかたんのナビ。。。オカシイんです。人が道を知らないと思い、とんでもない道を何時も教える。

知ってる所なら、「お前はアホか、渋滞に巻き込まれるのが解ってってそんな道を通るか。(怒り)」

とか、「俺はこっちの道の方が好きなんだ(爆発)」なんですが、今回もちょっと不安になりそうな

道を選んだようで途中、少し不安になりましたが無事到着。♪

2011-10-20-027.jpg

2011-10-20-028.jpg

ここ。。。あまり期待しなかったら良かった。。。。^^

更には写真すら撮ってない。^^

でも、一応はその辺り一体は歩き回った。

2011-10-20-029.jpg

これも半ばヤケクソで撮った。

コスモスと山。いい組み合わせなんですけど。。。撮りかたを考えろよと見てみて自分で思った。^^







テーマ : 写真日記
ジャンル : 日記

上田城

今日は、ちょっと変わった所に撮影に行きます。

そう、もちろん紅葉が目当てなんですが。^^

この間も、兵庫県の北部に行って残念な結果となりましたので、もしかしたらかもです。^^

帰りは、多分。きっと飲んで帰るでしょうからこの深夜の内にアップします。

上田市に着たのにまだ、ちゃんと市内を見ていない。

千曲市から黒部に再び行くか、上田市内にいくかそれとも映画「サマーウォーズ」の舞台となった

塩見平に行くべきか迷う。

そう信州四日目である。明日の予定は決まってるのでこの日しか自由に動ける日は、もう無いのでした。

ホテルの方に聞いて見ると、上田城には無料駐車場があるとのことで、無料に惹かれて上田城に決定。^^

しかし、安易だなと自分でも思います。

まあ、こんなもんです。^^

そして教えていただいた駐車場に到着が。。。。。。。。満車(泣き)

なんか行事があるようでした。。。仕方がないので有料駐車場を探す。

しかし無料だと思ってたのに有料になるなんて、などと思いつつ有料はパスした。

さ迷い走ってると。大手門の反対側に再び無料駐車所を発見。♪

しかし、ここも満車。だから出口で待つ。そう待とうと止まったとたんに出て行く車を発見♪

なんなく車を置く事が出来た。^^

後から来た車が恨めしそうに多可たんを見るけど。^^♪

車を停めてさっそく歩く。

2011-10-20-001.jpg

さっそく、いい感じ。^^カップルですがもちろん男性は入れない。

どうしても添景として人物を入れるクセがついていしまったみたい。^^

2011-10-20-002.jpg

きっと、普通に撮るならこんな感じかな。^^

でもね、こんな女性が入ると、ただの風景写真が一味変わるんですよね。^^

2011-10-20-004.jpg

この駐車場からお城に行くにはこんな道を通ります。

しばし、歩くと

2011-10-20-008.jpg

かの有名な真田信繁(幸村:通称)の大きな兜があった。

真田氏も武田氏同様に神様になったようです。

この信州上田城は、実戦を二回も経験している城なので、たかたん的にはかなり興味があったのですが

今に残るお城は、戦国期の物ではなですし明石のお城と同じく塔楼が残ってるだけでした。

2011-10-20-006.jpg

2011-10-20-007.jpg

大手門を入り散歩を楽しむ人達。

一枚目、奥の赤い服。二枚目は赤い傘が引き伸ばした時に映えるななんて思ったけど

大きく伸ばすことは無いのです。

このように写真的になると思うと思わずシャッターを押してしまう。^^

ここも、いいシーンがあったんですが露出がアンダー過ぎて使い物にならないでした。^^

この日は、北側は快晴で青空、南、南東、南西にくすんだ質感のない雲で向きにより露出設定を変えながら

撮影となったのですが。空を気にしすぎたばかりに失敗しました。^^

行った日は、残ってる塔楼が開放されてたので行ってみる事にした。

一応、場内とお堀は一回りしたんだけど。。。これと言って撮るべき物はなかったのです。

ゆえに、ここに行って何か撮りたい。いや。撮らねばなる。そんな気持ちでした。

2011-10-20-009.jpg

2011-10-20-010.jpg

中に入るとこのお城の歴史やちょっとした資料があった。

ここは、関が原合戦後、徳川に没収され最後は松平家だったのに、なぜか六文銭の旗が翻ってる。。。。

そして、真田幸村をNHK大河ドラマにと活動してました。

たかたんも記念だとおもって一応、記帳しましたけど。。。なんか釈然としなんですよね。

このお城は真田家の頃の城でなく、徳川時代になってからの城で城主は松平なのになんで六文銭の旗が。。。

なんだか最後の城主の松平家が可哀想なんて。^^

まっ、真田幸村のほうが受けるもんね。^^仕方がないかです。

2011-10-20-013.jpg

これを忘れてはならないと撮った。^^

結構、待ったんですが人が途切れる事はなかったので諦めました。^^

そして、いよいよここに来た本命を求めて移動。





テーマ : 写真日記
ジャンル : 日記

黒部ダム(その4)

本日は、何の予定もないのである。^^

一日中、だらあぁ~~と過ごすのである。♪

そんな訳で、過去記事を見て少し誤字脱字を訂正したりして、気が付くとこの黒部も(その4)なのである。

これはまずいのであるなどと思いつつ、まあ。いいかです。

でも、今日で黒部は終わるのです。

次は、なんと言っても黒部湖の景色でしょう。^^

2011-10-19-015.jpg

ここも、何枚も同じシーン、同じ所を撮りました。

見る人が見れば、説明なしで黒部湖だと解る様な一枚がほしいなと思い撮った。

2011-10-19-023.jpg

自分的には、遊覧船が入ってるのが、いいと思ってる。^^

だから黒部湖の写真には全部、遊覧船が入ってます。♪

2011-10-19-038.jpg

自分的には、これが一番いいと思ってます。^^

2011-10-19-042.jpg

水辺となると、こんなシーンがないとと勝手な自分の思い込みです。

2011-10-19-043.jpg

全て自己満足の世界。^^

結果的にフリーの時間3時間、目一杯使って撮影したけど、どれもこれも同じような写真ばかりで整理するのが

疲れました。

きっとよく見ないで削除したのに、いいのがあるかもです。^^

2011-10-19-041.jpg

最後の方は、こんなシーンばかり狙ってたんですが、どうもタイミングが合わないといいますか。

う~~ん。ダメだなと違うほうを見てるとさっきの所にいいシーンが。。。。もはや手遅れなどと。^^

楽しんでましたが。

せっかく、「おっ!」となっても、他の観光客の方が前を遮る。構図の中に余分な観光客が入る

などとなかなか上手くいかなかったのですが、カメラ片手に楽しく過ごしました。^^

テーマ : 写真日記
ジャンル : 日記

黒部ダム編(その3)

今日は、きっと昨日と内容は変わらないのです。^^

だって、観望所からの眺めが良かったんです。

今まで、景色が綺麗とか勝景地とか行っても、こんなにいいと思ったことなです。

それも、天候もバツグン。♪

きっと、一生の思い出になると思う。

なのでしつこいのです。自己満足完結するまでは。^^

2011-10-19-031.jpg

ここの建物の屋上に行った。

ともかく、上に上がればいい景色が見えると言う単純な思い込みのあるたかたんですから。^^

2011-10-19-032.jpg

他の所では、せっかく上に上がったのに、よく期待を期待を裏切られますが、ここ黒部では期待を裏切られる

事は全くなかった。

2011-10-19-033.jpg

よいのじゃ。^^うん。いいのだ。心の中で反芻する。しゃべる相手がいないのが寂しい。

2011-10-19-034.jpg

そして、この上に上がった最大の目的。

2011-10-19-036.jpg

う~~ん。欲張りすぎて主体性のない一枚になったなんて反省。

しばし、待つ。

2011-10-19-037.jpg

待った割にあまり変わらない図。^^

でも、満足。

下に下りる事にした。

テーマ : 写真日記
ジャンル : 日記

黒部ダム編(その2)

きっと、多分。写真を見てる限り黒部ダム編は、3回か4回になりそうなのだ。

このままでは季節感無視になってしまう。

しかしであります。

この間、兵庫県の森林王国と呼ばれる宍粟とか大屋町に行ったのですが今年、兵庫県の北側では紅葉せずに

落葉しそうな気配が濃厚なのです。

まあ、いいかです。^^

黒部ダムの最初のレストハウスなどがある展望所からの撮影を終えて、いよいよダムを歩くのです。♪

2011-10-19-021.jpg

記念です。

2011-10-19-020.jpg

かなり浮かれて喜んでる図。^^

遊覧船には乗らないと決めていたので、ケーブルカーで展望台に上がる事にした。

2011-10-19-026.jpg

しかし上がって、すぐに撮影とは行かなかったのです。お腹。。。。空いた。(涙)

たかたんは、シャイなので展望レストランの混雑に負けて、そそくさとレストランを出たので空腹なのです。

ちょうど、この展望台に立ち食い蕎麦があったので、混雑より空腹に負けて食べたカウンターで食べた。

だって、誰もいないもん。^^その代わりにロープェイに乗る方にジロジロ見られるけど。^^

そして外に出た。

2011-10-19-025.jpg

後ろ

2011-10-19-027.jpg



2011-10-19-029.jpg

2011-10-19-030.jpg

この青い空。まさに群青と言ってもいいんじゃないと空に出たわずかな雲を入れて撮影する。

なぜか自己満足感一杯。







テーマ : 写真日記
ジャンル : 日記

黒部ダム編 (その1)

黒部ダム。

ともかく、一度は訪れたい所であった。

なぜそそのように、思ってたのかは謎なんです。

きっと、NHKの何とか言う番組かもしれない。でも、見てないです。^^

石原裕次郎の「黒部の太陽」?見たことない。^^本も読んだ事ない。

ダムなど、日本の国では特に珍しいものではないのである。

車で少し走ればダム。ダムである。ハイキングをすればダムはある。小さくてもダムです。

しかし、黒部は特別。

それはなぜか?

建設秘話からか、日本一だから?

よく、解りません。

よく解ったのは、ダムの観光地として成り立ってると言いますか経営されてるような気がした。

ここは、たかたんとしては珍しく団体行動となりました。

ホテルの企画でホテルからバスが出てるのに乗った。

なあ~~んも考えないでいいから楽チンですが、自分が「あっ」と思った所では止まれない。。。。

それが、困るんですね。^^

途中、ほんとに止まってほしい所が二箇所あった。

すごく、綺麗な所と黄葉が綺麗だった。

この時は、やっぱり一人がいいなと思った。

珍しいトローリーバスに乗り、長いトンネルを走りそこに着いた。

ヒンヤリしてた。

暗い地下の世界のようだった。

トンネルをゾロゾロ他の人達と団体様と歩く。

向こうに日の光が見え、そこに出た。

しばし、見入ってしまった。

2011-10-19-003.jpg

真っ青な空、光量たる岩肌のはずが、なんとも美しい。

ほんと一体、何枚も何枚も同じような写真を撮った。

この日は、晴天に恵まれてた。

添乗してきたホテルの人も、こんなにいい天気は珍しいとか言ったような記憶が。。。

ともかく、ラッキーだった。

この旅全般に天候には恵まれたのです。雨男のたかたんには珍しく。^^ はい。

2011-10-19-001.jpg

この像の前が集合場所となった。

ここから、3時間フリーである。

この写真を撮って。ちょっと、懲りすぎた撮りかたしたなと、観光記念的な撮りかたも。^^

まあ、この像だけも何枚撮ったか。^^

2011-10-19-052.jpg

ふつ~~うに撮ったもの。^^

たかたん、さっそくこのダムの見渡せる展望台に♪

2011-10-19-005.jpg

黒部ダムの勇姿である。^^

2011-10-19-008.jpg

2011-10-19-009.jpg

色々と撮ってみる。♪

2011-10-19-010.jpg

背景の山、空、そして黒部湖。

2011-10-19-018.jpg

観光放水は、つい最近で終わったと説明がありました。ちょっと、かなり残念。

結局、黒部ダム編も一回では終わらない。^^

アップしたい写真が、まだ沢山あります。^^







テーマ : 写真日記
ジャンル : 日記

霧ヶ峰

ようやく無理やりビーナスライン辺りが今日で終わるのである。^^

明日からは、黒部編に行くのだ!

しかし、アップしないと終わらない。

がんばるだ。^^

その前にです。

2011-10-18-059.jpg

2011-10-18-060.jpg

展望台での残りの写真です。

人間、一つの所に目が行くとどうしても、他の所に目が届かなくなりますね。

さて、次に行こうかと車に乗り込もうとすると目の前にこんな景色があった。

「あっ!ススキ。」日も落ち始めてススキが綺麗に光ってる。

これは、撮らねばと。

写真の木の横が平らになってるのは道路です。

ここにバイクでも走ってきてくれたら絵になるなと思ってたら、来たのです。

しかし、チャンスは一瞬。。。。逃しました。

しばし、待つ。でも、もうチャンスなかった。

そんなエピソードがあった二枚です。^^

諦めて、車に乗り込み走る。

目的地は白樺湖なのです。うん。

しかし、「ん?」ここは何処なのって所に来てしまったのですねえ~~。

そうです。道の駅があった看板には「霧ヶ峰」と書いてある。

たかたん、「おお!あのエアコンで有名な霧ヶ峰!!」ここで止まらなかったら後悔するなどと

ここでも、寄り道。^^

しかし。。。。事前の下調べがないぶっつけ本番のいい加減な旅である。^^

車を降りる、あそこに行きたいと歩く。しかし、どうも行けそうな感じがしない。で、引き返し。

しばし、地形と向こうに見える遊歩道のような所に向かう。

2011-10-18-061.jpg

多分、八ヶ岳だと思います。暫く見とれる。

んにゃ、この道に来たのはですね。犬を散歩してる人を発見、絵になると思ったから。

むふふふ。ロスタイムがチャンスを逃してしまった。^^

まっいいかで、丘陵地帯の遊歩道みたいな所を歩く。「ふ~~ん。ここでパラグライダーとかしてるんだ」

等と、妙に感心しながら。

2011-10-18-064.jpg

向こうにリフトが見えることからして、ここは冬はスキー場のようです。

日もかなり傾いてきた。多少、焦り気味なのですがこの場を離れることが出来ない。

2011-10-18-065.jpg

向こうに見える北アルプスの山々が神々しい。(もしかして、北アルプスではないかもですが、勝手に思い込んでます。^^)

雲が同じ高さにあるのも、なんとも言えない。

携帯灰皿をだして、しばし見とれながら一服。^^しあわせ。^^

2011-10-18-070.jpg

なんか、丁度いい時間に来たな。満足感一杯。^^

2011-10-18-074.jpg

これも、意味不明だけど撮っとこうなんて。

そして、車に帰ると「宿に帰ろう!」そう決めた。

ナビを宿にセット。

2011-10-18-075.jpg

2011-10-18-076.jpg

来る時に通り過ぎた所で車を停めた。ここも時間的に、この方が良かったみたい。

鉄塔。

途中から来た道と違う道に入って宿に帰ると、もうすっかり暗くなってた。

夕食は、ビュフェスタイルなので混雑する時間帯を避け最後の組なので皆さんが夕食に殺到してる

時間を見計らい温泉に入り食事をして寝ました。^^

テーマ : 写真日記
ジャンル : 日記

再びビーナスラインへ

4日と5日は、出かけてました。

3日は、お昼前から昔の兵庫近代美術館へ兵庫県写真作家さんの写真展へ→その後飲みに行き。

そして酔っ払いの人になりました。^^(あんまり強くないので少量で気分が悪くなりました。^^)

ほんと、電車に乗って帰るのが心配になるほどでした。

土曜日は雨の中を第五回交流会で朝早くから新神戸は布引ハーブ園に、雨だし半ば諦めモードでしたが途中から

雨ならではものをと頑張りましたが、果たしてどうなってるでしょうか。^^

まだ、何も見てません。

さてと、話は信州に戻りまして美ヶ原美術館から見えたトレッキングコースを探して車を出す。

そこはすぐに解った。♪

車を降りて回りを見てるとですね。

う~~む。ある裕福そうな御夫婦が、トレッキングを終えて帰ってきました。

まあ、車はBMの四駆だし、どう見ても裕福でしょう。

問題は服装です。お

互い、まじまじ見てしまった。ほんと全く同じ上から下までモンベル(アウトドアメーカ)で身を固めてる。

履いてるトレッキングパンツは全く同じ。。。。

そんな人は、普通は珍しいんですよね。

モンベル愛好暦20年以上のたかたんは、驚きました。

なんだか、それだけで戦意喪失で、そこを立ち去りました。^^

こんな時に、一人ってのは弱気になるんですね。うん。しかし、なぜそうなったかは謎ですが。^^

まあ、時間も押してたのでと、言い訳を一人で頭の中で反芻しましたけど。

実際、時間はかなりなくなってきてた。そこで再びビーナスラインを快調に走る。

凄く綺麗でした。幸せ感じるたかたん。

途中、何回か「アッ」と思ったけど、通り過ぎてしまった。

しかし

2011-10-18-046.jpg

やったのだ。^^

2011-10-18-047.jpg

更には、とんがりお山。♪

意味は、無いけど撮ってしまいたくなりました。

他にもありましたけど、通りすぎてしましました。

目に付いた所に止まるべきか、快調な走りを楽しむべきか悩む所です。

途中に展望休憩所があった。もちろん止まる。

2011-10-18-049.jpg

2011-10-18-050.jpg

車を停めて、何処からとろうかなあぁ~~としてると、ガスがかかってきた。

これもチャンス♪^^なんて、駐車場の端の小高い所に登って撮った。

それから、そのあたりを一望できるであろう展望所に登ってみた。

2011-10-18-056.jpg

2011-10-18-055.jpg

2011-10-18-048.jpg

きっと、地元の人たちには、なんの変化もない見慣れた風景かも。

しかし、男ロマンの一人旅には何とも言えない風景です。^^

今、見て思うの同じ風景でも作家協会の人達と比べたら、えらい違いです。

自分で見直してみても、ただ漠然とそこの景色に撮らせてるって感じです。

これでも、撮った枚数の三分の二以上はボツとしてるんですが。^^

目に見えた美しさと感動をカメラでっ捕らえるって、本当に難しいな。

カメラで表現するには、自らの意思と主体性がないと漠然となってしまうななどと今、思ってます。

まっ、たかたんはアマチュアだから。^^






テーマ : 写真日記
ジャンル : 日記

美ヶ原(その4)

まだ美ヶ原美術館の半分しか歩いてない。

ここまでも、かなり「おっ!」ってな感じで撮ったけど、かなりの写真がボツとなりました。

しかし、しかしである。

たかたん来る時に最初に目に付いたのがるのです。

それに向かって歩く。

2011-10-18-019_20111103155839.jpg

休憩する人達。^^

そして、とうとう来たのだ。

2011-10-18-035_20111103155838.jpg

ここ、自分的にはイメージ満々だったんだけどね。。。。

うん。たかたん。奥の彫刻が気に入って沢山撮ったんです。はい。

イメージはあった。

でも、全部ボツ。^^

んな訳で、そろそろ帰ろうかと思いつつ適当に歩いてたら帰れるだろうと思ったのが間違い。

かなり検討ハズレな所に行ってしまった。

2011-10-18-036.jpg

でも、全く気にしないのである。

園内は、上手い事に外とは何らかの形で遮断されてた。

外には、何やらいい感じのトレッキングコースが有るのを確認したので、そこに行こうと努力しましたが

無駄で有ったようです。

あのトレッキングコースに行きたい。そんな思いでこの美術館の出入り口にたどり着いたのですが。

そこで、お腹の虫がなるので、そこの食堂でお蕎麦を頂きました。^^

考えたら信州に言ってる間のお昼は、全てお蕎麦でした、しかも全部が手打ちでしのが大感動。♪

ここらでは、当たり前のことなんでしょうが、それでも嬉しいたかたんでした。

ただ。。。お出汁が、真っ黒黒スケでしたけど、生粋の神戸人(今は明石の人)であるたかたんは、

驚きましたけど。^^

美術館を出る前辺りから、北側斜面を這うようにガスが出てきた。

うん、これは撮っとこうと移動の最初は。

2011-10-18-041.jpg

2011-10-18-043.jpg

あわよくば、浅間山もなんて。

でも、俺って雲より高い所にいるんだ!

たかたんの住んでる所には、こんなに高い山はないので感動。

ともかく、あのトレッキングコースに向けて移動。


テーマ : 写真日記
ジャンル : 日記

美ヶ原(その3)

う~むである。

この状況では、美ヶ原が何時まで続くのか不明になってきた。^^

でも、明日には終わらせようっと♪

などと思ってるのですが無理かもしれない。

昨日、教室があり注意事項で公募展やフォトコンに出品する作品はブログにアップしても不可との通達に

「あちゃ。。。。」と、がっくりしたのです。

出したい写真があるんだけどな。。。。シクシクです。

まあ、自分がいくらいいと思ってもプロの先生が見ると、きっと評価の対象にもならないの請け合いですが。^^

カメラを持ち出した最初は、絵葉書みたな写真を撮りたいが願いだったんだから、まあ。いいかなでありますね。

それに風景やネイチャーなど公募展などに見に行けば解るけど、ホントにかなわないもんなあぁ~~。。。。

あれは、無理だと思う。うん。

やっぱり、自分の自己満足の世界で納得しようなどと最近は複雑な心境なのです。

でも、一応は未発表しておこうと思ってます。

考えてみたら、カメラや写真の詳しい事も正確な事も何も知らないし独学だもんな。

ホント今は適正な絞りとシャッタースピード露出の関係に超、悩んでるもんな。。。

などとグチを書いてから、美ヶ原の続きです。

2011-10-18-026.jpg

2011-10-18-027.jpg

鏡像と実像の世界なんて。^^

ここ、狙い目ですよね。むふ。

2011-10-18-028.jpg

ありきたりだけど。

2011-10-18-029.jpg

エイリアン来るなんて。^^

2011-10-18-030.jpg

2011-10-18-032.jpg

光物大好きなたかたんです。

2011-10-18-031.jpg

意味不明でもシツコイのである。^^

しかし、考えたら一人でよう遊ぶ中年男である。^^

こんな時は、時間を忘れるんですよね。

テーマ : 写真日記
ジャンル : 日記

プロフィール

たかたん

Author:たかたん
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
Basic Calendar
<10 | 2011/11 | 12>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
ブログランキング
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。